凄いモノを二日間、見てしまった。

イベントにさ、呼んでもらえるってね、
本当に嬉しいんだよ?
しかも、18の時からお世話になっていたお店の二代目、
片山君が呼んでくれた。
僕の中では本当にスペクタクルな出来事だった。
茅ヶ崎ジャンボリー。
素敵な素敵な一日をありがとう。


僕は自分でもイベントを主催したりしてるからさ、
ここからはそんな目線での話をするね。


あれだけの規模、あれだけの音響、あれだけの動員。
正直さ、片山君、デカくなったなぁって、参った。
凄いことを演ってるんだよ。
あのね、あそこまでの下準備とか、
行政との打ち合わせの日々とか、
彼は決して見せないけれど、
途方も無い時間がかかっている事だって位は、
容易に想像できるのね。
凄いなぁ、って。
僕に出来るかなぁ?って置き換えたら、
更に、凄いなぁって。
こう言うの、嬉しいの。
自分も、もっとイケるかなって、頑張れるんだよ。
僕にはあんな大きな規模のイベントを組む力はないけれど、
今年その一コマとして一緒に参加できたことが本当に嬉しい。
多分さ、会場で聴いている人の中には片山君のことをさ、
カケラも知らない人だって居たんだと思うんだよ。
そんな人まで楽しませるイベントを演ってるんだ、彼は。


僕にとっては片山誠史に惚れ直す、
そんな一日だった、そんなイベントだった。
ありがとう、片山君。
付き合いが続く意味、思い知らされました。
ステージコーチでもいいタイミングで演らせて下さい。
本当に呼んでくれてありがとう。

 

でね、翌日、鴨宮へ出かけたんですね。
お世話になっているGeorge’s Cafeの15周年のパーティー。
これがまた想像を凌駕するとてつもない大イベントだった。
鴨宮、もっと言ったら小田原の、おそらくお店にお世話になった人達、
ミュージシャンの皆さんが大集合して居た。
お店にお世話になっている旅の歌唄いも、もちろん。
そして会場は文化財にもなっている「岩瀬邸」と言う人ん家。
ここからはまた主催者目線で書きますが、
このイベントの成り立ちの由来がもう分からないわけ(笑)
岩瀬邸の中には焼き鳥屋お好み串やたこ焼きやラーメン(ラーメン!)
の出店が沢山の人の胃袋を満たしている。
これがね、もう出店レベルじゃないんだよ。
本気なの、プライドを感じるくらいの、本気。
特にラーメンなんて凄かった。
イベント出店でこの味だったら、店で食ったらどれくらいなんだ?
くらいのフードを提供してくれて居たんだよ。


僕はもうレッキとしたお客さんとしてチャージ(5,000.飲み放題)
を払って鴨宮の知り合いと和気藹々と過ごそうと思って行ったんだけど、
たまたま時間が空いた瞬間に「ねぇ歌ってよ?」って。
歌わせてもらったのが一番嬉しかったのね。
だって、それ以上のお祝いはさ、出来ないもの。


今年のAcousticCampはこの界隈の人達が協力してくれなかったら、
開催すら不可能だったって思っているの。
そんな人たちの前で、ジョージさんの前で、
歌わせてもらったことは偶然にせよ本当に嬉しかったです。
呼び込んでくれてありがとう。
感謝しているのは僕の方です。
やっと生で聴けた石井明夫さん、鎌倉研さん、中街ヨミちゃん、
そして中川五郎さんとエージさん。
素敵な出逢いになりました。
この一つをとっても貴重な財産。
ありがとう、本当にありがとう。


更にね、打ち上げの会場でトナカイ小島が僕に言ったのは、
「今日ね、告知ゼロなんですよ?」
???
だってさ、会場には200人近い人が来てるんだよ?
告知していないって、なんだよ?
じゃぁ、僕が見たあの光景は、
純粋にリアルな繋がりで成り立ってたのか?、と。


凄いモノを、見てしまった。
その温度の高さにノックダウンだった。
ジーズキャフェは15年でも、
ジョージさんが続けて来た45年の歴史が、
そこに凝縮されていたんだ。

そして誰もが口にしていたキーワード、聞きたい?

それはね、

「赦す」

深いねぇ、見習いたい、ね。

 


AcousticCampもまだ22年。
もっと、イケるよね?って。
ケツを叩かれた気分。
チョー気持ちいい、気分。


その会場で頑張っていた飲み仲間、
本多くんの司会者っぷりとか、
アタル君のオペっぷりとか、
サトシのカメラっぷりとか、 ヒーサの裏方っぷりとか、
岩ちゃんのエンジニアぷりっとか、
鴨宮中のお店のマスターが作ってくれたカウンターとか、
裏方で誰かを喜ばすために動いた人の数が半端じゃない。
僕の知らないところでも沢山人が動いているはずだし、
言ったらたかが一軒のお店の周年に、
こんな沢山の人が気持ちで動いていたのかと思うと、
ジョージさんの今までを、ちょっとだけ垣間見た気持ち。


あぁ、人って凄いなぁ。
もっと誰かを信じて生きて行きたいなぁ。
そんな風に思い知らせてくれた二日間。
幸せだよ、僕は。
この感謝を、歌で返すよ。
でもここで言える精一杯ね、
「ありがとう」

 

 

 

 

 

茅ヶ崎ジャンボリーの会場、里山公園はいい感じの晴れ間模様。

会場入りした時は規模のデカさにちょっとビビりました。

 

 

 

お馴染みのお客様が早速10周年のタオルを。

ありがたいっす。

恵子さん、エマさん、ありがとうね。

 

 

 

旧知のポールさんまで現れた(笑)

本番直前なのにステージを降りて永井君に撮ってもらいました。

 

 

 

ファミリーアフェアな一枚。

思えば同級生の浜野と一緒の現場って、すごく珍しい。

浜野息子のトラもレンもいい顔してるよね。

 

 

 

借り物のハットでカントリースマイル。

永井君、いい仕事してます(笑)

 

 

 

お客さんが撮ってくれないと演奏中の写真、無いの(笑)

ありがとう、撮ってくれて。

 

 

 

あんまり自分だけをアップすることは無いんだけど、

あんまり良い写真だったからね。

永井君、ありがと。

 

 

 

これは鴨宮の写真だ。

全ての演奏が終わって、何が始まるのか?

裏口からお神輿が入って来てね、

 

 

 

そのお神輿の上には、ジョージさん(笑)

 

 

 

みんなに「ありがとう」って。

なんだろうね、こういう世代の人が、

きっちり周りを温めている。

熟成された街の人間関係。

見習いたいよね。

 

 

 

最後は店主の挨拶で幕を閉じたこのイベント。

でも、二次会も相当なものだったことを付け加えます。

ありがとうジョージさん。

おめでとう染谷君。

これからもお世話になります、

よろしくお願いします。

 

 

 

 

さて、10th Anniversary Special。

横浜サムズアップで実質の「R4S」

これはもう心から聞きに来て頂きたい一本です。

お店に直接電話して予約してください、

僕の方にメールで頂くよりも早いです、

045-314-8705 横浜ThumbsUpまで。

よろしくお願いします。

今日も読んでくれてありがとう。
10/4、大船ハニービーでR1が追加になりました
詳細分かり次第アップします。
月が綺麗な夜だった。
またね!

スポンサーサイト

  • 2018.10.18 Thursday
  • -
  • 03:33
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


10/19 大阪市美章園 龍麿1
10/20 大阪市我孫子 龍麿1
10/20 大阪市松原市 龍麿1
10/28 山形県酒田市 龍麿1
11/06 神奈川県大船 龍麿1
11/08 神奈川県大船 龍麿1
11/10 神奈川湘南台 龍麿1
11/11 神奈川県大船 龍麿5
11/17 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/18 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/19 宮崎県宮崎市 龍麿1
11/21 宮崎県日向市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 佐賀県有田市 龍麿1
11/25 福岡県福岡市 龍麿1
11/27 大分県中津市 龍麿1
11/28 山口県下関市 龍麿1
11/29 福岡県北九州 龍麿1
11/30 福岡県福岡市 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM