元気が出る!

夕べは地元も地元、
鵠沼海岸の商店街でとある打ち合わせ。



こんな、ジップロックを掴む生ハムの目の前で、
結構な時間まで話し込んでおりました。
実際、ライブに関する打ち合わせというのは、
詳細が見えてしまえばほとんど終わってしまった様なものですが、
その後、延々と語り続けたのは、
ただ単に温度を確かめたかったからだと思われ、
(小田ケンさん、豊吉さん、巻き込まれた省吾くん、ありがとうございました)
なんかそんなことに付き合って頂いて本当に嬉しかったなぁ。
でもこんなやりとりのひとつひとつが自分を元気にしてくれるような、
そんな気がするんです。
良いライブにしたいです、2/28@辻堂の辻庵。


朝になってから夕べのことを思い出すと、
本当に申し訳なかったなぁとしみじみ。
完全にまだ酔っぱらった状態で電車に乗って原宿まで行きました。
この日最終日を迎える我らが安斎肇画伯の個展にお邪魔するためです。

で、会場に着いたら、
そこには夕べのメンバーが(笑)

(小田ケンさん、豊吉さん、重ね重ねありがとうございました)


さすがに平日なこともあり、
ゆっくりとゆっくりと作品を見させて頂いていると、



安斎さんと奥様の香代子さんが会場に!
まさかお会い出来ると思っていなかったので嬉しかったなぁ。
今回展示されていたのは黒板にチョークで書かれたキャラクター達。
以前の安斎博覧会で画伯が書かれたちゃんとした絵(安斎さん、すいませんです)
を見る機会があったのですが、当たり前だけどメチャクチャ絵が上手いわけですよ。
本来それだけの技術を持った人が、遊びだしたらそりゃ敵わないです。
とことんユルっぽく表現されたその中に、
もの凄くパワーを感じる瞬間があったりして、
作品を見て元気になった僕なのでした。

「これねこれね、サインは消えないようになってるんだけど、
 絵はね、消えちゃうんですよねぇ」

迂闊に触れないじゃないですか(笑)

ひとつひとつがパワーを持っていて、
こういう作品は部屋に飾られると「絵画」というよりも、
照明器具のような雰囲気で暮らしを照らすんじゃないかなぁ。
なにしろ大きな作品も写真の後ろに飾られているものも、
ほぼ完売。すごいです。でも購入された方の気持ち、すごく分かる。
安斎さん、香代子さん、ありがとうございました。
ホントに元気になりました(ただ酒が抜けただけじゃないか、なんて言わないように)

ま、元気になるとお腹がすきます。

ワイキキでお世話になったカズさんのお友達のお店が
原宿にあるというので訪ねてみることに。



なんでも有名なパンケーキ屋さんみたい。




でもエッグベネディクトも美味しくって、





更にやっぱりパンケーキまで頂いてしまいました。
旨かったなぁ、パンケーキ。
久しぶりにプロの焼いたの、食べた。


近々のライブは横浜元町のEarthly Paradiseなのですが、
明日はちょっと浜松までトリオで唄いに行って来ます。
なのでもう寝ておかないといけないんだ、ホントは。
ツアーで酷使されて肩ひもは切れるわヘッドの部分は折れるわ、
重傷だったギターケースも分解修理を施し完成。
明日は一年振りにお会い出来る皆さんが待つ会場へ元気に向かいます。
一応クローズドのパーティーなので、
どんなだったか帰ったらまた報告しますね。
今日も来てくれてありがとうございます。
また書きます。

久しぶり、画伯!


名作、アリジゴム!

原宿で、自分に会ってきた

最近、東京に慣れたつもりの自分を過信していました。
土曜日の原宿、それも竹下通り界隈なんてね、そりゃもうカオスの中心です。
街全体が浜松町の改札みたいな人の波なわけですよ。
しかしこの街のどこかに、かとくみが描いた俺が居る。
会わなければ、会わなければ、原画に会わなければ。
が、車で二周半走って、やっと車を停めて、更に歩いて散策してもお店が見つからない。
やはり俺には東京は無理なのだろうか....
結局ツアー先と同じ作戦に出る事にして番地だけを頼りにお店探し(笑)



で、散々迷った挙げ句にとうとう辿り着いたペーターさんのギャラリー、
店内は絵描き界の人達とお客さんとで盛り上がっている最中でした。
そう、オープニングパーティーの真っ最中。
その一階の一番奥寄りの壁に飾られていました、俺。








作者かとくみの許可を得て堂々の掲載です!
くわぁ〜〜、かっこえぇ。かっこえぇやんかぁ〜〜。
なんか、ミュージシャンみたいっ!
よしっ、おまけにアップで行きましょう!







「実物よりも、良いんじゃない?」
なんて声が聞こえてきますが.....誰ですか?やかましいですよ?



さらにおまけに、
二曲唄っちゃいました。
この絵の前で(笑)
生で作品を再現です。


しかも二曲目には会場に居たトランぺッター水野さんがソロで参加!
いやはや楽しい時間をありがとうございました、水野さん。
会場の皆さんも突然お邪魔してしまい本当に失礼しました。
そしてなによりもかとくみ!ありがとう!感動でした!
今回は開催日程が短いので原画に会いたい方はお急ぎ下さい、原宿へ(笑)



さて明けて日曜日は横浜&藤沢のダブルヘッダーです。
入りが早いのでメンバー一同早起きして頑張ります。
ではでは。

画伯、再登場!

ビールサーバー





これはビール、サーバーです。







ビールサバ





これがビールサバ。

やっと聞きました!

遅ればせながらEaglesの新譜、「LONG ROAD OUT OF EDEN」を聞いております。

eagles

昨日たまたま整理していた8mmビデオの中に、
West Coast 同好会のライブが出て来てニカニカしながら見ていたのですが、
まぁそっちもそっちでスゴかった。狂乱の横浜ThumbsUp、もう何年前になるんだろか?
ご存知ではないと思いますが、この「West Coast 同好会」と言うバンド、
EaglesやDoobieBrothersBandの完全コピーに挑んだバンドでして、
六人のメンバーが持ち帰る楽器の多さは運ぶのにすんげえ苦労した思い出があります。
メンバー全員が唄えるので各曲のコーラスもそれはそれは気持ちよかった。
夕べはそんなビデオを見ながらちょっとレイドバックしていました。


で、今日は本家のNew Album。
二枚組の一時間半にも及ぶ大作なのですが、なにしろギターの音が良い。
曲ごとに変わるギターの種類を想像しているだけであっという間に二枚聞いちゃいました。
こういう思い入れのありすぎるバンドについてあーだこーだ言うのは気が引けますが、
バンドっぽい曲あり、メンバーのソロっぽいアレンジありで俺自身は大堪能。
すっかりギター小僧に戻ってしまい、聞きながら一緒になって弾いてみたりしてね。


自分たちのレコード会社を作ったのか、見た事もないレーベルから発売されたこのアルバム、
出るまで大変だったんだろうなぁ、メンバーが一人抜けた時にも裁判になってたりしたもんなぁ、
なんて風な曲とは関係ない色んな思いがちらほらしたりして。
きっと古いファンの人達はこんな風に聞きながら色々なこと思ったりするんだろうな。
とにかくね、音の雰囲気なんかすごく好きですね、俺は。
特に二枚目の「Center Of The Universe」なんかは大好きな感じです。
もし機会があったら聞いてみて下さい。
少なくとも、バンド名が持つ程の古臭さは、感じないと思います。




あ、そうだ。
忘れるとこだった。
画伯龍麿、最後の作品です。
グーグーガンモ、発表します。



もはや奇怪な動物になってしまっている.....

名誉挽回

昨日のカワセミの絵が
いきつくところハエにまで発展してしまったので
画伯龍麿としては非常に不本意なものを感じまして、
改めてここにキョロちゃんを書いて
カワセミとの圧倒的な違いを明確にしておきたいと強く強く思います。


それでは



頑張って書いた



キョロちゃんの



あぁ、どうしようかなぁ



えぇい、発表します。



これが、多分キョロちゃんです。


ある日の金魚事件〜そしてカワセミ

今の家に引っ越してきたのは今年の春。
家の目の前にはなんてことない小川が流れていて、
それはお世辞にも綺麗な川ではなく、
一般的にはドブと呼ばれても仕方がない位の細い川でして。




誰に言っても信じてくれないのですが、
引っ越して間もない頃、つまり夏のちょっと前くらいだったと思うんだけど、
この川に一匹の赤い金魚が泳いでいたのです。
この橋の下には他の山からの流れ込みがあり、
その部分は他のところよりも水深が深くなっていて、
その少し深くなったところを金魚が右往左往しているのを見つけました。


いや、ホントに居たんだって。マジで。そう、金魚だってば。


この川には意外に多くの種類の鳥が遊びに来ているようで、
セキレイや雀、鴨やシラサギなんかを良く見かけます。
次の日にはその金魚の姿は見つからなかったので
そんな鳥達の誰かに食べられてしまったのかもしれないです。
でもそれ以来ここを通る度に川の中を熱心に覗きこむ癖がついてしまい、
それは世間から見れば何もないドブ川を見つめる変な人という構図にも当てはまり、
近所の親子連れが通り過ぎる時などは一瞬の鋭い視線と微妙な空気感が
ふと背中をよぎったりもするのですが、まぁ仕方ない。



いやね、、実はですね、以前ここに金魚がね....



そんな事いちいち言えますか。
友達だって信じないのに。


まぁそんな訳で今日も川を眺めていたんですが、
足下の橋の下から物凄い勢いで水面スレスレに飛んで行く小さな青い鳥を発見。
カワセミです。
大体こんな感じの鳥かと思われます。



水が綺麗でエサが豊富な川にしかいないと思っていた鳥が、
家の目の前を飛び回っていたなんてちょっと驚き。
と言う事は、この川の状況も案外捨てたもんじゃないんじゃないか、と。
よく見れば思ったより水は綺麗だし、ザリガニなんかも歩いているし。


そんなこんなでまた川を眺める口実が増えたわけですが、
それは今度金魚を見つけたら絶対写真に撮ってやる、
という思いが与えてくれたマクロの視界だったりするのです。
そうです、心の底で今でも俺はあの日の金魚を探しているのです。

| 1/1PAGES |

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


07/05 広島県広島市 龍麿1
07/06 岡山県岡山市 龍麿1
07/07 大阪市寺田町 龍麿1
07/08 大阪市阿倍野 龍麿1
07/09 京都市中京区 龍麿1
07/16 静岡県焼津市 龍麿1
07/17 神奈川県辻堂 龍麿1
07/28 神奈川県寒川 龍麿1
08/02 神奈川県横浜 龍麿1
08/06 神奈川県大船 龍麿1
08/09 神奈川県藤沢 龍麿1
08/17 神奈川県大船 龍麿1
08/24 山口県下関市 龍麿1
08/26 福岡県博多市 龍麿1
08/27 福岡県博多市 龍麿1
08/28 佐賀県唐津市 龍麿1
09/03 神奈川県藤沢 龍麿3
09/09 AcousticCamp 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM