「演らない」と「演れない」

ご無沙汰してしまいました。
全くの休業中でございます。
なにしろ関東地方、特に東京神奈川、
全くコロナの収束の兆しが、ない。
様々な休業要請が解けたとはいえ、
全く収まってはいないのですね。
鹿児島県では再びの休業要請(?)も出ていて、
おまけに九州は大雨の被害に襲われている。
二年前西日本豪雨の最中にいた身としては、
これはこれで心配してもしきれないわけで。
もう各地で状況は違うのだけれど、
いま、こちらから出かけて行くことの、
お互いの不安感はどうしても消えないわけです。


こういう状況になって改めて思うのは、
行く先々のお店が一夜のライブのために、
どれだけの準備をしてくれていたか。
酷い例では「さっさとライブなんか辞めてしまえ」と、
赤の他人から電話がかかって来たお店もあると言う。
情報だけで誰かを非難する風潮は今に始まった事ではないけれど、
群集心理の恐ろしさは至る所で誰かを傷つけている。
今まで気持ちの部分で動いてくれていた人が、
そこに向かう心を折られてしまったりしている。
そんな状態のところへ関東から歌いに行くそのことが、
更にお店を追い込んでしまうことにもなりかねない。
一体どこで線を引いて活動を再開させたら良いのか?
全く当てにならないガイドラインも含め、
出てくる数字の一つ一つが人の気持ちを揺らしまくり、
疑心暗鬼にならざろう得ない日々が続いているわけです。

 

もちろん、ライブ演りたいんですよ。
一度、中華三番で配信も含めた一本、
お客さんも入れて演らせて頂きました。
で、感じたこと。
みんなまだおっかなビックリなわけ。
解除になった様々な規制よりも、
まだまだ心から参加できない心情。
だって何一つ収まっていないんだもの、
誰もの心の中に刻まれている見えない恐怖。
そして配信。
今回はFaceBookというSNSを使っての配信、
これもね、こちらの手腕も当然のこと、
固定カメラの映像でお金を頂くという、
とても難しい境界線が見えてしまった。
しかもどうしても誰かを置き去りにしている感、
自分の中では拭えないものも感じました。


でもね、期間限定で公開していたライブの動画、
2,000回以上再生されてたんですね。
オープンな状況ではないにせよ、
それだけ求められてはいるんだなという実感もあった。
つまりどう捉えたかというと、
これはもうライブの代わりではなく、
新しいジャンルの発信の方法だな、と。
今までライブに来てくれた皆さんへ、
ライブの代わりにお届けするというよりも、
全く新しい形で自分の音楽を表現するつもりでね、
動画とかPVとかをお届けできればいいなぁって。
放ったらかしていたYouTubeのチャンネルも、
ちゃんと整えてみました、今後のために。
これはもう無料でガンガン再生してもらえるように、
いろんなアイテムを増やしてみました。
新しい映像作品は専任のスタッフが作成中です。
ぜひチャンネル登録してお知らせをお待ちください。


その流れで考えているのは、
Instagramを使って「RadioMyPace」を復活させようかという
これまた登録していない方を置いてけぼりにするような話で。
でも逆に考えたらこれを機にアカウントをとって頂き、
全く新しい発信を楽しんでもらえたら嬉しいのです。
ご存知ない方のために「RadioMyPace」とは何か?を。
当時まだこんなに配信技術が発達していない頃に、
ラジオ番組みたいなライブをやりたいなと思いつき、
毎回メールでリクエストを募りながら歌うんですが、
演ったかどうかは観に来た人しかわからないという、
とても理不尽な企画を起こしたことがありました。
二時間近く、お便りやなんやを絡めて喋り倒し、
結局は五曲くらいしか歌わないという(笑)
本当にラジオみたいなライブだったのですが、
これは今なら全国へ発信できるわけですし。
インスタのライブ発信が一時間というシバリもあるし、
ちょうどいい番組がお届け出来る気がするのです。
もちろんコロナの影響でまだまだ自由にライブができない、
そんな予測もあっての話なんですが、
それを別にしてもこの企画は面白いかな?って。
OnAirが決まったらここでもお知らせしますので、
ガシガシお便りくださいませ。


心情的なことを考えると今はどうしてもライブが「演れない」
これはもう自身の計画で「演らない」のとは雲泥の差で、
そのストレスが溜まって行くのも分かるし、
それに心が耐えられそうもないのも分かる。
なので今は全く音楽的ではない肉体労働に勤しんでいます。
現場に出たり、配送の手伝いをしたり。
この歳での現場復帰は体力の限界を知らされますが、
心の限界に比べたらはるかに健全な気持ちでいます。
なにしろお客さんの顔が見える仕事に関わっているのは楽しい。
これは演奏でも配信でもHP作りでも、ずっと心掛けていること。
当面の課題は演ると決めたAcousticCamp2020を、
どうやって開催するのか?
これに尽きる。
またみなさんの力を借りることになると思います。
お世話になりますがよろしくお願いします。

今日も読んでくれてありがとう。

 


スポンサーサイト

  • 2020.07.14 Tuesday
  • -
  • 02:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


02/02 神奈川県鎌倉 龍麿1
02/09 神奈川県逗子 龍麿3
02/17 神奈川県藤沢 龍麿3
03/05 新潟県新潟市 龍麿1
03/06 新潟県加茂市 龍麿1
03/07 新潟県新発田 龍麿1
03/08 新潟県南魚沼 龍麿1
03/15 神奈川県大船 3OTS
03/16 神奈川県横浜 龍麿1
03/19 北海道函館市 龍麿1
03/20 北海道八雲  龍麿1
03/21 北海道札幌市 龍麿1
03/22 北海道苫小牧 龍麿1
03/31 神奈川県大船 龍麿3
04/10 神奈川県辻堂 龍麿3

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM