個としてのメディアになる事

先日の鋸南町の一日を書いた記事を読んで、
物資を送りましたっていうメールを何件か受け取りました。
ありがとうございます。嬉しいです。
メジャーなメディアが伝えないことでも、
小さくても大切なことが沢山あって、
それをなるべく近い距離で、
できれば直接に近い言葉で、
伝えたいなぁと思って書いた記事。
伝わったのだとしたらこんな嬉しいことはないです。
ありがとう、みんな暖かいよ。
愛してます、みんなの気持ち。
そんなことがあってね、ちょっと改まってさ、
ここの存在意義みたいな事を考えてみたの。


もう15年、テレビを見ていない。
モニターとしての画面はあるけれど、
テレビは繋がっていない。
とても影響力のあるメディアだし、
出れば全国のお客さんも喜んでくれるだろうし、
過去に何度か出たこともあるけれど、
でもずっと繋いでない、必要ないと思ったから。
点いてる間はテレビが主役になってしまう、
そんな時間が勿体無いと思ったのがきっかけで、
結局は信用できねぇなってのが結論で。


福島辺りからの僕のブログには、
自分で見て来たこと、感じて来たこと以外、
書いてない。転載とか一切、ない。
信用出来るのはその場の温度を知っている個人の、
まぁ主観は入っているにせよフラットに近い情報だと、
せめて自分のチャンネルもそうありたいと思って、
一生懸命自分の言葉で書いてみているのです。


だから身近な会話だってそうだよ。
自分が見て感じた事を、
ちゃんと伝えたい相手にはきちんと話す。
結構辛辣な事も言わざろうえないし、
ましてや信じられないような話もあるだろうから、
どうして僕がそんな事を話すのか?
本当なら言いたくもない事を、
多分相手も聞きたくもない事を、
なぜ僕がそんな話をするのか?ってところをさ、
想像できない人たちには悪口を言ってるようにしか、
きっと聞こえないんだろうね。残念だけど。
そんなもん、その後誰が何をしてるのか?
ちゃんと見てれば自ずと答えは出るだろうに。
僕も含めてね、見てれば分かるだろうに。


今の自分の周りには、
個としてメディアになり得る温度の人たち、
そんな人たちが沢山居てくれる。
太くて短い繋がりを流れる情報は、
スピードも含めて信用しても大丈夫な新鮮さ。
こういうフィルターの浅い言葉を信じていれば、
そうそう間違えたりしないで済むはず。
西日本豪雨の時にしても今回の鋸南町にしても、
どういうわけか現場にいちゃうもんだから、
その場の温度感をなるべくフラットに伝えたいと、
そんな風に思っています。
これは17年維持して来たHPの責任でもあるし、
これからも変わらないで続けて行きたい事。
情報過多がデフォルトになってる今、
何を読んで何を聞いて何を信じるのかを、
選んで行かないと簡単に情報操作の餌食になってしまう。
そんな中でもあいつの話は信用出来るかも、
って思ってもらえるような温度感で、
これからもここにつらつらと書いて行きたいです。


そうやって信頼出来る個と個が繋がって、
だんだんと新しいメディアとしての流れになって、
宣伝や報道制限やそんなものに振り回されているテレビを、
凌駕して行ったりしたら痛快だよなぁなんて、
思っています。
だからね、ここは信じて大丈夫。
この目で見たことや触れて来た温度とかをさ、
なるべくそのまま伝えようと思います。
ライブの報告もね、同じスタンスで行きたい。
よく言われるんだよね、お客さんが少ない客席写真は、
マイナスのイメージにしかならないんじゃないの?って。
でもそこにいない人よりも、
そこに来てくれた人の気持ちが嬉しいから、
全部載せちゃうのね、それでいいと思うのね。
そんな、スタンス。
今日も読んでくれてありがとう。

 


スポンサーサイト

  • 2020.03.19 Thursday
  • -
  • 04:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


02/02 神奈川県鎌倉 龍麿1
02/09 神奈川県逗子 龍麿3
02/17 神奈川県藤沢 龍麿3
03/05 新潟県新潟市 龍麿1
03/06 新潟県加茂市 龍麿1
03/07 新潟県新発田 龍麿1
03/08 新潟県南魚沼 龍麿1
03/15 神奈川県大船 3OTS
03/16 神奈川県横浜 龍麿1
03/19 北海道函館市 龍麿1
03/20 北海道八雲  龍麿1
03/21 北海道札幌市 龍麿1
03/22 北海道苫小牧 龍麿1
03/31 神奈川県大船 龍麿3
04/10 神奈川県辻堂 龍麿3

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM