熊本への募金のご報告

龍麿円形劇場、
山形ブルースヒロ、
新発田Showben小僧、
新潟Mush、
南魚沼Leon、
清水MotoStudio、
春日アニパニ、
各会場で皆さんからお預かりした大事な気持ち、
その場で説明させていただいた個人二軒に確かに手渡しました。
みんな、本当にありがとうございます。
現場に来てこの目で見て、まだまだ大変な状況でした。
引き続きみんなの気持ち、預かります。
よろしくお願いします。

端山龍麿

怒濤の番外編

 小さなものから大きなことまで、
旅にはトラブルがつきものです。
それも含めて初めて旅を楽しめると言うか、
余裕を持った心持ちで居られると言うか。
むしろこちらからトラブルを迎えに行くくらいでも、
ちょうど良いのかもしれませんね、最近は。
一人旅の場合はガハハハハと笑っても一人。
今回はそんな自分だけが面白かったスケッチをね、
まとめてお届けしてみたいなぁ、なんて。
お時間に余裕のある時にゆっくり読んで下さいね。




鼻が、伸びてます(泣)
洲本なんくるの美人スタッフとスナップ。
すいません、ホント、伸びてます。





大阪は寺田町で発見した次郎系ラーメン。
関西ではどうなんだろうと思い入ってみたらですよ、
隣の人は替え玉オーダー、隣の隣の人はね、
ほとんど残していました。まぁ賛否両論は仕方ない(笑)
僕?もちろん完食です。





釧路空港から空港バスに乗り駅前までの道中。
釣り具の釣人、ってさぁ。
なんか凄いネーミングです、計り知れない北海道。





以前にもお伝えしましたが、
釧路HOBO、既に師匠が唄っておりました。
あぁDのブルース。




そのHOBOで頂いた釧路ラーメン。
ここだけの、味わい。美味しかったです、ご馳走さまでした。






釧路のホテル近辺で見つけたお店。
神保さん、細かく回ってるんですね、尊敬です。






釧路のホテルの隙間から見えた空。
朝、ウミネコの声で目が覚めるなんて、素敵。






そのホテルの浴槽のフタが、丸かった。
幾ら待っても、お湯、溜まりませんでした。






駅前ですね、釧路の。
とかく北海道は道幅が半端じゃなく広いです。
ぼやぼやしてると信号変わっちゃいますから、大変です。





ホテルで試しに点けたテレビに鈴木砂羽ちゃんが。
随分舞台も見ていないけど、
テレビってすごいね、会えた気になってしまう。





恵庭MOJOHANDでのオープニングアクト、012(オイニー)。
御曼けゑ志を八倍出鱈目にして、
野生に解き放った感じ。話すと普通に良いヤツです(笑)






札幌TRASHの公演を見に来てくれた七重さん。
なんとDaisy'sCafeオーナーのジャスミンの同級生!
いろんな繋がり、有り難いです。嬉しいです。





TRASHの大野さん。
今回はぶっちゃけた話しが出来て嬉しかったです。
で、この後非常に面倒臭い感じの酔っ払いに変身(笑)






最終日の札幌は快晴。
でもまだ風は冷たいです。






その札幌で念願のSeicoMartのClubCardをゲット。
通いますよ、北海道。






札幌のホテル近くで見つけた謎のカレー屋さん。
未来カレー、って?





札幌最終日の打ち上げ。
全員、ベロンベロンです。





これは空港三部作。
フライトの三時間も前に着いてしまい、
暇を持て余してる感じ。






持参した小説も読み終わり、
ますます時間を持て余す感じ。





もうヤサぐれてる時間帯。
そんなにね、時間潰せないですよ、空港じゃね。





先週釧路でお世話になったHOBOのマスターが東京で難民化、
じゃぁ家族の待っているホテルまで送りますよって言ったわ良いものの、
ホテルはディズニーランド近くの千葉県は舞浜。
楽しいドライブしちゃいました。
でもね、会いたい人には全力で会いに行く。ブレませんからね、そこは。


予約が始まった円形劇場。
プレミアムなライブになると思います。
御予約25名限定なので御予約はお早めに!

5/24 (SUN)
会場 --- 神奈川県藤沢市藤沢991 2F 「Bar cane's」0466-28-5584
時間 --- Open 19:00 Start 20:00
料金 --- ¥2,500.
出演 --- 龍麿円形劇団(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕+田村直樹)
Web --- <cane's>
予約 --- 会場、日付、お名前を明記の上こちらからメールでどうぞ!


今日も読んでくれてありがとうございます。
まだまだ楽しいライブが続きますので、
逐一チェックしてお越し下さい!
お待ちしてますね!

ようするにアレですよアレ(じゃぶじゃぶ)

さてアレですね、アレ。
なんていうか、アレですから。
みんなバタバタし始めます、師走。
そんな気ぜわしい時期にふさわしくない雰囲気で、
旅の番外編画像、お届けしてみたい。

二年前、ユカリさんとのデュオで宮崎県の日向に来た時のこと、
龍麿ツアーにしては珍しく、というか初めてだったんじゃないかな?
「オフ日」というものを設定致しました。
いつもは10日間あったら10本ないし11本(?)のライブを入れて、
その間は移動し続けるというのが慣例になっていたツアーに、
何もしなくて良い一日というのが生まれ、
その一日を小倉が浜という素敵な海でたっぷりと過ごしたのでした。
DearSurfというサーフショップとの出会い、
そこから繋がる不思議な知り合いの輪、
本当に楽しい一日、ものすごくリフレッシュ出来たオフの一日でした。

で、今回も一日日向でオフを作り、
また海に入っちゃおうという作戦。
なにしろ日向の一本目の現場はRealBvoiceというサーフショップ内のカフェ。
否が応にも気持ちが盛り上がるわけです。




そしていよいよ海に出る日の小倉が浜。
分かりにくいかも知れませんが、波のサイズ、セットで頭オーバー。
八月九月を絶対安静軟禁状態で過ごした僕は、
久しぶりにウェットスーツを着て海に入ったのですが、
案の定揉まれまくりまして溺れる一歩寸前(なにしろ、まだ泳げないの)
ユカリさんは何本か良い波に乗ってたなぁ。
サーフィンを始めて、旅先での楽しみが二倍にも三倍にもなった。
これは間違いないですね。
気持ちのリセット具合は半端じゃないです。助かっています。




この方がRealBvoice日向店の草野さん。
終わってみれば日向での演奏を全て見て頂きました。
この日は草野さんのアテンドに遠慮なく甘えさせていただいた結果、



サーフィン後、ジャグジーまで!
これはもう最高に気持ち良かった。
また次回も日向の海に入れるように頑張って調整しましょう!
しかし、おっさん二人じゃ絵にならんわな。

で、僕が海で溺れている頃(じゃぶじゃぶ)、
大沢さんはというと、



泊めて頂いた黒田さんちの洗濯機をお借りして衣装の洗濯。
三人分だとスゴい量ですね。ありがとう、お疲れさまでしたイットさん。






そんな大沢さん、最近はお料理とのツーショット時に、
類い稀なるフォトジェニック振りを発揮していましたが、
珍しく素の表情で写っています、この写真。
天領うどんといううどん屋さんでの一コマ。
何に参っているのか?肉か?やはり、肉か?

RealBvoiceでのライブを聞きに来てくれたお客さんのミキちゃんは、
パン屋さんで働いていると聞き、更にもっと良く聞いてみると、
さっきの天領うどんの横にあるパン屋さんらしい。
で早速お邪魔してみたらこんな素敵なサンドイッチがありました。
サバ好きにはたまりません、意外な組み合わせですが美味しいの!




旅の最中にスケジュールを確認し、近くに居そうだから会いに行ってみよう、
なんてことは今までなんべんもありました。
大分ではライブ後の伝兵衛ポンタチームと打ち上げで合流したり、
札幌では高田エージさんに会えちゃったり。
でも今回はちょっとビックリしましたね。
まったく寄るつもりのなかった道の駅に「あ!寄ろう!」
って入って行き、一番奥に車を停めたら隣の車が東田君の車だった(笑)



僕達は宮崎から大分へ、東田君は大分から宮崎へ。
まぁ地図上では確かにすれ違いますけど、
こんな風な会い方するなんて、ちょっと気持ち悪いかも(笑)
でも嬉しいですね、旅の途中での再会。
なんかの縁があるとしか思えないです。
今度は熊本で会えたら良いなぁ。





別府から大分へ戻らなきゃいけないはずが、
どうしても外せないトリ天定食を!ということになり、
アーケード街にある「やなぎや」へ。
ここのトリ天、大好きです。
実はラーメンも大好きです。
内緒ですが両方食べちゃいました。内緒ですが。




これはユカリさんが撮影し、わざわざ僕に「ブログ用に」と送ってくれた、
もう皆さん比較的見慣れてきたんじゃないかと思われる、
お休み中の大沢さんの画像。
気持ち良いくらいよく寝てますね。近すぎますけど。





これはちょっとマニアックな話しですが、
大分市内を走る国道197号線。
これがですよ、なんと海を渡った四国側にも、



走っているのです!
道路の作り方にはあまり詳しくないのですが、
これって普通なんですかね?
もしかして、海の中で繋がってんの?
いやぁ分かんないなぁ、どうなってんだろう?




洲本の市場、魚屋さんのみっちゃんが持っているのは正真正銘の淡路たまねぎ。
前回来たときは新玉の時期だったらしいのですが、
今回は熟成したものが出回っている頃合いで、
どちらにしても美味しい事は間違いなく、
煮ても焼いても揚げても生でも、美味しかった。
みっちゃん、ありがとうございました!
また歌いに行きます!



これはまたレアな画像なんですが、
異種歌手唱技という企画モノを演らせて頂き、
北海道からアコースティックパンクの御曼けゑ志、
地元から大ベテラン浜辺のフォークシンガーテミヤンさん、
そして僕というなんとも掴みづらい組み合わせの三人。
しかしこれが企画側すら夢にも思わぬ面白いことになりまして、
盛り上がった挙げ句みんなでうちに泊まってしまった夜、の図。
こんな風にゆっくり話しが出来る機会もなかなかなくて、
この夜は本当におもしろ嬉しい時間を過ごしました。
ありがとうけゑ志、テミヤンさん!
またやりましょうねコレ。





11/15、師匠の命日。
ベーシストの石井ちゃんと献杯の夜@Stoves。
早かったなぁ一年。
こうして貰った繋がりを大切にしていくことは、
無言の供養。石井ちゃん、誘ってくれてありがとう。




異種歌手唱技第二夜の大船で、
パラダイスのハチさんと。
もう十年くらいのお付き合いですが、
この日はちょっとだけ歌を褒められてしまった(!)
嬉しかったなぁ。良かったなぁ。
なんせへなちょこ時代から歌わせてもらってるんだもんね、パラダイス。
だからホントに嬉しかったな。
ハチさんのパラダイスでは1/18(sun)に龍麿3で演らせて頂きます。
よろしくお願いします。




あはは、これは藤沢名物「里のうどん」グループの忘年会、
最後の最後の社長挨拶の場面で何故か挨拶をするユカリさん。
それはともかく社長の西嶋さんらしい社風、元気なスタッフの皆さんと、
馬鹿みたいに盛り上がれて良かったです。
しかし、なんで挨拶してんだろ?
やっぱりアレかな?愛、かな?


高校生の頃、
いわゆる商業ロックに夢中だった頃、
僕はこのバンドのライブへ良く行きました。
「JOURNEY」
ジャケットにはシンボルマークの羽根があしらわれ、
格好良かったんだよね、演奏も上手かったし。



懐かしいですね。




こんなトリビュートバンドまである(笑)
で、このジャーニーをモチーフにしたかどうかは不明なんですが、
浜松でこんな素晴らしいベンチに出会ってしまいました。




ギターを弾いてる風のイットさん。
これがまた左利きだから分かりづらいんだよね。
でも気分はニール・ショーンでございます、ハハハ。

さて、来週はまたお出かけです。

12/12(fri)
会場 --- 岐阜県多治見市三の倉町猪場 37 0572-24-3212
      三の倉市民の里「地球村」 
時間 --- Open 18:00 Start 18:30
料金 --- ¥1,000.(中学生以下無料)
出演 --- 玉城ちはる、大石由梨香、聴し音、井上慎二郎with Robin、
        龍麿3(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕)
問合 --- 地球村 0572-24-3212
Web --- <地球村BLOG>

12/13(sat)
会場 --- 愛知県名古屋市中区大須 2-30-29 ミズノ第二ビル1F 052-231-4004
      arcobaleno(アルコバレーノ) 
時間 --- Open 18:00 Start 19:00(2stage)
料金 --- ¥2,500.w/1drink
出演 --- 龍麿3(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕)
Web --- <arcobaleno>

12/14(sun)上原ユカリBirthdaySpecial
会場 --- 静岡県焼津市道原853-1 居酒屋「 ずいほう」 054-623-9118
時間 --- Open 17:00 Start 18:00
料金 --- ¥3,000.w/drink
出演 --- 龍麿3(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕)
Web --- <ずいほう>

いよいよユカリさんのバースデーウィークに突入です。
楽しみですね、岐阜、名古屋、焼津。
急激に寒くなるようなので各会場暖かくしてお出掛け下さい。
今日も読んでくれてありがとう!
また書きます!








いろいろなことが起きる、人生は旅だ(じゃぶじゃぶ)

なにしろ初めて泊まる宿くらいエキサイティングな状況はなく、
カウンターでのやりとり(清算はいつか?遅く帰っても入れてくれますか?)
から始まり部屋に入った途端に感じるその建物の歴史とか、
ある種の期待をしないわけにはいかない宿をわざわざ選んでみたり。

今回のヒットはこの旅館。



左が僕等が入って来たドア、202号室の扉です。
部屋を一周すると反対側にはもうひとつの扉が。
開けてみるとそのドアには「203」と書かれており、
どちらも鍵はかかっておらず(笑)
ようするに僕等は一部屋大人三名という条件で二部屋いっぺんに借りた模様。
だったらおばちゃん!203の鍵も渡してくれないと!




結局探検してみると宿泊客は我々だけだったようなので、
鍵の事は無視して現場へ出掛けてしまいましたが、
こういう鷹揚な雰囲気も街によって面白いですね。
心が広くなった気がします。





今回唯一後悔があるとすれば福山S.A(下り)でたこ天関係のものを食べられなかったこと。
たこ天そば、たこ天ラーメン、たこ天うどん、
何でも良かったんですがタイミングが悪く食べられなかった。
以前、九州へ向かう途中に寄ったとき、夜食に食べたたこ天ラーメンが
あまりにも旨くてそのままS.Aで宿泊し、翌朝たこ天そばを試してから
走り出したというくらいのたこ天ファンなのに。
なのでこれは尾道vs広島のラーメン対決の図。
どちらも美味しかったです。最近のS.Aの食事は普通に旨い。





龍麿3としては初の学園祭出演、今治明徳学園。
この日最大のピークは在校生によるカラオケ大会。
ほぼ満席の状態でやんややんやの大喝采でした。
正直、僕等の演奏より盛り上がってたかも(泣)
でも仲間を応援する気持ち、良いよね。
この瞬間が、これが正解な気もしましたね。




ツアー中、どこどこの何が美味しいですとか、
あそこの温泉には絶対入って来て下さいとか、
色々な情報を頂くのですが、
連泊出来る街以外はほぼ移動に終始するのが常なのです。
なかなか温泉なんて入れない。
仕事で来てるんですから、まぁ仕方がない。
が、
運良く会場の斜め前に温泉があった日にゃぁそりゃ入りますって。
で、絶賛リバウンド中のイットさんがおそるおそる体重計に足を。
ビビったつま先だけで良かったんです、写真に収めるの。
全体を写してしまったのは賛否両論(笑)




福岡の山本さん所有のオースチンヒーレー100のコックピット。
年式は山本さんと一緒、2600cc三速の走り、スミスのメーター、
車好きにはたまらないですね、これ。
さすがに運転はさせてくれませんでしたが(笑)
しばしのドライブ、すごく楽しかったです。
こういう運転そのものが楽しい車、なかなか乗れないもんね。




前日、「肉離れかも」と言い出したイットさんの左足を
ストレッチしながら伸ばしているところなんですが、
ふざけて踊っているようにしか見えない(泣)
この後イットさんは風邪ひいて鼻水が止まらないわ、
その風邪をみんなでキャッチボールするわ、
日々体調の変化が著しいツアーでもありました。




福岡から宮崎へ向かう途中、
熊本から来てくれたメリッサを高速バスのバス停まで送ったときの写真。
たまたますぐそばに電車の駅があって本当に良かった。
こういう流れは誰かの才能なのか、ただの巡り合わせか、
いずれにしても良い流れに乗っかるのは鉄則かと思われます。




九州道のS.Aで唐揚げを揚げて売っていたのですが、
別にイットさんが照れる必要はなかったような。





日向でBar Brascoの高橋さんが淹れてくれたコーヒー。
静岡の焙煎所から取り寄せている豆なんだって。
美味しかったなぁ。
旅中一番の悩みは美味しいコーヒー不足に悩まされる事。
自分でドリッパー積んで行こうかと何度も思いましたが、
そのぶんこういう出会いが本当に嬉しいし美味しい。
きっとそういうことなんですね。




深夜、日向の繁華街。
辛いのが売りのラーメン屋さんへ。
僕のとイットさんの、色から見ても完全に別物です。
しかも眼鏡曇っちゃってるし。
普通の辛さで十分美味しかったです。
イットさんのスープ、ひとくち飲んだだけで汗が吹き出たもんね。
また行きたいね、ここ。
こんな風に顔を出したいお店が増えて行くのですね。
でもやっぱり僕は普通の辛さでいいなぁ。



まだまだ続きがあるのです。
ですがまた改めて、ね。
今回はユカリさんの写真少ないですから、
次号はたっぷりとお送りしたいかな、と。



こんな素敵な海の話しから書きたいと思います。
今日も読んでくれてありがとう。
良い週末を!

さぁて、いよいよ美味しい話し!

 良いんです、良いんですよ、
グルメブログと言われても。
ちゃんと歌も唄ってんだから。
いくら一番下の広告リンクに飲食店が並んでも、
めげませんって。
でもどうなんだろうなぁ、普通はミュージシャンのブログには、
ちゃんと楽器屋さんのリンクとか、解析して貼るのかなぁ。
いいなぁ、そういうの。

なので美味しい話しの前に、
挨拶に行った際のこの方とのツーショット。



有山じゅんじさん。
僕らの翌日にロック食堂で唄われていました。
僕は忘れ物を取りに行くという口実もあり、
リハ終わりくらいのタイミングでご挨拶させて頂きました。
見るからに堅気じゃない雰囲気が、素敵ですねぇ。素敵です。

で、話しがどこまで遡るのかと言うとですね、



このアキラくんのお店の周年ライブの後ぐらい。


大阪と言えば過去に数々の初めて食べる美味しいものとの出会いがあり、
たこ焼き、もつ鍋、かすうどん、チャンポン、
フレンチにカレーうどんに日本料理、
要するに何を食べても安くて旨いイメージ。
例えば寺田町に限って言っても、



これは「小料理じょん」というお店で、
カリフォルニア人のじょんが作ってくれた鴨のなんとか。
美味しかった。
で、今回の初めましては「ちりとり鍋」
そんなもの聞いた事ないです。
とは言え、この歳になって先日初めてフグを食べたくらいですから、
僕の知らない食べ物なんてまだまだ沢山あって、
皆さんのほうがよっぽどご存知なのかもしれない、このちりとり鍋。
じゃ、行きますよ?
行きますよ?












別角度からもう一枚



某肉食系ベーシストがいたら生のまま喰ってしまったんじゃなかろうか、
というほどの良いお肉が積み重なっていて、
周りにはこれまた美味しいホルモンが取り囲むそのピラミッドが、
次第にやんわりと溶けて平らになって行く様はね、
もう動画に撮ってアップしたいくらいでした。

この鍋の形状が四角でちりとりに似ているのが名前の由来。
ライブ後でお腹が空いていたこともあり、



師匠、にっこりマッコリ。
そのまんまでございます。



こちらは関西版のダブルユカリ、
とかアホな事やっている間にも、
ひとしきり食べ終わったこのちりとりに、
更に肉とホルモンを追加!



泳ぎたい!
ちりとりで泳ぎたいっ!
散々旨味がでたこの出汁にですよ、
最後はなんと



ご飯投入!
この雑炊、絶品ですね、もぅ。
文字通り、死ぬ程食べてしまいました。
ペッカーさん、ご馳走さまでした。
連れて行って頂いたお店はどうやらこちら
寺田町に行かれた際は、是非に!

まだまだ焼き網で焼いた椎茸の話しとか、
旅から戻ったらただの葉っぱになっていたタラの芽の話しとか、
しばらく美味しいシリーズ、続きます。
ご容赦あれ。

さて今週はいよいよ龍麿4が都内へ初登場!

4/25(Fri)
会場 --- 東京都世田谷区北沢2-34-8北沢KMビル3階 03-6407-1919
    「Lown」
時間 --- Open 19:00 Start 20:00
料金 --- ¥3,000.
出演 --- 龍麿4(端山龍麿+大澤イット+倉井夏樹+上原"ユカリ"裕)
Web --- <Lown>

ただでさえ毎回スリリングな展開のLown、
これになっちゃんが加わったのを想像するだけでチビってしまいそうです。
よろしく願いします。

翌日はアースディ湘南の一大イベントが江ノ島で!

4/26(sat)
江ノ島フラ・パラダイス
1000人フラ100人ウクレレ
会場 --- 神奈川県藤沢市江ノ島 
    「サムエルコッキング苑」
時間 --- 12:30〜16:30
料金 ---入園料 大人¥200. 小人¥100.

去年に引き続き福島県富岡町の皆さんをお招きして、
江ノ島から世界へ平和を願い発信します。

で、その夜僕は一人で渋谷へ。

4/26(sat)
『マタヤルヒマデ vol.1,5 〜4.26シンジローの日〜』

会場 --- 東京都渋谷区桜丘町29-5 石島ビル201 03-3770-1260
    「ヒマヲイキル」
時間 --- Open 18:00 Start 19:00
料金 --- ¥1,500.+1drink
出演 --- すばる、端山龍麿、井上慎二郎
本イベントは完全予約制となっており、
メール予約でのみ先着30名様まで承りますので御了承くださいませ。
[メール予約受付開始日時]
4/12(土) 正午12:00〜
御予約メールはお一人様につき1通の為、
数名での御予約は御遠慮申し上げます。
・件名「4.26マタヤルヒマデ」
・氏名
・連絡先
をご明記頂いた上で下記までお送り下さい。
info@himawoikiru.com
尚、御予約は返信を持って完了とさせて頂きます。


こちらはもう満席かもしれません。
どうしてもという方は連絡してみて下さい。
六月以降も挑戦的なツアーが決まって来ました。
徐々にアップしていますのでInformationから目を離さずに!
情報をチェックして頂いて行く先々の街でお会い出来ればと思います。
よろしくお願いします。
今日も付き合って頂いてご馳走さまでした、
いや、
ありがとうございました。
次回、いよいよ焼き網の登場か!?
お楽しみに!

沖縄の二日間

年に一度くらい、ギターを持たない旅。
その代わりに家族と一緒。トレ蔵も、一緒。
そんなテーマで出かけた沖縄へのフライトは、
なんと06:05羽田発那覇行き。



まだ、真っ暗です。
家を出たのは04:00。
釣り人みたいなタイム感でした。
そう言えば、釣り、行ってないなぁ。

那覇で出迎えてくれたジャスミン小坂氏と合流し、
とにもかくにもJujumoのまこっちゃんがやっているパーラーへ。



前回来た時に一緒にライブを演ってくれた二人。
まこっちゃんは生憎出掛けてしまってましたが、
えりなちゃんとお父さんお母さんに挨拶が出来て良かったです。
トレ蔵はちょっとフライト疲れ気味かな。

その後は奥さんの友達と合流して、
北谷のLaula Ilikaiでお昼ご飯、というか朝ご飯、か?



会うことそのものが、喜び。
みんな、ありがとうね。
楽しい食事でした。

その後車を走らせ(全く、何処へ行っても距離感がない)
島の反対側へ向かいました。
トレ蔵を東京へ送ってくれたアコちゃんに、
大きくなった姿を見せに行きます。
アコちゃんはペットホテルをやっていて、
預かった犬達との散歩にトレ蔵も合流させてもらいました。



ものすごく広い運動公園の中を、
犬九匹がつらつらと歩く。
壮観。
混沌。
犬同士のやり取りも見ていて面白いです。
犬同士と言えば、
ジャスミンが保護しているダナスっていう犬がいて、
大きさもやんちゃ加減もトレ蔵と息がぴったり。



もう二匹でバターになっちゃうんじゃないかってくらいに遊んでました。
飽きもせずにずーっとずーっとじゃれてる。
楽しそうだった、この二匹。ありがとうね、ダナス。
今度は鎌倉で会おうね。

何しろこのDaisy's Inで初めてトレ蔵に会った時は、
まだこんなに小ちゃかった。



大きくなりました。
良かった良かった。
この宿の店長、健太にも大きくなったトレ蔵を会わせることが出来ました。


今更なんですが、
今回は食べてるか飲んでるかしかしてません。
完全にオフです。一曲も歌ってないです。
なので画像もそんなのばっかりになりますので、
興味のない方には大変申し訳ないですが、
グルメブログ街道をまっしぐらに進んで行きたいと思います。

まずは初日の夜に行った「なかま食堂」
美味しい沖縄そばを食べたくて寄りました。



三枚肉そば。
絶品。
これにもずくの天ぷらを追加します。



旨いの、これも。
しかも安い。
で、奥さんは何故かミミガーチャンプルー。



スゴい迫力です。
なのに安い。
しかもそば付き。
これも美味しかったなぁ。


次の日は北へ北へと走り、
「紀ノ川食堂」というお店を探しました。
沖縄、食堂巡りの旅。




このお店の自慢はジーマミー豆腐。





これがまた美味しい。
すでに小皿に取り分けた姿ですが、
これの三倍くらいあって、三百円!

実はここにはアグーのトンカツというメニューがあり、
僕はそれが目的だったわけで、




どーーーーんといってみましたが、
厚いしデカいし、旨い(泣)
もう今日は何にも食べられないよぅってくらい満腹になり、
しばしドライブがてら、以前行ったことのある島を巡ります。
瀬底島、屋我地島、古宇利島。
慣れない乗り心地の車に、
見慣れぬ景色と嗅ぎ慣れない匂い。
トレ蔵も何となくハイな感じ。




肩に乗ってどうすんだよっ?
インコじゃないんだから、もう。

小宇利島の北にあるビーチで散歩してみました。



海が、とてつもなく綺麗。



砂は、砂でなく、貝と珊瑚の欠片。
素敵なビーチです。
このまま、残っていて欲しいですが、
瀬底島にせよ、どこにせよ、
開発途中で頓挫した建築物が荒れ果てていて、
なにかやり切れない気持ちにもなりました。
ここにはここの事情があって、
ここで頑張っている人がいて、
でもやるせない、この気持ちはなんだろう?
旅行者が自分勝手に言うのは簡単なことですが、
それでもこの海の景色はこのままであって欲しい。
そんな気持ちになった北岸のドライブでした。

その後浦添まで戻って茜陶房を訪ね、
また恩納村まで戻って夕食。
完全にハマってしまった「なかま食堂」



奥さん、またしてもミミガーチャンプルー。
気に入っちゃったんですね。
僕はこの夜ソーキ煮付け定食というのを注文。



向こう側のミミガーと比べて頂ければ分かると思いますが、
巨大なお皿に盛られたソーキ及び煮付けの数々。
食べ切るのがやっとの量です。
で、¥800.(笑)
優勝ですね、この食堂。
結構遅くまで開いていて、
現場帰りの職人さん達が飯をかき込んでいる、
そんな食堂です。観光相手より地元密着タイプ。
嬉しいな、こういう食堂。


今回の宿は連泊でDaisy's Inにお世話になりましたが、
この日戻ってみると前回のライブに来てくれていた森さん夫妻と、
一緒にライブを演ってくれたナオぽんと亮くんが会いに来てくれていました。




嬉しかった。
沖縄にもちゃんと僕の音楽を待ってくれている人がいる。
皆さんありがとうございました、必ずまた歌いに来ます。




連日深夜まで飲み明かし、
最終日はDaisy's 北谷店に挨拶を。
ここはもれなくテキーラが付いて来る危険なスポット。
しかしこの人に会わずに帰るわけにはいかない。



店長、もっちゃん。
以前鎌倉へ来た時に瀕死寸前まで飲ませ、
その朝羽田空港まで送って行ったときのことを、
「まるで高利貸しに優しくされた気分」と未だに根に持つこの男。
とにかく、会わなければいけない。




目の前にはアラハビーチ。
ここも綺麗な海岸です。
トレ蔵も大はしゃぎで走り回る。




そんなトレ蔵の散歩を奥さんと交代している間に、




僕達ベロンベロン。
ただの悪ガキに戻ってしまいました。

挙げ句に社長のジャスミンは、



夕方のシフトを断念せざろうえない酔いっぷり。
海辺まで行って更に飲んだくれます。





自分の携帯に残っている画像ですが、
この辺の記憶が、全くありません(笑)





全然覚えていない。





なんか弾いていますが、覚えてない。






まるで記憶がない。
何をやってるんだろ?
それにしても良いサンセットだ。

おかげでもう一件友達の家に寄る約束が、
全然フライトに間に合わなくなってしまい、
そのまま空港へ向かいました。
すると空港には茜陶房のシモジと祥子ちゃんが見送りに来てくれた。





やっとA&Wのバーガーにかぶりついていますが、
この時もまだ泥酔絶好調。
良くもまぁ食べられますね、こんな時に。
美味しかったけど。


最終便での戻りは羽田着が深夜なために、
家に着いたのは日付をまたいだ翌日でしたが、
まるまる遊べるのはこのチケットの取り方のおかげ。
仕事じゃないときは最高です。
楽しかったです、沖縄。

ね?食べるか飲むかの二日間でしょ?
すいません、珍しいオフなもんですから、
思いっきり羽を伸ばして来ました。
ここ最近の出来事に負けないように、
英気を養って来ました。
さぁ、今週のライブはこちら!


12/6(fri)
会場 --- 東京都目黒区自由が丘1-25-3 B1 
    「BIRD SONG CAFE」03-3725-6687
時間 --- Open 19:00 Start 19:30
料金 --- ¥Donation.+通常チャージ¥500.
出演 --- 龍麿3(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕)
Web --- <BIRD SONG CAFE>

12/8(sun)
会場 --- 神奈川県藤沢市藤沢991 2F 「Bar cane's」0466-28-5584
時間 --- Open 18:00 Start 19:00
料金 --- ¥2,000.
出演 --- 端山龍麿、ビト
Web --- <cane's>

どちらも楽しみなライブ、頑張って歌います。
是非会いに来て下さい。
今日も読んでくれてありがとう。
週明けに報告も兼ねて書きたいと思います。
じゃあね!


北海道紀行(裏版)

結局うまく眠る事が出来ずにトレ蔵の散歩なんぞ行って来て、
クロネコヤマトに行くまでの間、
書けるところまで書いてみようと思います、(裏版)。


さて(表版)であまり食事に触れなかったのはこちらに
たっぷりと書いてみようと思ったためです。
なのでまずは食べ物編。


羽田空港で昼ご飯を食べ損ねた分、
何かパンチのある昼食を頂こうという事で、
まず飛びついたのが「豚の天丼」




池田町のI氏と一緒に入ったお店での一こまですが、
ま、野菜もちろっとはのっているけどほぼ豚肉ですね。
オイルonオイルみたいなイメージでしたが、
食べてみたら案外ペロッと行けちゃいました。
ボリュームはスゴかったですけどね。




これは釧路のHOBOさんでオーナーの大河内さんが作ってくれた釧路ラーメン。
これがね、旨かった。あっさり系ではあるもののしっかりした風味。
ライブ後の超空腹状態だったのもあってペロッといっちゃいました。
ご馳走さまでした!






帯広です。
豚丼です。
しかもお蕎麦セットです。
「B♭M7」でのライブ後、繁華街のお蕎麦屋さんにて。
O.Aのデュアルの二人と一緒に頂きました。
なんかね、どこで食べても美味しいんだよな、豚丼。







札幌への移動日の朝、
池田町はただならぬ盛り上がりを見せていたのでした。
「ワイン祭り」の会場には大型バスだけで85台分もの人々が押し寄せ、
飲み放題のワインを飲み尽くそうと躍起になっているわけです。
真ん中の方では牛が一頭まるまる焼かれていたりもして、
そういえば前日からみんな仕込みの事でそわそわしていた気もします。
とにかくスゴい人でしょ?今度はここで歌えたら良いかもね!









で、そんなワイン祭りの会場を横切って札幌へ向かう前に昼食。
どうですか、良い感じの食堂!!!
まだ入る前から「いらっしゃいませ」って言われちゃってる。





ここも豚丼で攻めようかなと思っていた我々の前に現れたのは
「ワイン丼」(!)
ワイン丼?なんじゃそりゃ?
紫色のご飯を思い描いてしまい、
ちょっと不安になりながらも注文してみると、



出て来たのは案外普通な雰囲気のどんぶり。
要するにワイン風味の牛肉を卵でとじた感じですね。
具沢山の豪華な牛丼って感じ。
もっとスゴいものを想像していたので(笑)
これはこれでペロッと頂きました。
食堂内部のいなたい雰囲気とおばちゃんの絵をお伝え出来ないのが残念。








これは札幌。
今回の最終、Trashでのライブが終わり、
空腹のまま飛び込んだ焼き肉屋さん。
一緒に居るのは御曼けゑ志ですね。
今度11/10に大船のパラダイスで一緒に演ります。
割引クーポンと飲み放題のがっぷりよつで
短時間決戦を乗り切った深夜01:00過ぎ。
なんのかんの言って良く食べたわ。ホルモンとか。
今度は神奈川で会おうね、御曼けゑ志!


で、これは番外編。
食べなかったけど、へぇ〜!ってなった看板。



鹿肉と馬肉の合挽きで「馬鹿」
う〜〜ん、名前ありきのひき肉のような(笑)
美味しいのかな?今度行ったら食べてみようかな?



そしてこれも食べてはいない編。
札幌のTrashでマスターの大野さんに電話がかかり、
「なんだっつぅんだよもぅ、こんな時に.....」
ってブツブツ言いながら階段を降りて受け取って来たものは、
なんと生の、骨付きの、鹿肉。
そのままだと余りにグロいのでちょっとボカシてみましたが、
なにしろ血塗れの生肉がビニール袋で運ばれて来る文化。
恐るべし北海道といったところではないでしょうか。




あ、またいやらしい本みたいになってますね。
せめて料理されてからの状態でね、
お届けしたい(頂いてみたい)ですね。
次回の課題です、鹿肉、馬肉。

なんだかほぼ食べ物の話題で終わってしまいました裏版、
明日は早起きで大阪へ行って来ます。
連休が明けたらまた書いてみたいと思います。
二本続けて読んでくれたあなた、ありがとうありがとう。
また書きますね!


北海道紀行(表版)

「お客様、こちらのドライバーは機内へはお持ち込みになれません」

いつもなら難なくクリアしていた手荷物検査に、
持ち込むつもりのスーツケースが引っかかってしまい、
開けて調べてみるとエフェクターのねじを開けるための
小さなドライバーが一本出て来たわけです。

かなり綿密にお昼ご飯の時間まで考えていた羽田空港でしたが、
このドライバーを預ける荷物に加えたりしているうちに搭乗時間になってしまい、
空きっ腹を抱えたまま帯広空港を目指すことになったという波乱の幕開け。




JALの係の方が丁寧に段ボール箱に入れてくれて、
帯広でこのドライバーと再会した時にはすでにジンとするものがありました。






初めて降りたとかち帯広空港。
こじんまりとした可愛い空港ですね。
いつもはLCCを使って新千歳へ行くのですが、
お世話になるI氏の家から一番近い空港なので今回はここから旅が始まります。





本当に一直線な道路をかっ飛ばして走るセリカLB。









こんなスパルタンな面構えの車で今日の現場がある釧路へ向かいます。
I氏のガレージにはまだまだ古い車が入っているのですが、
雨の心配もない快晴の十勝地方、それならセリカで行っちゃいましょう!と。





釧路湿原の彼方に沈む夕陽。
綺麗だったなぁ。
普段はなかなか見られない景色でした。
いやぁホントに北海道は広い。
こういうシーンで再認識します。


そしてやって来たのは釧路の名店「HOBO」





色んな方のスケジュールでお店の名前は知っていたので、
ここで歌えるなんてそれだけでも嬉しいのです。
初めての街、初めてのお店、
果たして今夜はどんな感じになるのだろうか?






マスターの大河内さんとお手伝いのオレンジちゃん。
カウンター周辺にはこのお店を訪れた諸先輩方のサインが溢れています。
その中にヤスムロコウイチさんのサインがあって、
もう一頻りその話しで盛り上がっちゃいます。
初めて来たのに、そんな感じがしないお店、HOBO。
大河内さんがお店の常連さんに声をかけてくれて、
お客さんが続々入って来ます。
嬉しいです、どこの馬の骨かも知らん男のために。
そんなムードに応えるべく、初日からメニューは山盛り。
たっぷりと歌わせて頂きました。
バタバタしていて会場写真も撮り忘れるほどでしたが、
子供達が大乗りで歌ってくれたのが印象的な、
本当に暖かい初めましての夜。

ありがとうございました、大河内さん、オレンジ!
是非道東ツアー、実現したいです。
よろしくお願いします!

会場をあとにして釧路から二時間弱、セリカはひた走り池田町のI氏宅へ。
次の日は昼夜ダブルヘッダーが組まれているので早く寝れば良いのに、
積もる話しが尽きず気が付けば03:00。

翌朝は池田町の会場に10:00に入り、
お母さん達のリクエストによる昼のライブを演りました。




まぁお母さん達の元気な事。
中には踊るつもりで靴まで用意されていた方がいるとかいないとか。
起き抜けで喉がまだ起きていないとはいえ、
ここもまた全力投球で演らせて頂きました。
いかがだったでしょうか?満足して頂けたかな?
なにしろちゃんと会場の写真を撮ったの、これ一枚だけなんですよ、今回。
終わったあとにみんなとお話ししてたりすると夢中になっちゃって、
写真撮るのをすぐ忘れちゃう。
でもこれ、良い絵でしょ。楽しいライブでした、池田町。


で、少し仮眠をとって帯広の繁華街へ。
夜の現場は「B♭M7」
ここもね、名前はずっと知っていて歌ってみたかったお店なんです。



見るからに、JAZZ。





チャージのシステムも、JAZZ。




お店のカウンターも、よく分かりませんがJAZZ。
こんな由緒正しいJAZZ BARでやっちゃって大丈夫なんだろうか、なんても思いましたが、
前回聞きに来てくれた皆さんや、その皆さんが連れて来て下さった初めましての方、
沢山のお客さんが聞きに来てくれました。





マスターの源さん。
実は昼間の池田町では音響をお願いしていて、
要するに一日中お付き合いさせちゃったんです、源さん。

で、僕のライブが終わったあと、
通常営業に戻った店内にJAZZトリオが登場し演奏が始まります。
ベーシストはもちろん源さん。
この演奏がね、本当に楽しかった。





どうしても源さんの表情を撮りたくてこっそり撮影しちゃいました。
すいません、源さん。
でもかねがね思っていたのですが、JAZZって楽しい音楽なんだよなって、
難しい顔して難しい事するのがJAZZってわけじゃないよなって。
それをね、源さんの演奏が裏付けてくれた。
音に対する愛情とか、喜びとか、そういうもの満載の演奏。
こんな楽しそうな顔してベースを弾く人、イットさん以外に会った事がない。
こういう人だから僕もここでライブ演らせてもらえたんだろうな。
ありがとうございました、源さん。
トリオで来た時にはまた是非よろしくお願いします。


この日はさすがに帰り着くなり寝た。
それもぐっすりと十時間くらい寝ました。
最終日は札幌。
去年歌わせてもらった「Bar Trash」へ向かいます。
ソロの大変なところは他に楽器がなくて音がさみしい、とか、
コーラスが入っている曲なのにコーラスがいない、とか。
でもソロの良いところは準備が簡単(笑)
ひとつのアンプにギターとマイクを繋いでバランスを取ればほぼ完成。
そんな手際でリハーサルを終えた頃、
なんとこんな方が会場に!





じゃーーん!高田エージさん登場!
ちょうど同じ時期にこちらに来ていて、
連絡したらホテルが会場のすぐそばだったらしく、
わざわざ寄って下さいました。
がぜん、盛り上がる自分。良い感じです、良い感じ。

札幌も前回聞いてくれた方、初めましての方、
札幌マラソンを走ってそのまま聞いて行ってくれた方。
たくさんのお客さんとびっくりするような出会いに恵まれた、
素晴らしい夜になりました。
マスターの大野さん、今回もありがとうございました。
また近いうちに帰って来たいです。
しかしなぁ、会場の様子、みんなに見てもらいたかったなぁ。
次はちゃんと撮りましょうね、写真。





全行程運転して回ってくれたI氏、お疲れさまでした。
ありがとうございました。
繋いでもらった縁を大事にして、きっちり次に繋いで行きます。








帰宅した時にちょうど散歩へ出かけていて、
僕の方が出迎えてしまったために
「ありゃ?いつの間にか帰ってきた!」
みたいな雰囲気のトレ蔵。
会いたかったぞ!


で、明日は早速こちらです。



10/11(fri)
会場 --- 神奈川県横浜市神奈川区六角橋6-2-52
     「ココペリ亭」  045-413-7241
時間 --- Open 18:00 Start 20:00
料金 --- ¥2,000.(お通し付き)+オーダー
出演 --- 端山龍麿、かずま

なんと今回えみぞぅのピンチヒッターでかずまが登場します。
音楽的には面白い組み合わせですが、日本語的にはどうなってしまうのか?(笑)
お便りは明日出かける直前までお待ちしてますからね。
こちらからお忘れなく送って下さいね!


そして土曜日はこの企画!

10/11(sat)
会場 --- 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-17 江ノ島ビュータワー7F 0466-22-5780
    「虎丸座」
時間 --- Open 16:00 Start 17:00
料金 --- adv/¥3,500. door/¥4,000.(ワンドリンク別、ビュッフェ付き(無くなり次第終了)
出演 --- SADATO
    りぶさん
    龍麿3(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕)
    SHOUGO'S JUNK PARADISE(中山省吾、沢村繁、南部栄作)

    Special Guest:梅垣義明(ワハハ本舗)
Web --- <虎丸座>

ポカスカジャンの省吾さんの企画です。
なにが起きるのか全く予想がつきませんが、
面白い事だけは間違いない!
こちらもお待ちしております!


ちょっと長かったですが(表版)、
お届けしてみました。
週明けにでも(裏版)をアップしようかな。
お楽しみにね。
今日も読んでくれてどうもありがとう。
是非、お近くのライブで会いましょう!

流せないのは、明日の約束

一日遅れてしまいましたが、
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様に大変お世話になりました。
本年も端山龍麿、よろしくよろしくお願い致します。

明日の中目黒から今年のライブが始まります。
お時間ある方は是非遊びに来て下さい。

さて、思い起こせば九月のこと。
田火田の橋本ソウちゃんと相馬へ飲みに行った時
勢い「カウントダウンにまた来ます!」と約束をした、
その約束を果たしに行って来ました。
2012~2013の年越しを福島で迎えたわけです。

師匠伊太地山伝兵衛も歌っております。
「流れてゆくのがヘッドライトなら、流せないのは明日の約束」
基本、行くと言った場所には必ず行き、
演ると言ったことは精一杯演る。
会いたい人がいるから、行く。
それ以上でもそれ以下でもないですが、
まずここは大事なことだと。
こんな事すら守れずに、何が伝えられるんだと。
あら、今日はなんか理屈っぽいかな?なんだろな(笑)




福島は相馬市の駅前通りにある「Bar 101」
前回はこの塩沼さんにコテンパンにやられ、
ほぼ記憶を無くしてしまった僕でした。



塩沼夫妻。
この人達を慕って街の若い衆らが集まってくるこのお店。
今現在のこの街の状況を考えてもこういう場所を維持して行くことは、
並大抵の覚悟とパワーでは出来ない事なんじゃないかと思います。
そんなこのお店で、とにかく演奏を聴いて欲しかった。
歌わせて頂きたかった、それだけ。
前説も何も無く、行って歌う、それだけ。

 そういえば前の週に偶然HEATWAVEの山口洋さんにお会いして、
 相馬に歌いに行って来ますという報告と挨拶をしました。
 洋さんは福島の中でのイベントに様々な形で関わっている方なので、
 きちんと挨拶をしたかったから本当に良いタイミングでお会いできました。
 まぁ盛り上がって一緒に何曲かセッションもしてもらっちゃったんですが(笑)
 あの夜も面白かったな、幻みたいなセッションだった。


途中の高速上から雪がちらつき出した大晦日の福島は、
夜は町中でも氷点下のキリッとした空気。冬ですからね、冬。
そんな道中をなんとか無事にやり過ごし辿り着いた相馬なんですが、
「龍麿、飯食ったのか?」から始まり、







塩沼さん、ありがとうございました。
こんなに歓迎して頂けるなんてもうホントに嬉しいです。
ずっと前からのお付き合いみたいな顔してお邪魔しましたが、
よく考えてみるとお会いするのはこれが二回目。
当日は次から次へお客さんが入ってくるなか、
無理矢理に機材を搬入し仕込みして演奏させて頂きました。
とにかくなんのアドバンテージも無い状態で、
いきなりドーンって演りたかった。
そういう勝負がしたかったのです。

どうだったんだろうか?
楽しんでくれていたら嬉しいのだけれど。

終演後に色々な方とお話してみると、
当たり前ですがまだまだ気持ちに蓋をせざろうえない状況だったり、
泣きたいのに泣けないままずっと過ごしているような、
終わってからだから聞けた事、いっぱいありました。
当たり前ですよね、少なくともこの辺りに関して言えば、
まだ何も片付いちゃいないんですから。
色んなことが現在進行形のまま、それでも暮らしは続いているわけで、
彼女がちゃんと泣ける日が、早く来て欲しい。そう思います。

でも、みんな元気だったなぁ。



ジャンケン大会を制した遥ちゃんたちのテーブル。






塩沼さんのコールでカウントダウン!







セクシーダイナマイトな二人、なめことあーちゃん。






そして東京から参加してくれたのはこの二人、この双子。
小笠原Aと小笠原B、遠い道のりを本当にありがとう。

例によって演奏中の画像は一枚もありません(泣)
が、とにかくここで演奏出来て嬉しかった。
ここのみんなの前で歌えて良かった。
何も聞かずに付き合ってくれたメンバーには本当に感謝しています。
ありがとうございました、今年もよろしくお願いします。








そうだ、その前々日は浜松にいました。
毎年参加させて頂いている大忘年会@伝兵衛堂。
今年も我々龍麿3、そして大阪から南ルミコさん、
トリに伊太地山伝兵衛の三組でお届けしました。

思えば現場で伝兵衛さんに会うのも一年ぶり。
ほとんどすれ違ってましたからね、これも嬉しいですね。




ライブが終わればそのまま打ち上げが始まります。
もう餃子まみれ、さすがの浜松!



今年はツアーで寄りたいです、ここ伝兵衛堂。
いつもはここ薪ストーブのショールームなんですね。
すごく暖かいオーラのショールーム。
エーちゃん、愛ちゃん、お父さん、今年もよろしくお願いします!

とにかく明日からまた通常営業が始まります。
informationのページには地元のライブも含めいろいろアップしてあります。
チェックして遊びに来て下さいね。
今日も読んでくれてありがとう。
また一年マロログをよろしくお願いします。 

お前にチェックイン!

相馬のホテルに着きました。
少し仮眠をとり、今年最後の戦いは夜半から。

年末年始のご挨拶もままならぬまま、
気が付けば帰りのハイウェイ上みたいな感じになりそうです。

とにかく無事にカエルこと。
ガッツリ歌って来たいと思います。

あ、寝なきゃね。

| 1/31PAGES | >>

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


10/27 岡山県岡山市 龍麿3
10/28 大阪市寺田町 龍麿3
10/29 兵庫県洲本市 龍麿3
11/11 神奈川県辻堂 龍麿1
11/12 神奈川県大船 RISM
11/17 福岡県糟屋郡 龍麿1
11/18 福岡県福岡市 龍麿1
11/19 福岡県福岡市 龍麿1
11/21 佐賀県唐津市 龍麿1
11/22 大分県大分市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 宮崎県日向市 龍麿1
11/25 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/26 宮崎県日向市 龍麿1
11/28 山口県下関市 龍麿1
11/29 大分県中津市 龍麿1
11/30 北九州市小倉 龍麿1
12/01 大分県大分市 龍麿1
12/02 大分県佐伯市 龍麿1
12/03 佐賀県唐津市 龍麿1
12/09 神奈川平塚市 龍麿3
12/10 静岡県清水市 龍麿3
12/15 神奈川辻堂 はまなかはやま
12/31 神奈川県辻堂 龍麿3

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM