ダーティーハリーは侮れぬ

窓口でチケットを買う際に、
「15時17分、パリ行きを、、、」
「はい。9時40分の回の15時17分パリ行きですね?」
「あ、9寺40分の、、、」
「はい、15時17分パリ行きの9時40分の回でよろしいですね?」
みたいな無駄に混沌としたやり取りもあったりして。


またしてもクリント・イーストウッドにやられた。
このところ劇場で映画を観るというと、
かなりの確率でイーストウッド監督作品は外さずに観ている。
なにしろ音が心地よい。
劇中に使われるピアノの音もアコギの音も本当に優しい。
色んな技術に頼らずHi-Fiに聞かせる事も無く、
定位の中での奥行きみたいなものが全て。
言ったらステレオでレコードを聞いている感覚に凄く近い。
人間、気にならないくらい自然に聴こえて来る音に対しては、
その気持ち良さについても自然過ぎて気が付かない場合がある。
無駄に神経を刺激すること無く、静かに穏やかに身体に入って来る音。
小さな会場で叩くポンタさんやユカリさんのドラムの音量が良い例。
実はとても繊細なスティックコントロールに支えられた音だけど、
その凄さはあまりに自然で多くの人が気付くこと無く楽しんでしまう。


なんの前情報もなく観に行ったので、
あとから気になった部分を調べてみると、
主役の三人は実にその事件の当事者らしく、
役者でも何でも無い何処にでも居る普通の若者。
そんな普通の若者、子供時代から仲の良かった三人を
淡々と描いている作品なんだけど、
ある意味、ある部分から先はこちらの想像力任せというか、
めちゃくちゃアンダープロデュースというか。
グラントリノの淡々とした雰囲気を思い出すような、
過剰な演出の一切無い映画だった。


知らないうちに理由の分からない涙がこぼれたり、
あ、なんで泣いてんだろ?どこで泣いちゃったんだろ?
みたいな。


封切られたばかりの作品なので、
なるべくネタバレのないように書こうとしたので、
これじゃぁまったく訳が分からないよね?すみません。
とかく華やかなキャスティングや特殊効果に持って行かれがちな、
そんな公開作品(最近、素晴らしいのに日本公開のない作品が多い)
の中で異質な雰囲気なのかもしれないけれど、お勧めです。これ。


本当は最近ネット上で見つけた日本未公開の作品について、
長いレビューを書いていたんだけれど、
どちらかというとこの作品の方がリアルに共有出来そうな。
そう思って勢い書いてみました。


R3の10th Anniversary Tour、
四月は愛知、静岡へ。
五月は九州へ。
六月は北海道へお邪魔する予定です。
こちらも早く発表したいです。
もう少し待っててね。


今日は映画の日にちなんだ話題で。
読んでくれてありがとう。
また書くね!


庭へ

そして、映画へ。



僕の感想、ここ最近見た中では秀作No.1です、この映画。
雇い主と雇われる側。
男と女。
離れて暮らす親と子供。
普段使っているTwitterやSNSの便利さと怖さ。
何かを作る側とそれを批評する側。
様々な要素がご機嫌な音楽に乗って繰り広げられる。
まだ見ていない方には詳しく書いちゃうとつまらないから、
ざっとあらすじを端折ってみると、
有名レストランにいたシェフが批評家とのトラブルで店を辞め、
フードトラックを手に入れ息子と友人と各地を旅する、そんなストーリー。
これね、料理という題材は違っても、
まるで僕達のやっているツアーそのものなんですね。
本当にそっくり。
音楽に当てはめても全然違和感のないストーリですよ。
ジョン・ファブローという監督が、
巨額の制作費やギャラを蹴って主演まで努めて撮った映画。
出て来る俳優陣がまた好みなんです。
ジョン・レグイザモ、
スカーレット・ヨハンソン、
ダスティン・ホフマン、
ロバート・ダウニーJr、
脇を固めるそうそうたる面々。
ラーメンと映画に関して滅多なことでは誰かに勧めたりしませんが、
まだ公開している劇場があれば是非観てみて下さい。
久しぶりに理屈抜きに痛快で楽しく美味しい映画、
見つけました。
サンドイッチ、食べたくなるよ(笑)






やっと、庭へ。
名も無き(いや、あるんだろうけど、知らない)花が咲き出した庭。
これは元気な黄色い花。
そこかしこに咲いてます。





木、ですね、これ。
なんとか柳?
咲くときも、散り際も、大好き。
小さな小さな白い花。






タンポポ?
地面に目を近づけて、
マクロな視点になってみると、
ホントに色んなものが見えて来ます。
トカゲが横切ったり、虫が歩いていたり。






これは去年折れていた枝を拾って来て植えてみたタラの木。
芽が出ちゃった!
食べられるようになるのはまだまだ先ですが、
嬉しいな、タラの木。
大好きなんだよね、タラの芽の天ぷら。







分かりにくいですが、
コレは引っ越して来た時に植えたタラ。
だいぶ大きくなりましたが、
ちょっと目を離した隙にトレ蔵が食べてしまった。
奥にはまだ二本同じ木があるのでまぁ勘弁しましたが、
そちらは目を離した隙に伸びてただの葉っぱになっちゃった。
この葉っぱが実は美味しかったりもするのですが、
今年はこの時期天ぷらを揚げている時間が全くないの。
育って来たら若い葉を食べようかな。楽しみだな。






まだ狙ってるんだな、トレ蔵め。
駄目だって、食べたら。





以前もらって来たローズマリーもやっと花が咲くくらいに。
どんどん大っきくなると思って奥の方へ植えたんですが、
意外と伸び悩んでいます。
近所には林みたいなローズマリー、
沢山あるんだけど、なにが違うのかね?

多分北海道から帰ってくる頃には、
この景色も一変していると思いますが、
この季節ならではの一瞬。
庭に出るのが楽しみな時期です。

普段は気にも留めないような地面スレスレの出来事、
近づいてみると案外面白いですよね。

色んな町でもこんな風に様々なものを見れるように、
ゆっくりと動いて来たいと思います。
まずは、北海道ですね。

4/17(fri)
会場 --- 北海道釧路市新川町4-9 0154-25-7360
    「HOBO」
時間 --- Open 18:30 Start 19:30
料金 --- ¥2,500.w/1drink
出演 --- ゆうみん、端山龍麿
Web --- <HOBO>

4/18(sat)
会場 --- 北海道恵庭市相生町142 0123-33-4447
    「Mojo Hand」
時間 --- Open 18:30 Start 19:00
料金 --- ¥2,000.
出演 --- Two motion、端山龍麿
Web --- <MojoHand>

4/19(sun)
会場 --- 北海道札幌市中央区南三条西6丁目 第32藤井ビル2F 011-251-3003
    「TRASH」
時間 --- Open 18:30 Start 19:00
料金 --- ¥2,500.w/1drink
出演 --- 端山龍麿
Web --- <TRASH>

4/21(tue)
会場 --- 北海道札幌市中央区南5条西3丁目 大松ビル6F
    「BOSTON CLUB」 011-512-4939
時間 --- Open 18:30 Start 19:00
料金 --- ¥2,500.w/1drink
出演 --- 御曼けゑ志、端山龍麿
Web --- <boston club>

詳しくはインフォメーションのページへどうぞ!

今回は訳があっての前乗り飛行機です。
帰って来たらまた報告しますね。
今日も読んでくれてありがとう。
行ってきます。



| 1/1PAGES |

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


10/19 大阪市美章園 龍麿1
10/20 大阪市我孫子 龍麿1
10/20 大阪市松原市 龍麿1
10/28 山形県酒田市 龍麿1
11/06 神奈川県大船 龍麿1
11/08 神奈川県大船 龍麿1
11/10 神奈川湘南台 龍麿1
11/11 神奈川県大船 龍麿5
11/17 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/18 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/19 宮崎県宮崎市 龍麿1
11/21 宮崎県日向市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 佐賀県有田市 龍麿1
11/25 福岡県福岡市 龍麿1
11/27 大分県中津市 龍麿1
11/28 山口県下関市 龍麿1
11/29 福岡県北九州 龍麿1
11/30 福岡県福岡市 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM