泥を、塗らないように。

支えられている。
常に、支えられている。
お客さんに、お店に、そして人に。
それが結果としてたくさんの人の気持ちが関わった一夜になる。


そんな事をね、確かめさせて貰った三日間だった。
自分にとっては、決死の覚悟で挑んだ三日間だった。
予想通りの部分もあったし、それを超えた部分もあった。
その場で思いつく限りのお客さんが喜ぶ事を、
必死に演り切った三日間だった。
まず、演ると言った約束を守った上でなければ、
ただの無茶振りだよ、こんなの。
それを長い時間積み重ねて来たトリオだからね、
平気な顔をして、演れたんだよ。
その約束すら守れない奴の無茶振りとかね、
もう付き合って居る暇はないんだ。
まず、自分がちゃんと演る、
そこを蔑ろにして俺に向けてフラれた事柄なんか、
見て居るお客さんが楽しいわけがない。面白いわけがない。
気付いて欲しい、いい加減に。
まあどうでもいっか、あはははは。


今年は様々な事情が重なってトリオのツアーはショートツアーのみ。
一週間以上の長いのはなかなか組めない状況になってるの。


ライヴを見てくれる、
それがどれだけのエネルギーを使った行為か?
そこまで足を運んでくれる、
それがどんなに尊い出来事なのか?
身を以て感じて居ることなの。
だから、そこに居る人をがっかりさせたくない。
もっと言えば、来た時よりも元気になって帰って欲しい。
どんな会場のどんなライヴでも、心に刻んで居る事。
小さな傲りやとてつもない勘違いは、
いずれバレるんだよ、必ずバレる。
自分の立場をね、少しでも上に設定した時点で、
そこがズレていくんだと思う。
これは戒めのために書いて居ることでもある。
多分、自分も勘違いしてたんだと思う、そこかしこで。
良かれと思ってやって居ることが、
傷つける結果になって居たことが、
山ほどあったんだろうね。
だからこそ、やっぱり、
ブレらんないんだよね、
それが本当の事だった証のために。


この三日間の会場、
沼津の仁くん、
京都の堤くん、
辻堂のサトちゃん。
この人達の顔に泥を塗るようなことはしたくなかった。
ライヴを引き受けてくれたこの人達の顔に、
泥を塗るような結果はどうしても避けたかった。
それはもう少し先を見たら、
バンドのメンバーの顔に泥を塗ることにもなりかねない、
そんな気概を持って臨んだ、
本当に決死の三日間だったんだよ。


師匠の評判は決していいものばかりじゃなかった。
でもね、あの人の背中を見て居て感じたのは、
「結局さ、あの人は歌で自分のケツ、拭けるからね」
っていう言葉を聞いた瞬間、
あぁ、責任ってもう歌にしかないんだなって、こと。
もちろんそれまでの小さな礼儀、仁義。 紹介してくれた人に対する仁義は僕に対してすら怠らなかった。
そう言う事。そう言う小さな礼儀が、積み重なって行く。


まぁ何と言ってもその場にきてくれたことには感謝しかないし、
その日が大人数だろうが二、三人だろうが、
来てくれてる人には関係ないことだからさ、
先輩には「お前は全部見せ過ぎる」って怒られるけど、
全部の会場写真をブログにアップする。
その日の集客が数人でも数百人でも、
来てくれて居るその人の気持ちは一点の曇りもないんだから。
集客が多かった時ばっかりネットの上げるようなことはしたくない。
思うんだけどさ、失礼だよ、その会場に来てくれたその人の気持ちに。
って思うんだよね、そこは譲れないんだよね。
だからこれからも全部見せる。よろしくね。お願いします。

 

沼津でかつや。

一緒に食べると言う事。
すごく大事な事。
何を、じゃない。
誰と、だよ。
沼津の仁くんの店には色んなメモリアルなものが。
塩次さんのピックとか、妹尾さんのハープとか。
これは富士にあったお店時代の房さんの写真。
背中はこれ、師匠伝兵衛じゃぁないですか。
この日、イレギュラーな思いつきでバースペースで歌わせて頂いた。
目の前、生音、誤魔化しの一切ない、ライヴ。
喜んでくれたお客さん達が素晴らしかった。
ありがとう沼津、また寄らせてください。
京都JIJI。
見えにくいけど、満席だった。
掛け値無しに嬉しい。
ありがとう京都。
今度はソロで年内に一本、ね?
三連休の最終日、道が混まないわけがない(笑)
予想以上の時間をかけて帰って来た神奈川。
ろくな食事を摂っていなかったのでただいまラーメンを。
みんな顔がちょっと疲れてるね。
普段は歌い終えるまで飲まないんです。
でもこの三日間、嬉しくって呑んだシーンだらけ。
美穂ちゃんが捉えたテキーラの一瞬。
あーあ、飲んじゃったよ(笑)
この夜のお客さんには心から感謝したいです。
色んなことがあっての地元のライヴ。
「底力、ですね?」
なんて言ってくれたけど、違うよ。
みんなの愛だよ。ありがとう。
次は春先の辻庵かな?
またよろしくお願いします。
10周年の物販、来ました。
あの安斎肇さんが書いてくれたイラスト。
タオルになりました。
これはマグカップ。
どうしてもフルカラーで見て欲しかったので作って見た。
安斎さんには当分頭が上がらないっす。
反対側にはクマガイが秋田で見つけて来た道路の模様をアレンジした、
R3のマークも入れて見ました。
この先、まだまだ行くんだよ?的な矢印が挑戦的。
明日から物販に並ぶのでよろしくお願いしますね。
そう、明日は茅ヶ崎ジャンボリー。
呼んでくれたステージコーチの片山くん、ありがとう、嬉しいよ。
この恩は全部音楽で返します。
みんなにも見てもらえたら嬉しいな。
今日も読んでくれてありがとう。
日々、精一杯に。

AcousticCamp

あの最後の大盛り上がり、
実は照明の加減で僕は良く見えていなかった。
でも聞こえてくる大合唱が何一つ漏らさずに教えてくれる。
あぁやっぱり演って良かったなぁ、演れてよかったなぁって。
そしてあんなドロドロの山中で誰ひとり怪我もなく事故もなく、
無事に終われたことにともかくホッとしている。
報告。AcousticCamp2018、無事に終えることが出来ました。
どの方面を向いても、ありがとうを言いたくて。
そこに居てくれた人は勿論、居られなかった人にも、
ありがとうを、言いたい。心から。


チームワーク。
それに尽きる、今年のAcousticCamp。
書きたい事は山程あるんだ、今年は。
感謝しなければいけないことが、沢山ある。
本当に書き出したら収まらないくらいなの。
でも、答えはお客さんたちの笑顔。
それが一番。
ありがとうございました。
最後まで聴いてくれた皆さん、ありがとう。


だいたいさ、あんなアクセスの悪い会場に、
来てくれた事だけでも感謝しなければいけないでしょ。
その気持ちに応えるだけの演奏をしなくちゃいけない。
あの会場に100人集めるのは、
街中の普通の箱に10,000人集めるくらいの価値があると思ってる。
毎年楽しみに来てくれる人もいれば、
初めて参加してくれる人もいる。
伝えたい事はあるけれど、お仕着せがましいのも違うし。
できれば理解して、賛同してくれたら嬉しいんだけど。
一年に一回しか、試せないからモドカシイんだよね。
来年があるかなんて、誰にも分からないし。
僕もその日限りだと思って歌ってるし。
そういう事なんだよね、きっと。
明日やり直せるなんて、思わないから。


人の力。
それを見せつけられた。
人の力。
それに救われた。
人の力。
それがあの夜を作った。


いつも最後の最後のステージ周りの撤収を手伝ってくれるのは、
お客さんたちなんだよ。
頼んでも居ないのに自然にステージに寄ってくれて、
最後の確認を一緒にしてくれるのは、
実はお客さんたち。
ありがとうね。
何にも渡せないけど、
ぶん殴るような歌で、来年返すね。


やっぱり、人を信じるって、
信じて居られるって、素敵だね。
ありがとう、全てに、ありがとう。

 

 

 

朝、西へ向かう道中。

 

ハワイかよっ、みたいな虹。
っていう事はですよ、この先は雨。
現場はやっぱり雨だった。

 

 

 

年々荷物は増えていく。
今年は危うくギターが積めないかもしれなかった。
もはや何をしに行くのか?分からなくなって来そうな、
そんな積み込みの風景。

 

 

 

開演時間には雨も上がり、
このままイケるかな、と。
しかし山の天気は気まぐれです。
雲が通り過ぎるだけで、降ってくるのです。

 

 

 

こんな顔合わせでグダグダ喋っている感じがね、
僕は見て居て一番嬉しい。

 

 

 

ドリンクバーを引き受けてくれたのは、
鴨宮サマサマテッドのミキティ。
一方出番を終えて飲もうとしているミサチ。

 

 

 

雨のおかげで照明のレイアウトもだいぶ変わってしまい、
本当はこの時間、森を照らしたかったのね。
煽って下から、森を照らしたかった。

 

 

 

翌朝、奇跡的に起きて来て朝ごはんの鯵をかじるBITOちゃん。
ほぼ半数が起きて来られなかった朝ごはん。
これも歴史に残る酷さだった(笑)

 

 

 

全て撤収した後の会場。
夢の跡。
また来年ね、演れるといいね。
頑張ってみるね。

 

 

久しぶりにカッパだらけの集合写真。
本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。

 

 

 

さ、今週は沼津→京都→辻堂。
年内、数少ないR3でのツアーです。
お見逃しなく。
今日も読んでくれてありがとう。
もうすぐ11月のソロツアー、発表出来るかな?

チーム感、そして大船の二本。

全ての作業を止めて、やっとブログに向かっている。


正直、今年はAcousticCampを諦めようかと。
そんな風にまで思う事が起きていた。
正直、もう誰も信じられないなと。
そんな風にまで思う事が、起きていたんだ。


それを救ってくれたのは鴨宮の人達だった。
サシで、直に、僕の言葉を確かめてくれて、
分かった、じゃぁ一緒に演りましょう、と、
ケツを叩いてくれた人が居たんだよね。
ここ数日繰り返されているミーティングでわかったのは、
全員がかなり近いポイントを見据えているという事。


Y先輩が紹介して居た同調圧力についての記事は興味深かった。
狭い範囲で生活していく上で、
みんなどこかに同調していかなければ生きられない、
そんな下らない空気を去年の暮れからずっと感じて居た。
下らない。
自分で、決められない?
でも、そんなしがらみに囲まれて生きてるんだよね、みんな、きっと。
幸いにも僕はどこにも属さない生き方を選んだ。
だから本当のことを言っても怖くない。
そのためにこの生き方を選んだ。
聞こえようによっては悪口を言ってる様に聞こえるのか、
それは自分が本当のことを伝える相手を誤っただけなのか。
まぁいずれはっきりする事だから、どっちでも良いや。

人の数だけ真実があって、嘘つきはずっと嘘つきのまま。


まあミーティングとは言っても、ほとんどが雑談なんだけどさ、
その話題についての反応がね、すごく似て居たんだよね。
ここ数年見てきたその人となりと、全くブレて居ない、
忌憚のない痛烈な意見の、向かっている先が似て居たの。
結局はAcousticCampというイベントで、
何がしたいのか?ってベクトルがすごく近い人たちが、
今年はギュッと集まってくれたって事。
こんな事、初めてなんだよ、22年やってきて。
いろんな辛かったり悲しかったりする事が起きるけれど、
その先にはちゃんと会うべき人が待っててくれるんだなぁ、って。
今年のAcousticCamp、すごい空気を演出出来ます。
間違いない。


本日いっぱい御予約受け付けて居ます
確かめたい方は、是非。


大船での二本のライブ、書いてないね、ごめん。
ハニービーでの企画は思わぬ先輩との再会から、
実はいろんなところでの繋がりが発覚していく本番中、
それはそれは面白い空気で進んだ夜でした。
ずいぶん長い事続けて呼んで頂いているハニービーですが、
この日は全員初めましてという珍しい夜でしたが、
良い感じに知り合うきっかけを頂いたなぁって感じの、
ほんと素敵な夜だった。
関わってくれた皆さんには心からの感謝を。


その翌日は大船ウッドストック。
元パラダイスのオーナー、はちさんの企画。
こういう場所に呼んでもらえるのは本当に嬉しいの。
結構アンダーグラウンド寄りの雰囲気の中、
混ぜてもらえるのはホントに嬉しい。
調子に乗ってAZUMIさんのステージにギターで乱入した。
どうしてもあのグルーヴを、隣で感じたくて。


AcousticCampもね、そんな風にセッションが発生したら良いなって、
ずっと思ってるんだよね、ずっと。
幾つかそんな組み合わせも生まれているし、
でもそこに至るまでの何年もの積み重ねがあるし、
一朝一夕には成り立たないけれど。
ムズムズして、堪らなくて、弾いちゃった、みたいなね。
そういうの、どんどん有って欲しい。


もうすぐ朝だけど、後ちょっと作業して寝ます。
まだまだ眠れぬ夜は続くから、少しずつね、片付けます。

 

 

ハニービーの演者集合写真ですが、

イットさんの先輩はいるわ、僕の先輩の先輩はいるわ、

なんか素敵な知り合い方が出来て嬉しい夜だった。

みなさま、これからもよろしくです。

 

 

大船ウッドストックの会場はなんと材木屋さん。

あ、まさにこれはウッドストックか、と(笑)

こんな出鱈目な企画はハチさん以外には組めないよね。

これは来年も呼んでいただけたら出たい。

瞬発力と日頃のスピードを試される様な夜。

素敵なイベントでした。ハチさん、ありがとう。

 

 

その夜の打ち上げで向かったのはお馴染みの和・豊田。

ここでこんな風にTonaride大会演ったのは始めてなのかも。

僕にとってはいつものことなんだけれど、

これを特別な出来事として受け止めてくれたみんなの気持ち、

本当に嬉しかったです。

もうこういうの、滅多やたらには演らないつもりだったので、

そんな気持ちが心から嬉しかった。

良い夜だった。

 

 

今週末は山の中。

AcousticCamp2018ですね。

たくさんのご予約、ありがとうございます。

精一杯の誠意でお迎えします。

だから精一杯、楽しもうね?

今日も読んでくれてありがとう。

本番までジタバタして過ごします。


そして関西の三連発R3。

十何年前に、ギター一本車に積んで出かけていった大阪。

お客さんも何も、一人もいない街で歌い始め、
通って通って、また通って。
昔からの友達にも支えてもらいながら続けて来た関西圏のライブ、
この10th Anniversary Tourで一つ結果が出た気がしています。
もはやSNSでシェアする程度じゃ集客活動とは呼べないご時世になって来て、
一人一人に直接連絡を取って、やっとその先に少し結果が見えてくる、
地味で大切なパイプを大事に大事にやって来たわけですが。

 

 

純粋に音楽を楽しみにしてくれるお客さんを増やして行くのは、
どこの街でも本当に難しいことで、
特に僕の様にメディアに露出されていない人間が、
それを実現して行くのは前途多難以外の何物でも無い。
一年や二年で答えが出るわけでも無いし、
もしかしたら結局は受け入れられずに終わる街だってあるかも知れない。
その間、付き合ってくれるお店やオーガナイズしてくれる方や、
いろんな人の力を借りながらでないと続かないことなんだけど、
それに報いる、返せる恩があるとしたら、
会場に笑顔を満たせる様なライブを演るしか無いんだよね。
続けて来て良かったなぁってみんなで思える様な夜を、
作るしか返せるものはない。

 

 

大阪昭和町SpeakLow、
大阪寺田町ROBIN、
兵庫洲本Georges、
三軒とも客席を埋めてくれた皆さんには感謝のしようもないです。
本当にありがとう。
待っていてくれて、ありがとう。
それぞれに渾身の演奏が出来たと思っています。
今、本当に龍麿3が面白い。
毎回の様に起きるトラブルまでもが愛おしい。
そんなもの、平気で乗り越えられるだけのことを演って来たんだもの。
演奏中の気持ちの行き来は別の次元に入ってる気がするし、
何をやっても僕らの音になって行く自信がある。
まだまだツアーは続いて行くけれど、
今回の三本のライブは心に残ることになるだろう。
関わっていただいたすべての方に感謝。
ありがとうね、また会おうね。

 

 

 

この旅の途中で龍麿号の総走行距離が350,000kmを超えた。

感傷に耽るつもりはないけれど、

それでも三人で走って来た年数を考えると、ジンっときます。

 

 

某S.Aにある中古CDコーナーが旅の一つの楽しみでもあった。

この週末に閉店するというお店でイットさんと二人で購入。

二枚は当たり、一枚は、うーん残念。

 

 

 

金曜日に乗り打ちしたSpeakLow。

このお店の周年も何度か演らせて頂いたけど、
まさかリピーターが増えて行くとは思いもしなかった。
二部の会場はそんな人たちが席を埋めてくれました。
ありがとうございました。

 

 

大阪の常宿、T邸。

来る度におかしなものが増えている部屋に、
今回は虎の置物と模造刀が。
そしてヘベレケに酔っ払ったイットさん。

 

 

翌日の昼食、この路地の出口辺りにある「龍香」にて。

銭湯もあって、モーニングの茶店もあって、お昼も食べられるこの通り、

どこにも出かけなくて良いじゃないか、なんて思ったりして。

深いです、大阪。

 

 

 

寺田町ROBINも満席。

それこそ歌い始めた頃のお客さんまで集まってくれた夜。

総集編みたいな客席の顔ぶれが本当に嬉しかった。

ありがとうね。またすぐ帰ってきますから。

 

 

 

洲本ジョルジュ、ここも満席だった。

ソロで通った甲斐があった。

そのみんながバンドを聞きに来てくれたんだよ。

 

 

 

暗くて分かりにくいけど、

奥のテーブル席までパンパンなんです。

嬉しかったなぁ、嬉しかった。

控え室が別に用意されていたのでゆっくり話せなかったけど、

みんな喜んでくれていたって後から連絡が来た。

ありがとうございました。

まだまだ頑張りますね。うん、頑張れる。

 

 

 

サプライズで用意してくれたAnniversaryのケーキ。

びっくりした上に美味しかったぁ。

ありがとうね。

 

 

今日はまた大船です、大船ウッドストック。

元パラダイスのハチさんの企画。
滅多に一緒にならない濃厚な面子が集まります。
また楽しみな一日、予定が決まっていない方は是非大船へ。
今日も読んでくれてありがとう。
この二日間の週末の話も書かないとね。
ね?

あまり語らない想いとか、新しいトリオの事とか

全くじっとしている暇がない。

毎日が24時間もないんじゃないかと思うくらいの早さで、

ブンブンと過ぎていくのはこの時期毎年のことだけど、

それにしても今年は事前準備が山積みなわけで。

 

AcousticCamp2018、

早速のご予約頂いた方々には心からのお礼を。

今年は「もう10分」にこだわった。

1組の演奏時間を「もう10分」

以前の様に10組で組めば、100分プラスになる。

100分=1時間40分
これは現実的に無理、終演時間が22:00を過ぎてしまう。
なので出演組数を厳選して8組に減らし、
「もう10分」を実現した。
そのアーティストの良さを、より伝えるための「もう10分」
これを平等に得るための今年の出演陣。
素晴らしい夜になるはずです。
かつてない、音楽が森の中に響く。
是非とも感じに来て欲しいと思います。
ご予約は9/4まで受け付けています。
お急ぎくださいね?

 

 

 

さて、随分と時間が経ってしまいましたが、

大船の和・豊田で新しいトリオが発進しました。

名前は、まだ無い(笑)

石井康二(B)、佐藤桃子(Vl)とのトリオ。

これがまた面白かった。一本で三歩くらいの進化。

絶対に転がしていきたいトリオになりました。

三人がそれぞれに散らばって行くシーンもあり、

グッと寄り添ってまとまるシーンもあり、

何より自分の曲で石井ちゃんとのグルーヴが合って来たのが嬉しい。

チャンスを見つけてまた演ります。

忙しいメンバーなので確約は出来ませんが、

演りたい。もっと演りたいトリオ。

またよろしくお願いしますね。

 

 

 

AcousticCampフライヤー。

先日、過去のAcousticCampに出演してくれた方々にお会いする機会があり、

みんな応援してくれていたのが本当に嬉しかった。

出来ることなら全員にお願いしたいのですが、

これを毎年選ばなきゃいけないのは苦悩に近い作業。

いつか、みんな呼んで馬鹿騒ぎ、したいなぁ。

 

 

 

和・豊田の100回記念ライブ。

初回に一緒だったバイオリンのモモと、

ずっと伝兵衛と一緒だった石井ちゃんと。

まずはお祝いなので乾杯から。

 

 

この辺の撮影は後輩のたぢまが撮ってくれた。

以前は廃墟の写真しか撮らなかった彼も、

人間が好きなんだなぁっていう写真を残してくれる様になった。

まだまだ進化するんだよ、タヂマはきっと(笑)

 

 

基本的にクラシックの人はキチンとした譜面で演奏するのが普通。

一生懸命に玉譜を書いたけど、それ以外は「弾いて良し!」とか。

その「弾いて良し!」の部分をモモは相当に頑張った。

それがまたみんなにちゃんと伝わってた。

音楽って、嘘つけない。凄い。

 

 

石井ちゃんのピッチと細かさ、音符の早さ。

一緒にやってて本当に面白い。

こんな風に一緒に演るなんて、20年前の自分には考えられなかったけど、

今、こうしていることがとても自然な感じもするから不思議。

 

 

このみんなの顔が、それだけが本当だと、

どこの会場でも思いながらシャッター切っています。

パパ、ママ、育ててくれてありがとう。

そして皆さん、このトリオを目撃してくれて本当にありがとう。

 

 

 

今夜も大船ハニービーで歌っています。

ソロなのでR1ですね(笑)

明日は大船ウッドストック、パラダイスのハチさん企画。
この週末も楽しんでいきたいと思います。
良かったら、あなたも一緒にね。
今日も読んでくれてありがとう。
大阪のこともこの週末のことも、
頑張ってすぐに書きますね。

 

 

 


| 1/198PAGES | >>

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


09/15 静岡県沼津市 龍麿3
09/16 京都市中京区 龍麿3
09/17 神奈川県辻堂 龍麿3
09/23 神奈川茅ヶ崎 龍麿3
10/04 神奈川県大船 龍麿1
10/13 神奈川県横浜 龍麿4
10/19 大阪市美章園 龍麿1
10/20 大阪市我孫子 龍麿1
10/20 大阪市松原市 龍麿1
11/06 神奈川県大船 龍麿1
11/10 神奈川湘南台 龍麿1
11/11 神奈川県大船 龍麿5
11/17 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/18 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/19 宮崎県宮崎市 龍麿1
11/21 宮崎県日向市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 佐賀県有田市 龍麿1
11/25 福岡県福岡市 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM