10th Anniversary Special Live、ありがとう皆さん!

あの、ステージからの光景が、とても懐かしく感じたThumbsUp横浜。

ちょうど20年前かな、WestCoast同好会ってバンドでしょっちゅう演ってたのは。
その後もちょくちょく演らせて頂いてはいたんだけれど、
当時とは世相も変わりシステムも変わりお客さんも変わり、
僕の中では特別な場所になっていたThumbsUpなのね。
バンドは前日のリハーサルからもう音を出すのが楽しくて楽しくて、
こりゃホントに面白いことになりそうだって予感満載だったし、
その挙句遠足の前の子供状態でろくに眠れなかったりもしたんだけど、
まぁそれくらい僕は楽しみにしていた佐野さんとの組み合わせ。


丁度いいくらいに埋まった客席の、
スカスカじゃなく、かと言ってギチギチでもなく、
本当にいい具合に埋まった客席の皆さんが素晴らしかった。
何しろこの横浜って状況はホームでありアウェイでもあると思ってて。
いつもみたいにこちらからその街へお邪魔するスタンスでもなく、
かと言って近所だからとか、知り合いだからとかが、
ほとんど通用しない立地、そんな位置付けなんだよね、サムズ。
何かを試されて、何かをひとつ乗り越える、
そんな心構えでいないといろんなことが上手くいかないの。
だから色んなやり繰りの末あの場に集まってくれたみんなの、
純粋に音楽を楽しみにして来てくれた会場の雰囲気が、
まずとても心地良かったんです。
こちらも真っ直ぐに音楽に向かえる空気を作ってくれた。
ありがとうございました。


始まってからはずっとあの四人での音の会話、
楽しんでいるうちにあっという間のエンディング。
ホント、あっという間でした。
全部で20曲、演ったんだよ。
気の弱い武道館くらいのセットリストだったのに、
演ってみたらあっという間だったよね、あっという間。


例えば10年以上前から応援してくれている人が、
その歌が流れた季節に戻った景色が見えるような。
例えばここ最近聴き始めてくれた人が、
その歌が出来た頃を想像出来るような。
集大成としてはそんなことを願ってセットを組んでみました。
そんな曲たちをここから先どう演って表現して行くのか?
それはあの四人での絶妙なバランスと、
なにをどうしても転ぶ事の無い、いや、
万が一転んだとしてもそれを恐れる必要のない演奏と、
そんな力強さで未来を感じてもらえたら本当に嬉しいな、と。

 

何よりも終わった後に社長の佐布さんと店長の小山くんが、

「みんな楽しんでましたね?」って喜んでくれたのが嬉しかった。

演るお店の人が喜んでくれるのは必要条件。

そうでないところでは演る意味が半減しちゃうし、

それはお客さんにもダイレクトに伝わっちゃうからね。

お客さんが良い顔して帰るライブ。

それが僕の仕事であり、一生をかけたライフワーク。

そこに邪魔なものは、こちらから取り除いて行く。

これが、僕の姿勢。ブレない、姿勢。


新しいアルバムを録る段取りとか、
考えるともうワクワクしかしない。
楽しみにしていてね、良いヤツ作るから。
ちなみにあの日の会場、あのカルメン・マキさんが遊びに来てくれてまして、
というのも来月ユカリさんと一緒に演るらしいんだよね。
カウンターのところで踊ってるシルエットが嬉しかったです。
おまけに遊びに来たジェイク・シマブクロさんまで、
アルバムを買って行ってくれたらしい、嬉しいです。


とにかくスペシャルはおかげさまで大成功。
みんなの力、お借りしました。ありがとう。
これから先も楽しみにしてくれたらホント嬉しいです。
今周りにいてくれる人たち、すんごいからね。
どんどん進化してくから、ついて来てね!

 

 

photo by H.Nagai

序盤はファーストからの曲を中心に。

客席のそれぞれの思い出と共に。

 

 

photo by H.Nagai

佐野さん、ホントに素敵な音だった。

彩りというに相応しい景色。

 

 

photo by H.Nagai

ユカリさんにはもうドップリ甘えてます。

ズレたり噛み合ったり、そのやり取りすら愛おしい。

 

 

photo by H.Nagai

イットさんは多分物凄く歌って来てくれたんだよね、コーラス。

それでも合ったり合わなかったりがね、堪らない。楽しいの。

 

 

photo by A.Tadima

まだアルバムに入ってない曲なのに覚えてくれてるんだろうか。

未発表にも関わらず境目なく盛り上がって行く客席。ありがとう。

 

 

photo by A.Tadima

いつものギリギリ攻める感じよりも、

ゆったりと歌えたのはこの客席のみんなのおかげです。

 

 

photo by A.Tadima

なんちゅう顔してるのかと思うけど、

演ってる方がニマニマしちゃうライブだったんだよ。

 

 

photo by A.Tadima

ユカリさんへのサインはこの角度で十分。

まぁ甘えてますけどね、僕が。

 

 

photo by A.Tadima

佐野さんがドライヤー買いに行った話は楽屋でも盛り上がって、

果たして公にして良いのかどうなのか?ま、話しちゃったけどね。

 

 

photo by T.Naganawa

誰が言い出したのか、やっぱりテキーラが出てくる。

もう仕事として、仕方がないアンコールとアルコール(泣)

これはドクターNaganawaの撮影、ありがとうございます。

 

 

photo by A.Tadima

アンコール、熱かったなぁ。
自分で言うのもなんだけど、熱かった。

 

 

 

photo by A.Tadima

もうね、音のやり取りが楽しくてしょうがないの。

じゃなきゃこんな表情出来ないでしょ?

 

 

 

photo by A.Tadima

実を言うとこの辺り、指が攣ってて上手く弾けなかった(笑)

身体鍛えたつもりでも指はまた別なのね、反省。

でも良いショットだね、ありがとうタヂマ。

 

 

photo by H.Nagai

こんな、そのまんまフライヤーになりそうなショットまで。

ありがとう永井くん。

 

 

 

photo by H.Nagai

エンディング、ラストのコールは客席の皆さんへ。

本当にありがとう。

この秋、超えなきゃいけない山が三つあって、

この日はそのうちの一つだった。

みんなが乗り超えさせてくれました。

ありがとう。

 

 

さて、今週はソロで大阪へ行って、

その後来週はソロで山形へ。

戻って神奈川で三本演ったらいよいよ九州へ向かいます。

インフォメーションをチェックして追いかけてください。

今日も読んでくれてありがとう。

「飛ぶ東部戸袋事件」の事とか

書きたいんだけどな、書こうかな?

お楽しみに!


スポンサーサイト

  • 2018.11.10 Saturday
  • -
  • 00:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


10/19 大阪市美章園 龍麿1
10/20 大阪市我孫子 龍麿1
10/20 大阪市松原市 龍麿1
10/28 山形県酒田市 龍麿1
11/06 神奈川県大船 龍麿1
11/08 神奈川県大船 龍麿1
11/10 神奈川湘南台 龍麿1
11/11 神奈川県大船 龍麿5
11/17 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/18 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/19 宮崎県宮崎市 龍麿1
11/21 宮崎県日向市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 佐賀県有田市 龍麿1
11/25 福岡県福岡市 龍麿1
11/27 大分県中津市 龍麿1
11/28 山口県下関市 龍麿1
11/29 福岡県北九州 龍麿1
11/30 福岡県福岡市 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM