新年スペシャル_vol.2

昨年末、物心付いてからずっとお世話になっていた。
隣人のKさん一家が土地を手放して引っ越されて行った。
愛犬のトレ像も大好きだったKさん一家が、居なくなってしまった。
僕にとってはこの家に帰ってきてから町内会の様々や、
いろんなことを含めてお世話になって居たのでこんな心細い事は無い。
でもそのKさんが去り際に、


「ねぇ、中居くんがお母さんと住める土地を探してるらしいよ?
電話してあげなさいよ?いい土地が空きましたよって?」


でもねぇ、そんな電話できた義理じゃ無いしなぁ、
どなたかこのブログを読んで、その上中居くんに伝えられる方がいたらね、
教えてあげて欲しいです、素敵な地所が売りに出ていると。
時々僕が歌っててやかましい事もあるけれど、
お母さんと住むには絶好の静かな町内だと。


暇に任せて普段は開かないようなアクセス解析ツール。
多分、気になって仕方がない時期があったんだろうね。
三つも入っていたその解析データが揃って叩き出した男女比は、
6:4
これを男として悲劇とするのか、有難いと受け止めるのか?(笑)
もちろん素直に有難いです。
ライブ会場の景色と寸分違わぬその結果。
でも以前は7:3くらいだった気がするんだよね。

間違いなくもっと濃かった客席の風景(笑)


旅の最中にあるお店のマスターにこう言われた。
「お前さ、誰に向かって歌を書いてんだ?」
それまでは沢山の、目の前にいない誰かも含めた、
沢山の人に向かって書いていたような気がするわけです。
言われてみれば、ですよ。言われなかったら気がつかなかった。


師匠と一緒に演ったライブで、マイクを使わないで250人、
そんな会場があったのね。
リハーサルでどこに向かって歌ったら良いか?
迷っている僕に師匠は言ったんですよ。
「龍麿、250人に、全員に届けようって思ってんだろ?
そんなおこがましい事、考えてんじゃないよ?
俺たちが届けられるのは、ここまでだ、ここまで」

と言ってある一点を示してくれた事があった。
今でも迷った時はその一点に帰っていける。
あぁ、おこがましいな、今の自分、って(笑)


そんな風にして描く世界が少しずつ変わって行った。
描くときに歌を届けたい対象を絞るようになってきた。
それが結果として7:3から6:4への変化だと思うの。
かえって多くの人に伝わるような作品になってきたと思うの。
有難いのは覚悟して苦言を呈してくれる人が、全国にいる事。
「お前なぁ、」って言ってくれる人が、まだ近くにいる事。
だから僕はエンジニアの友達が多いんだと思う。
あの人達はね、まず褒めない(笑)褒めないんだよ(涙)
それだけ沢山の音楽を、好きも嫌いも選ばない歌を、
その指先で会場にお客さんに届けてる仕事をしているから、
そんな滅多なことでは褒められないんですよ、エンジニアには。
でも、そんな人達とチームでいたいのね。

ここがチームでないときっと思っている温度のまま、
僕の歌は、僕らの音楽は、みんなに届くことはないんです。
だからその繋がりはとても大事なものだと思っている。
とても素敵な出来事に繋がっていると思っている。
結果としてお客さんが良い音で聴ける環境に着地するんだと。
ありがとうございます。
各地で僕の音楽を信じてくれているエンジニアの方々。
ありがとうございます。
いずれ、でっかい仕事しましょうね?(笑)

 

旅の行程(あ、ツアーの日程のことです)を組む時、
なるべく初めての街初めてのお店を入れたがる。
これは道中、そのタイミングで一旦ゼロにリセットするため。
お前のことを知ってる人なんてここには誰も居ないんだよ?って。
そしてお前の旅はこの立ち位置から始めてやっとここまで来たんだよ?って。
そんな風にリセットさせてくれるのはいつも、
自分の想像を超えた厳しいシーンなわけ。
それを自分から求めて居たりもするわけ。


もちろん何度か寄らせてもらっている場所でも、
なかなかお客さんが増えて行かないところもあるし、
そんな局面ではやっぱりリセットさせられちゃうことがある。
でもそれは自分に対してのがっかり感とかではなくて、
うん、まだここでの答えは出ていないんだから、
今日も精一杯の歌を歌うしかないんだっていうところへ立つだけ。
だってね、多くても半年に一回しか寄れない街で、
どうやって結果に結びつけて行くのか?
どうやってお店もお客さんも僕も、笑える結果を残せるのか?
それは自分の中で答えが出たなって思うまでしつこく演るしかない。
もちろんお店にも迷惑をかけるからいつかみんな笑えるヤツを、
常にそこを狙っている事だけはお互いに確認しながらだけど。
ありがとうございます。
全国で僕の歌を信じてくれている店主の方々。
僕は何も諦めていません。
いつかお店を満席にすること、そのために、
やるべきことを演って行かなきゃいけない、
そう思っています。
ありがとうございます。


もちろん、お客さんへの感謝。
こんなね、名も知れぬ歌唄いのライブをね、
心待ちにしてくれている奇特な人が沢山いるわけですよ(笑)
生で感じてくれたそのライブの空気を、
もう一度、出来れば前回以上のヤツを。
そう期待して足を運んでくれる方々が、
有難いことに各地に待っていてくれる。
もちろん期待を下回ればそこまでの話。
それを良い意味で裏切りながら続いて行く旅をね、
繰り返さなけりゃ僕の仕事はすぐに終わっちゃうんだ。
それくらい耳の肥えたお客さんは簡単に判断する。
ありがとうございます。
各地で待っていてくれる皆さん。
ありがとう。
今年も、この先も、まだまだイクよ。
まだまだイケるよ。
だから待っていてね、会えるまで。

ただね、会えるのは、会えるうちだから。

聴き逃さないでね?毎回。

 

11/21日向市の居酒屋

ここのお刺身うまかったぁ。

あ、KECAKの後の打ち上げです。

この界隈には素敵なお店が多い、日向駅前。

 

 

11/22黒田邸

黒田さんちの朝ごはんはお味噌汁がチョー素敵。

そしてご飯もとても美味しいのです。

なんていうか主夫仲間というか、連帯感もハンパない(笑)

 

 

この日はオフ日だったので馬の背とかクルスの海とか、

海沿いの景色の良いところをサラサラと走って見ました。

お昼ご飯はKECAKの正剛くんに聞いた、あ、なんだっけ?これ?

コングリ?ゴングリ?だっけ?マグロの胃袋のかき揚げ丼。

初めての食感です。まだまだ知らない食べ物が世界にはたくさんあります。

 

 

夜、大分へ移動しようかと思ったけれど、辞めてKECAKへ。

その分、お客さんとしてKECAKで食べたいものがあったのだ。
このチーズナン、絶品です。ずっとお客さんが食べるのしか見てなかったけど、
改めて、あんたたちこんな美味いもん食べながら聞いてたのね?的な(笑)

 

中華三番のフライヤーで皿洗いのシーンを使ったら、

正剛くんが「うちも是非それで」と。

だったら撮って帰るよって言って厨房へ入れてもらいました。

400℃以上になるナン焼き機は危険すぎるので辞退(笑)

 

 

11/23大分BrickBlock

伊太地山伝兵衛の6回忌ライブ。

ここにも音響のMさんという手練れのエンジニアがいるのです。

僕は去年からこのイベントに呼んでいただいてますが、

Mさんとお話しするのもここへ来る楽しみのひとつ。

まさにセッション、です。

 

一階の客席からの眺め。

煉瓦造りの倉庫を改装したこのお店。

すごくやり易いです。歌い易い。

それもこれも全部お任せできるエンジニアのおかげなんですけどね。

有難いです、本当に。

 

 

今年はドラムのポンタさんも来てくれた。
久しぶりに一緒に音を出させて頂きましたが、やっぱ楽しいの。
突き刺さるようなスネアの一発、気持ち良かったです。

 

DouBleuでポンタさんとツアー中の龍生さんが見に来てくれまして、

石井ちゃんとのスーパーベーシスト二人のご対面ショット。

固いです、二人とも(笑)

 

 

打ち上げ、乾杯。

そしてポンタさんの「来年も来る」宣言で大いに盛り上がる我々。

 

 

11/24有田のうちやま百貨店というマルシェ

茅ヶ崎でお店をやっていた頃お世話になっていたふたばさんが引っ越した先は有田。

ちょうど空いていたこの日にイベントがあるというので歌いに行きますよ、と。

全く知らない街だしお客さん一人もいないし、と思っていたら、

福岡から聞きに来てくれた方やらあるよ。のマスターやら、

なんか良い雰囲気で歌わせていただけました。

こんな事もあるんですね、嬉しい。

 

 

まぁ何と言ってもふたばさんに会いに来たようなもの。

この再会が、どこへ繋がっていくのか?

乞うご期待!

 

 

11/25福岡元祖長浜屋

この日からクマガイが合流。

とりあえずThe福岡みたいなラーメンを。

ってか、通り道に都合よくあるんだもんなぁ、寄るよなぁ。

 

 

11/25福岡癒酒屋あるよ。

ご近所の皆さんも遠くから来てくれた方も。

ただいま、福岡。
ありがとうございました。

 

11/27中津の唐揚げ屋さん。

なんかこんな写真しか残っていない中津。

ちょいWARUうさぎでちゃんと歌いました(笑)

 

 

11/28中津から下関への移動中に資さんうどん。

このお店の看板を見るとあぁ九州も北のほうへきたんだなぁ、って。。

やっぱり九州内のウドン分布図は重要なんですね。

宮崎の天領うどんしかり、そこかしこに美味しいうどんと柏飯。

 

 

HANDSMANというホームセンターで店員さんに間違われる事件が二件。

何でだろうと思ったら彼らの作業着と僕のフォーマル用ジャケットが同じ色だった。

 

 

下関で出会ったシロナガスクジラの骨格標本。

僕も結構水族館マニアだけれど、こんなの初めて見た。

そして前ヒレの骨格はちゃんと指になっていたのが驚き。

まあデカいのなんのって、もぅ。

 

 

あれ、こんなのあったかなぁ?って感じのタワー。

一際異彩を放っていた。

特に行ってみたいとは思いませんでしたが。

 

 

11/28山口県下関T-Gumbo

平田センセやストちゃんにオープニングをやって頂き、

良い感じのライブになりました。

まだまだ頑張らなきゃいけない街だけど、楽しいから寄るのです。

 

 

ライブ後、福岡までの戻りの前にネギバカラーメンを。

身体に良いのか悪いのか?よくわからなくなってきた。

 

 

11/29小倉Mr.Lefty's

様々なところで見てくれた方が、ここに住んでいてくれたから実現しているお店。
今回もみんな駆け付けてくれて嬉しかったです。ありがとう。

 

すっかり全部終わった後にお店の都井さんが、

「おいハヤマ、(ハヤマ!)まだ楽器出てんだろ?」

って一曲セッションすることに!!!

演奏後「おい、もうブラザーだな」なんて言うセリフに痺れた夜。

 

11/30福岡YURAYURA

店主ジャスティンのキャラクターがお店に満ちている。

その空気に乗っかって二人で演奏。

九州シリーズの最終日、良い夜でした。
久しぶりに会えたお客さんもいて嬉しかった福岡。
また春に帰って来ます。よろしくお願いします。
 
 
前回お知らせした二月末の横浜サムズアップですが、
2/26か/28になりそうです。
しかも、とびっきりのお知らせ付きライブになるかも!
あと数日、詳細発表までもう少しお待ちくださいね。
今日も読んでくれてありがとう。
部屋の大掃除、やっと峠を越えました。

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.05.09 Thursday
  • -
  • 00:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


04/12 神奈川県辻堂 龍麿3
04/20 神奈川県江ノ島   
04/25 神奈川県横浜 龍麿3
04/27 神奈川湘南台 龍麿1
05/10 宮崎県宮崎市 龍麿1
05/11 宮崎県日向市 龍麿1
05/12 宮崎県都城市 龍麿1
05/14 大分県大分市 龍麿1
05/16 山口県下関市 龍麿1
05/17 福岡県北九州 龍麿1
05/19 福岡県福岡市 龍麿1
05/24 神奈川県大船 龍麿1
05/25 神奈川湘南台 龍麿2
05/26 愛媛県八幡浜 龍麿1
05/27 高知県高知市 龍麿1
05/30 香川県高松市 龍麿1
05/31 愛媛県今治市 龍麿1
06/02 兵庫県洲本市 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM