アイドルは永遠なのかも

ストレイキャッツと出会ったのは17歳の頃。
その後ブライアン・セッツァーがソロを出すようになり、
ブライアン・セッツァーオーケストラ(以下BSO)を組んだのが25年前。
もう、25年前だって、へ〜、25年かぁ。
そして今年、ストレイキャッツ再結成の嬉しいニュース。


ギタリストとして、
ずっとスゴいなぁと思ってる人が二人いて、
ひとりはジェフ・ベック。
そしてもうひとりがブライアン・セッツァー。
あくまで僕の中での主観ですから、そのつもりで聞いてね。
この二人、もう良い歳なのにね、作品を出すごとに、来日する度に、
なんとギターが上手くなってるんだよね。
新技みたいなものを小出しに見せて来る。
まだまだ進化している。


なにしろこの二人、音楽界的に静かだなぁ?生きてるのかな?
なんて思っているとHotRodMagazineとかの表紙になってたりする(笑)
好きなんだよね二人とも、車が大好き。
僕も大好きだからどっちの世界にもいるふたりが見れるわけ。


夕べ観たBSOもスゴかった。
管楽器13本、ドラム、ベース、ピアノ、コーラスが二人。
よくもまぁここまで大人げないメンバーが集まったなという、
素晴らしいやんちゃな演奏を聴かせてくれた。
軽めに決めたブライアンのリーゼントが、
中盤でホロホロに崩れた感じがまた溜まらなく格好良かった。
グレッチという不安定なギターであれだけのプレイを見せる、
というよりももはやグレッチなら自由自在の領域で弾いている。
鬼に金棒の世界、そのもの。


BSOを始めた頃は予想以上に動員に苦労して、
レーベルからも契約を切られたりもしたらしい。
にも拘らず、信じたものをそのまま続けた挙げ句に、
グラミーにまで辿り着いてしまったこのバンド。
何がそこまでブライアンを動かしたのか?
聞いてみたいなぁ、本音を。


とにかく素晴らしいShowだった。
17歳の頃のアイドルは未だに健在だった。
心の中でも、あの夜僕の目の前ででも。
3,000人規模のホールで魅せるライブ、
とても温度感の近い二時間弱だった。
今度はストレイキャッツ、観たいなぁ。


に、しても。


に、してもだ。


周囲のスマホ撮影が興ざめ。
あれ、心理がいまひとつ分からない。
ルールとしての良い悪いよりも、
モラルとして、どうかな?って思ってしまう。
自分より前列に液晶の明るい画面が出てくれば、
どうしたって見えちゃうでしょ。
その度に残念な気持ちになるのは僕だけなんだろうか?
もちろんまったく気持ちが分からないわけじゃないよ。
でもね、ってのが心に残ってしまう。
以上、毒吐く、違った、独白。


今夜の月はスゴかったな。
月食ってのを初めてちゃんと見た。
ありがとう、世界、素晴らしかったよ。
また月明かりと星の頃に戻れたら良いのにね。

 

 

 

チケットを取ってくれたショーゴの背中を借りた。

そう言えば来る度に名前が変わる会場にも辟易するよね。

 

 

 

晩御飯を探してウロウロするドーム周辺。

キラキラ、キラキラ。

 

 

 

なにかイルミネーションの企画があって、

至る所キラキラ。

必要以上にキラキラ。

 

 

 

でもそのキラキラを水面に映るようにしてみたり、

人の想像力は果てしないね。

そして正直に綺麗だなって思う自分もいるんだよね。

 

 

 

 

帰りの東京駅のホームにて。

四国まで行く寝台特急に出会う。

想いを巡らせるに十分なこの表札。

いつか、乗ってみたいな、寝台特急。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

ライブのせいでギター抱えたまま書いてます。

弾きまくっています(笑)

上手くなると、いいね?

また書きますね。


スポンサーサイト

  • 2018.10.18 Thursday
  • -
  • 01:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
「アイドル」ってだれかなぁ?と思ってましたが、やっぱり彼でしたか。 静かな割に、年一くらいで来日してませんか?

自分的に「永遠のアイドル」っているかなと考えても‥‥、思いうかばない。

えぇ(-_-;) だれだ?
  • つむぎ
  • 2018/02/01 10:18 AM
日本のリージェント業界の方々も根強いですから(笑)みんなが楽しみにしていて、来日が増えるのは嬉しい限りです。

真っ黒だったロックンロールの衣装をポップに傾けたのは彼らのような気がするんですよね。
ま、なにしろ大好きなアイドルなわけです!
  • りゅうまろです。
  • 2018/02/01 11:13 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


10/19 大阪市美章園 龍麿1
10/20 大阪市我孫子 龍麿1
10/20 大阪市松原市 龍麿1
10/28 山形県酒田市 龍麿1
11/06 神奈川県大船 龍麿1
11/08 神奈川県大船 龍麿1
11/10 神奈川湘南台 龍麿1
11/11 神奈川県大船 龍麿5
11/17 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/18 鹿児島県鹿屋 龍麿1
11/19 宮崎県宮崎市 龍麿1
11/21 宮崎県日向市 龍麿1
11/23 大分県大分市 龍麿1
11/24 佐賀県有田市 龍麿1
11/25 福岡県福岡市 龍麿1
11/27 大分県中津市 龍麿1
11/28 山口県下関市 龍麿1
11/29 福岡県北九州 龍麿1
11/30 福岡県福岡市 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM