それは36年前の事

正確にはもう覚えていないんだけど、確か中学の二年か三年生の頃だった。城田じゅんじさんの「SoftShoes」というアルバムが出たのが1981年だから、その前後の一、二年の出来事だったんだと思う。仮に'81年としたら36年前、そんな昔の話しをしようと思うけど、いいかな?それはお年玉でやっと初めてYAMAHAのギターを買った頃のことだ。それは初めて女の子を誘って映画に出掛けたりした頃の話しだ。Mちゃんと観に行ったのはよりによってホラーだったなぁ、いまはどうしてるんだろうな、元気にしてるかなぁ。
いや、まぁ映画の話しはいい。また機会を改めよう。


今思えばうちの母がスゴかったのは何でも生の演奏が一番だと言い張り、近所で開催されるコンサートにことごとく僕を連れて行ってくれたこと。今思えばこれが音楽に触れた原体験だったんだと思う。もちろんレコードで聞いた音楽にも影響は受けていたけれど、目の前で、耳にダイレクトに入ってくる音はやはり次元が違う。本当にいろんなジャンルの音楽を手当たり次第に聞かせてくれた。イムジチ合奏団、ニニ・ロッソ(そのせいでトランペットを吹く羽目になる)杉田次郎さん、高橋真梨子さん、そして、高石ともやとザ・ナターシャーセブン。


高石ともやとザ・ナターシャーセブン。


そのメンバーの城田じゅんじさん、坂庭省悟さん、進藤さとひこさん。この三人が本編とは別日に三人会というのを演ってくれて、ギター、バンジョー、マンドリン、ウッドベース、などをとっかえひっかえ弾き倒すライブを見てしまったわけ。オールドの本物のマーチンに、マンドリンはギブソンのF、要するにその音が原体験になってしまった僕は、江ノ島水族館とヤマカスーパーのバイトを掛け持ちしながら、最初の'73マーチンのD-35を手に入れることになる。刷り込まれた音の記憶はいつまでもいつまでも消えない。あのとき聴いたアコースティックギターの音色が、いつまでも消えなかった。


高校生でブルーグラスなんて聴いてる友達はほとんどいなくて、バンドを組んだはいいけれどレパートリーはニューミュージック系。これはね、仕方なかったんだよね、嫌いじゃないし。でもその裏側には脈々とブルーグラスへの憧憬が流れていて、最初のレコーディングで録った「陽のあたる道」はそのオマージュ。同名の曲が高石ともやさんのレパートリーにもあるんだよね。今だから言うけれど敬意を込めて同じタイトルの曲を録ったの。


城田さんと進藤さんが一緒にツアーをしているというのを、新潟の友人経由で知ることになる。しかも横浜で、その上終わった後で。悔しくてさ、知らなかった自分が。日曜日に予定されていた音楽祭が台風で流れて、その同じ日に城田さんたちのライブが静岡県の三島であると。これは車を飛ばして行けば(飛ばないけど)一時間ちょっと。意を決して行って来たんだよね、三島。


当時確か20歳か21歳だった進藤さんが56歳。いろんなことがあった城田さんは68歳かな?そしてもう一人ナターシャーセブンの初期メンバー金海さん。そしてアイリッシュフィドルの希花ちゃん。素敵なライブでした。城田さんはもはやどれだけ弾かないか?的な領域にいられた。でも本編最後に繰り出されたフォギーマウンテンブレイクダウン。これを聴いていたらあの当時にベースを背負って弾いていた進藤さんをありありと思い出した。二人羽織で弾いていた坂庭さんと城田さんを
ありありと思い出した。


このタイミングであの日聴いた人達の音を、もう一度聴けた事。本当に色んな巡り合わせに感謝したい気持ちでいっぱい。同じステージに立ったわけではないけれど、36年振りにお会い出来た事だけでも本当に嬉しかった。また演ってみたい事が増えた。明日から龍麿3で西の方面へ伺う。気持ちの中には決して新しいわけじゃない、でもとても暖かいものが残っている。それを自分の歌と演奏でみんなに届けられたらいいなぁと思う。待っててね、もうすぐだから。

 

 

 

バイブルのように大事にしていた「107song book」という歌集にも当時サインを頂いた。

それは例の火事の時に楽器と一緒に燃えてしまったんだよね。

この日、メインで使ってるD-28に改めてサインして頂きました。

 

 

 

マンドリンの金海さんのサイン。

実は金海さんのお名前はお会いする前から某所で聞いていて、

でもここで話すにはあまりにプライベートな話しなので(笑)割愛します。

 

 

 

進藤さんのサイン。

当時のままのサイン。

嬉しかったなぁほんと。

 

 

 

まさかこのギターにサインをもらう日がくるなんて。

僕も思ってもみなかったです。

メロディーメーカーの故亀井さんが最後に売ってくれたこのギター。

多分喜んでくれてるんじゃないかな、亀井さんも。

 

 

さてさて週末の天気が怪しいみたいですが、我々は西へ。

 

 

10/27

会場 --- 「MO:GLA」 
      岡山県岡山市北区中央町3-17  086-235-3277
時間 --- Open 19:00 Start 19:30
料金 --- ADV¥2,500. DOOR¥3,000.(要ドリンクオーダー500.)
出演 --- 龍麿3(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕) and more...

 

10/28

会場 --- Dining&Bar「Robin
      大阪市天王寺区寺田町2-2-7 エースビル2F 06-6772-0773
時間 --- Open 18:00 Start 19:00
料金 --- ¥2,500.w/1drink
出演 --- 龍麿3(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕)

 

10/29

会場 --- 「Georges
       兵庫県洲本市本町3-3-14 0799-24-3517
時間 --- Open 19:00 Start 20:00
料金 --- ¥2,500.+order
出演 --- 龍麿3(端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕)

 

 

みんなに会えるのを楽しみにしています。

今日も読んでくれてありがとう。

帰って来たら、また!


スポンサーサイト

  • 2017.12.12 Tuesday
  • -
  • 01:29
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


10/27 岡山県岡山市 龍麿3
10/28 大阪市寺田町 龍麿3
10/29 兵庫県洲本市 龍麿3
11/11 神奈川県辻堂 龍麿1
11/12 神奈川県大船 RISM
11/17 福岡県糟屋郡 龍麿1
11/18 福岡県福岡市 龍麿1
11/19 福岡県福岡市 龍麿1
11/21 佐賀県唐津市 龍麿1
11/22 大分県大分市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 宮崎県日向市 龍麿1
11/25 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/26 宮崎県日向市 龍麿1
11/28 山口県下関市 龍麿1
11/29 大分県中津市 龍麿1
11/30 北九州市小倉 龍麿1
12/01 大分県大分市 龍麿1
12/02 大分県佐伯市 龍麿1
12/03 佐賀県唐津市 龍麿1
12/09 神奈川平塚市 龍麿3
12/10 静岡県清水市 龍麿3
12/15 神奈川辻堂 はまなかはやま
12/31 神奈川県辻堂 龍麿3

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM