どれくらい、離れればいいのだろう?

そもそもの始まりは広島近くのS.Aでガソリンを入れようとした時のこと。
だいたいツアーに出るときはなるべく余分な資金を持たずに出る。
ろくなことが無い。旅目になって、気が大きくなってなんか買ってしまう。
なので二日目までのホテル代と、片道分のガソリン代、そして食事代。
今回、二万一千円持って出たつもりだった。
一万円札を二枚、千円札を一枚。
ところがスタンドでお金を払おうとした時に気が付いた。
所持金が実は一万二千円、だと。
一万円札を一枚、千円札が二枚。
枚数は同じでも、内容は大きく異なる。
ガソリン代を払ってホテルにチェックインしたら幾らも残らない。
これはもう必死でしたね。
CD売れなかったら岡山までも行かれないかもしれない(笑)
だからいつも以上に歌から何かが滲み出ていたかも知れない。
こんな状況で始まったツアー初日でしたが、
結果無事に終えることが出来たということは、なんとかなったということ。
それもこれもすべて会場に会いに来てくれた皆様のおかげ。
アルバムを購入して下さった皆様のおかげ。本当にありがとうございました。


自分と誰か。
自分と何か。
距離感。
なんにでもあると思うんだけどね、
自分と、自分の歌、この距離感。
これを今回痛切に感じながら歌う旅になった。
大阪で初めて御一緒させて頂いた森山さんとね、
終演後にとある曲について話しが盛り上がったんだけど、
気持ちを込めて書いた歌に限って「念」だけで歌い切りそうになるけど、
投げっ放しみたいなそんな独りよがりじゃ聴く側には何も伝わらなくて、
一旦その曲から少し離れたところに気持ちを置いて、
もう一度距離感を取り直した上で、歌う。
これがね、難しいけれどとても大事なことなんじゃないか、って。
歌として何かを伝えるために、大切なことなんじゃないかな、って。
彼はきっとプロデューサー的な視点を持ったすごい歌唄いなんだろうな。


日々変わって行く状況の中、歌は僕の手を離れて勝手に育っていく。
いま自分で歌っていて胸が締め付けられるような曲が幾つかあって、
そんな歌との付き合い方、距離の取り方を毎回試行錯誤して繰り返している。
どうしても気持ちが勝ってしまう時もあれば、
少しだけ俯瞰して居られる時もあって、
どっちが正解なのかはまだ分からないんだけれど、
毎回聴く人も変われば歌う場所も変わって行く中で、
自分の中でだけ葛藤しながらもがいているわけで。
でもこういうことが、確かな歌を形作っていくんだろうね。
旅する男の顔つきを、しっかりと作っていくんだろうね。


いま書いていて思い出したんだけど、
昔からの仲間が言っていた。
「ゴールはともかく、そこへ向かってもがいている姿はさ、
必ず向こう側に伝わってんだよね、ちゃんと伝わってる」
信じて、もがき続けます。
信じて、もがき続けましょう

 

 

 

広島のステージ上。
左から春駒さんのフトゥヤラ、テイラー、ウクレレ、
そして僕のマーチン。

 

 

 

この日がデビュー戦でした。

新たな相棒、ビンテージ58。

 

 

 

この日、なんと春駒さんのフトゥヤラと競演。

限られた音階の中にも無限の広がりを想像させるような音。
また是非一緒に演りたいです!

 

 

JugemuのLucyさんがとってくれた広島風。

どうみても一皿一人前以上はある。

 

 

 

この美人は春駒婦人、通称「妻よ」

バイオリンで春駒さんをサポート。
喋るとめちゃくちゃ可笑しいひとなんです。

 

 

岡山MO:GLA。

念願かなってやっと歌わせて頂いた箱。

 

 

 

四年間、ずっと気がかりだったのに連絡が取れなかった彼女。

あ、僕の彼女じゃないですよ?(笑)
いきなりこのライブに現れて、そりゃまぁお互い涙の再会でした。

 

 

 

大阪の我が家、生野西の辺りでは来週の夏祭りの準備が進む。

おじいちゃんから孫の世代までみんな一緒になってワイワイやっているこの空気、
とても羨ましいしとても正しい近所の生活がそこにあるような。

 

 

旅中の犬不足を解消してくれたKING。

とてもいい子です。
舐めまくられています。

 

 

ROCK食堂で初めましての森山さん。

なんと彼は辻堂ステージコーチの片山くんとも知り合いという、

気持ち悪いくらいの辻堂繋がりが発覚し、

リハ前から大盛り上がりしたのでした。

 

 

 

 

京都Neon Forest JIJI。

終演後のカウンターでTonarideしているところ。
嬉しい顔ぶれが並ぶカウンター、ありがとうございました。
店長の堤さんとの賭けにより、
ある条件を満たさなければ飲み放題、
満たせば僕がノーチャージでライブを一本という、
無茶な約束まで交わされたこの夜(笑)

 

 

 

 

翌日、目的は果たせなかったものの出町柳周辺を散策。

雨上がりの空気が嬉しい初夏の鴨川。

京都も川が綺麗です。

 

 

 

 

珍しく戻りが陽の高いうちだったのでこの人も起きていてくれました。
ただいま、トレ蔵。
お留守番お疲れさまでした。

 

 

さて、今週末はこれまた久しぶりの焼津へ。
こちらはほぼソールドアウト。席、増設中です。
そして日曜日はクマガイマコトと一騎打ち。
前回、予想外にロックな盛り上がりを見せたこの組み合わせですが、
一年経ったクマガイはもはや別人のように変わっているはず。
お互いに変わり続けた自分の歌をぶつけ合える、そんな夜になるでしょう。
去年の比じゃないと思うよ、音楽の温度。
是非聴きに来て下さいね。


 

07/16(sun)
「ブルースだよ人生は!」
会場 --- 「Vino! Vino!」
静岡県焼津市栄町1-1-32 Apioビル1F Tel 054-631-9353
時間 --- Open 18:00 Start 19:00
料金 --- ¥3,000.w/1drink.
出演 --- 田中としお、端山龍麿


07/17(mon)
「海の日の〆」
会場 --- 「Bay134」
神奈川県藤沢市辻堂 2-3-9-2F 0466-65-3585
時間 --- Open 18:00 Start 19:00
料金 --- ¥2,500+order
出演 --- クマガイマコト、端山龍麿

 

 

急に夏日が続いています。
対中を崩さないようにして、元気に現場で会いましょう!
今日も読んでくれてありがとう。
また書きます!


スポンサーサイト

  • 2017.10.22 Sunday
  • -
  • 09:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


10/27 岡山県岡山市 龍麿3
10/28 大阪市寺田町 龍麿3
10/29 兵庫県洲本市 龍麿3
11/11 神奈川県辻堂 龍麿1
11/12 神奈川県大船 RISM
11/17 福岡県糟屋郡 龍麿1
11/18 福岡県福岡市 龍麿1
11/19 福岡県博多市 龍麿1
11/21 佐賀県唐津市 龍麿1
11/22 大分県大分市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 宮崎県日向市 龍麿1
11/25 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/26 宮崎県日向市 龍麿1
11/28 山口県下関市 龍麿1
11/29 大分県中津市 龍麿1
11/30 北九州市小倉 龍麿1
12/01 大分県大分市 龍麿1
12/02 大分県佐伯市 龍麿1
12/03 佐賀県唐津市 龍麿1
12/09 神奈川平塚市 龍麿3
12/10 静岡県清水市 龍麿3

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM