長い戦い。

もうすぐ総走行距離が330,000kmになる龍麿号。

この夏前から随分傷んでしまった箇所が目立つようになり、
実際の移動、特に夜走りにも支障を来すようになってしまった。
当たり前だよね。傷むよ、そりゃ。
そんな気になる箇所をひとつひとつ、直していく戦いが続いていた。

 

 

昔はガラスだったヘッドライトレンズがプラスチックになり、

経年変化で黄色くくすんでしまう。
車検を通すのも苦労するくらい光量が落ちてしまうので、
いっそ新しい綺麗なヘッドライトと交換する事にした。

 

 

上が取り寄せた綺麗な中古品。

まあ歴然と違うよね。
これで光量復活なるか、という小さな賭け。

 

 

なんでこの車にそんなにこだわっているのかと言うと、

この車の形式番号、RH1なんだよね。
僕の頭文字。何かの偶然にしてもさ、シビレるでしょ?
ベンチシートもハンドブレーキの位置も、
以前作り上げて乗っていたステップバンそのもので、

もしかしたらHONDAの開発の人がCarShowを見て回っているという噂は本当で、

どこかで僕の車を見たんじゃないかなっていうくらいそっくりなんだよ。

初めて新車で買った車でもあるし、愛着は誰にも伝わらないくらい深いの。

 

まぁヘッドライトの交換だろ?くらい気軽に取りかかったものの、

実際はバンパーを外したりしないと取り外せない事が判明した辺りから、
あらまこれって意外に大変な事始めちゃったのかしら?的な気持ちになってくる。

 

 

 

それでもなんとか交換完了。

二気筒のエンジンくらいなら組めるくらいの経験はあるけど、
外装関係で、しかも初めてやる工事はやっぱり手こずるもんだよね。

 

 

 

これは随分前から折れて外れかけていた助手席側のインナーハンドルと、

接点不良で開くには開くけど閉まらなくなっていた窓の開閉スイッチ。

一気に交換です。これはそんなに手間はかからなかったかな。

 

 

 

いまや中古で状態の良い部品を探さなければ手に入らない我が愛車。

もう旧車の部類に入って来てしまったんだね。

 

 

 

このくにゃくにゃしていたハンドルを新しいのに付け替える。

でも外れてしまう原因はドアの鉄板側にあるので
付け替える前にだいぶ板金作業が必要でした。
しばらくは大丈夫だと思うんだけど、でも気を付けて閉めてね?(To いっとさん)

 

 

下のカセットデッキはだいぶ前から照明が切れていて、

上のCDプレーヤーは最近ディスクを飲み込んだままになっていた。
どちらも古い機種なので心配したけれど、
無事に修理先が見つかったので外して発送したわけです。

 

 

 

その間、何も無いフロントパネル。

特に不自由はなかったけれど、
ハザードのリレーを外してしまうとウインカーまで止まってしまうとは。
原因に気が付くまで今時見ても分からないような手信号で交差点、曲がっていましたね。

 

 

ふと思い立って物置を見に行ったら、
出て来たのは新品未使用のナカミチのカセットデッキ。

 

 

 

せっかくだから試してみようと思い、
十日間くらい車に載せてみました。

ピカピカで格好良かったけれど、今までのが帰って来るまでのこと。
このTD-35Zは欲しい方の元へと嫁いで行きました。

 

復活した二台のデッキ。

やはり見慣れた光景と聞き慣れた音には敵わない。
いまはスピーカーも変えてご機嫌な音で旅をしています。

 

 

 

これは何年か前に興味本位でLFD化してみたメーターパネルのライト。

はっきり言って失敗だった。暗くてなにも読めない。
特にトリップメーターは懐中電灯で照らさなきゃ読めないくらいだった。

 

 

それも元々の普通の電球を新たに購入して交換。

だいぶ見易くなりました。安心安心。
これでまたしばらくは気兼ねなく旅が続けられます。
この秋もツアー満載。
ここをチェックして是非会いに来て下さい。
明日は地元でチョー楽しみな組み合わせです。
09/29(fri)
会場 --- 「Bay134」
       神奈川県藤沢市辻堂 2-3-9-2F  0466-65-3585
時間 --- Open 18:00 Start 19:00
料金 --- ¥2,500+order
出演 --- 濱中祐司×端山龍麿
これはね、見てもらわないと分からない世界。
弾き倒しに行きますから(笑)
今日も読んでくれてありがとう。
本当に感謝しています。

うち→'32 デュース←くろねこ

え〜、あっという間に一夜明けてしまいました。
昨日は大変お疲れ様でしたので帰宅してすぐ気絶(笑)
ドカンと疲れたわけじゃないんですが、
寝不足、早起き、移動、現場、移動、現場、、、
これらの行程でじわりじわりとやられたようで、
一同まんべんなく疲労感が漂った帰り道でございました。





ところで、
以前お伝えした近所のクロネコヤマト。
そうです。
半額でメール便を預かってくれた奇跡のくろねこです。
その後三回荷物を出しに行ったんですが、
どうやら、やっぱり、安い(笑)
助かります。
とんでもなく、助かっています。



で、また発送のためにそのクロネコへてこてこ歩いて行ったところ、
うちとクロネコの間にある中古車屋さんの店頭に、













こ、これは!
32年型のフォード、ファイブウィンドウ!
いわゆるデュースクーペぢゃないですかぁぁああ!!!



???
何故、こんな所に?


???
売ってんのか?


???
い、幾らだろ?コレ(笑)




なんか久し振りに車を見てワクワクしたのでした、ハハハ。

お客さん、錆びだらけ

お客さんというよりも、入院患者と言った方が適切な表現。





これまた十年以上前に貰った古いBMXなんですが、
海沿いの家に養子に出していたら二年で大変な状態に.....






ブレーキ動かないし、









サビと砂とでチェーンも全く動かんし、









何がどうなってんのかレバーも動かんし、








ワイヤー換えようとしたら、ネジ折れるし









動く部分はハンドルとスタンドだけという、
今回ばかりはちょっと無理かなぁと思うような状況。
でもコレを頂いて来たいきさつにも色々ありまして、
思い入れだけはたっぷりな一台なわけですよ。
とにかく走るようにだけはしてみようと、頑張った。
予算は¥7,000.
チェーン、ワイヤー、レバーその他諸々でスレスレの線です。
でもね、やってみるもんですね。
走るようになったの、コレ。
しかもちょっとお洒落な赤いチェーンとかつけてみたりして。







こんな感じで仕上がりました。
新しい部品は、







またしばらくは海岸線を元気に走ることでしょう。
簡単には捨てたくない。
だから油まみれになって直してみる。
あぁ多分この先一生こんなことやってくんだろなぁ。
でも復活して良かった良かった。



人から貰ったもの、
そこに含まれる気持ち、
大切にしようね。

コンタ写真館

実はコンタが撮ってくれた写真はまだまだいっぱいあって
あまりにもったいないからこの場を借りて後悔したいと思います。




ちがうって、公開だって。
ほんとにMacの変換ときたら......





タイトル
「かっちょいいじゃん」








タイトル
「トロまん&にじいろさかな号」








タイトル
「刃物屋のおばあちゃん2」







タイトル
「実はすぐ逃げていたネコ」

マグロのち、あくまでタコ




まったく不愉快な話しなのですが、
今日バイクに乗ろうと思い外に出たら、ハンドルの所にこんなものが挟んであった。
なにが不愉快なのかというと、
すぐそばに置いてある隣人のピカピカスクーターには挟まってないのである。
つまり、不要なバイクと見なされているのではないか、と。



乗ってるんです。
まだまだ現役です。
そうは見えんけど。
昨日、そんなバイクで三崎まで走ってきました。
というのもAcousticCamp創成期からの旧友コンタが中型免許を取得、
そして新車でバイクを購入という大決断を果たし、
その記念的意味も含めての二人ツーリングをしようという企画。







しかし、新車と並ぶと確かにスクラップにしか見えない(笑)
15年以上前に自分で色を塗り自分で組み立てたHONDAですが、
さすがにヤレて来ています。おまけに錆びて来ています。
去年キャブを交換したおかげで何とか走ってはいますが、
チラシを挟んだヤツの気持ちも判らなくはない。
おまけにコンタさん、上から下まで新品のバイカーズスタイル。
俺、普段着。
自分に流れた月日を、嫌がおうにも感じます(泣)





なにはともあれ三崎と言えば、マグロでしょ。
もちろん、喰いました。







でも、今の俺はどうしてもどうしても「タコ」なのです。
海全体が、タコ釣り場にしか見えないこの頃なのです。
単語として無視出来ない存在になってしまったタコ。









佐島のタコ。
夢の一品。
どりーむおくとぱす。








バイクってのは走っているとまた一種独特な空気感でして、
ツーリングとは言っても常に単位は一人なわけです。
夕べのライブで試してみた色々なことを思い返したり、
どうしてお客さんがたくさん入ると気持ちが守ってしまう俺なのかと
必要以上にアクセルを開けてみたりしたり。
車での移動以上にパーソナルな雰囲気なのでした。
もっと周りの自然とかを感じながら走れる日もあるんだけど、
色々な思いが浮かんでは消え、
色々な景色が現れては消え、
そういう意味ではちょうど良い距離でしたね、三崎。





堤防にバイクを停めてネコをからかったり








散歩に来ていた刃物屋のおばあちゃんと話し込んだり









いつもとは違うタイム感での移動は
それだけで自分の中の何かを緩めてくれる。



良い時間、でした。




また行きます、三崎。
また喰います、マグロ。
見てろよ、タコ。
写真撮ってね、コンタ。

物欲、そして男の性(さが)、なのか?

以前、チョロQの製造メーカー「タカラ」がHP上で、
あなたがチョロQにしてみたい車は?みたいなアンケートをやっていました。
そこで一位になった車種をタカラが実際に製作、販売するという企画でした。
コレを聞きつけた我らがStep Van Owners Club「LOVE STEP」のメンバーは、
それぞれにサイトを訪れ、是非Step Vanを作ってくれ!と票を投じ続けたのです。
でその結果、
Step Vanは見事ダントツの一位を獲得!
メンバーのみんなはStep VanのチョロQが本当に発売されるその日を、
ずっとずっと心待ちにしていたわけでございます、ハイ。




そして、ついに、とうとう、
セブンイレブン限定のちびっこチョロQの中にHonda Life Step Vanがラインナップ、
3/25に全国的に発売されたのでした。拍手やったぁ〜、拍手やったぁ〜!




俺は今、もうこの車には乗っていないんですが、
このStep Vanという車がもたらした数々の出会いは、
今の俺にとってはなくてはならない人間関係となり、
未だにみんなで集まったり遊んだりしているわけです。
そんな事もあって今でもすご〜く愛着のある車なんですね、Step Van。
というわけで発売日以降、このStep VanチョロQをゲットするため(表現、古.....)
行く先々の街でセブンイレブンを見つけては一喜一憂を繰り返していたのです。









大体全国発売とは言っても、入荷すらしていないお店も少なくなく、
まずはこの商品を置いてある店舗に巡り会わない事には話しが始まりません。
藤沢、鎌倉、茅ヶ崎、横浜、東京、かなりの数のセブンイレブンを訪ね歩きました。
とはいっても見つけた全てのセブンイレブンに寄れたわけではないのです。
見境を失いそうな自分に対するシバりとして、一つのルールが設定されたためです。
それは「反対車線にあるセブンイレブンは、見つけても立ち寄り禁止!」というもの。
要するに進行方向左側に存在するセブンイレブン以外は寄れないわけです。
際限なくエスカレートして行くであろう物欲をたしなめるべく、
このルールにのっとりながらセブンイレブンを巡りました。
もはや苦行にも近い面持ちでいながら、探しているのはチョロQというこの絶妙なバランス。
おそらくは全国各所でこの数日間、同様にちびっ子チョロQを探して街を彷徨っていた
孤高のセブンイレブンツアラーがいたのではないでしょうか?
いや、いたと信じたい。信じていたい....

 みんな、お疲れ様です、頑張ってますか?
 目当ての車は手に入りましたか?







なにやら話しの流れがだんだん哀愁方面へ傾きそうな雰囲気ですが、さてさてお待ちかね。
じゃじゃ〜ん!
コレがね、先日やっと二色揃った実物のチョロQのStep Vanです。


チョロQ



ギャハハハハハ、かわゆいかわゆい、それに良く出来てる!
Step Van チョロQは白とオレンジの二色作られたのですが、このオレンジは曰く付きらしい。
どうやらこのオレンジ、「ミニカーの帝王」と呼ばれているS氏から(氏のStep Vanはこのオレンジ色)、
迷惑メールにも近い勢いでメーカーに送られたという「オレンジの作って!」リクエストに
とうとうタカラが根負けして作ってしまったらしいという、噂(笑)
スゴい話しです。情熱と言おうか執念と呼ぼうか。スゴいです、スゴすぎます。




店頭では中身が見えない箱の状態で売れているので、
目当てのStep Van以外の車種が出てしまうこともあります。
でも、そんな他車の中にはこんなに可愛いのもありました。



コレはホンダ T360&マツダ T2000。


チョロQ


これも良く出来てるんですねぇ。
T360の荷台にはあのモトコンポが積んであったりして、
ホンダマニアにはたまらない設定で作られています。

チョロQ




これはマツダ K360。

チョロQ

一台は幌付き仕様、もう一台はロングボードを荷台に積んでますね。
細かい所までホントによく作ってあると思います。
だってね、相当ちっちゃいんだよ?コレ。
アップの画像だけだと分かり辛いので
手の上にのっけて少し離れて撮ってみましょう。


チョロQと手

ね?小さいよねぇ。
こういう小さいくせに精密に出来てるモノにね、
幾つになっても弱かったりするのです、男は。
ハハハハハ。
まぁなんにしても、
ホントかっわいいなぁ、コイツら。

見つかりました〜〜っ!

先日ここで捜索願いを載せたPeckerさんの車が、
先ほど東大阪の路上で発見されました。
フロントガラスが割られてはいるものの、
車体は無事に戻ってきそうです。


色んな場所でこの記事を転載して協力してくれた皆さん、
本当にありがとうございました。
これで全て解決ではないですが、
とにかく車は戻ってきそうです。
良かったね、良かった良かった


追伸_詳しい様子はこちらから

全国的な盗難車捜索願い!



これは長年の友人でイベント企画の師匠ともいうべき
大阪のPeckerさんの愛車HONDA Life StepVan Pickupです。
この車がガレージから盗まれてしまいました
大阪府平野区にあるガレージのシャッターの鍵をこじ開け、
多分積車を用意して持ち去ったのではないかと思われます。
以下はこの車の主な情報です。
===================================
車 名 ホンダライフ・ピックアップ(写真参照)
カラー オレンジパールメタリック(写真参照)
プレートNo, なにわ 66 あ ・・36
車台番号 PA-100000109
===================================




そもそも俺はこのStepVanをきっかけにしてP氏と知り合い、
かれこれ20年以上もお付き合いさせてもらってるのですが、
この車はもう現存100台を切っているであろう超稀少車。
おまけにかなりの部分オリジナルのカスタマイズがされており、
このまま転売するのはほとんど不可能らしく、
もしかするとパーツをバラバラにしてヤフオクに出たりする可能性もあります。
この車に関する情報を全国指名手配致します。
なにか見かけたり気付いたりした方はこちらからメールでお知らせ下さい。




彼が26年間大切に付き合って来た大事な大事な愛車です。
なんとか無事に戻って来て欲しいと思っています。
ここぞインターネットが力を発揮する場面です。
みなさんの御協力をお願いします。お願いします。




さて、明日はDaisy's Cafeでカウントダウンライブ。
2008年が始まる瞬間を一緒に祝いましょう!

| 1/1PAGES |

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


10/27 岡山県岡山市 龍麿3
10/28 大阪市寺田町 龍麿3
10/29 兵庫県洲本市 龍麿3
11/11 神奈川県辻堂 龍麿1
11/12 神奈川県大船 RISM
11/17 福岡県糟屋郡 龍麿1
11/18 福岡県福岡市 龍麿1
11/19 福岡県博多市 龍麿1
11/21 佐賀県唐津市 龍麿1
11/22 大分県大分市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 宮崎県日向市 龍麿1
11/25 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/26 宮崎県日向市 龍麿1
11/28 山口県下関市 龍麿1
11/29 大分県中津市 龍麿1
11/30 北九州市小倉 龍麿1
12/01 大分県大分市 龍麿1
12/02 大分県佐伯市 龍麿1
12/03 佐賀県唐津市 龍麿1
12/09 神奈川平塚市 龍麿3
12/10 静岡県清水市 龍麿3

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM