リングサイドと紙テープに関するいくつかの考察

プロレス。


位置付けがとても微妙な世界だと思う。
プロレスリングとは言え、レスリングともちょっと違う。
アマチュアレスラーが必ずしもプロレスラーを目指すわけでもなく、
お相撲さんが突然デビューしたりする世界。
子供の頃は当たり前のようにテレビ中継があり、
お茶の間でもその試合を楽しめたものだった。
場外乱闘や血塗れの形相やパイプ椅子や凶器もあったり。
それはそれはおどろおどろしい肉体のぶつかり合いで、
なのにプロレスごっこなる遊びまであったくらい市民権を得た、
ひとつのジャンルとしてそこにあるものだった。

 

 

様々な人のお招きがあって初めて生で観戦させて頂いた
NOAHという団体の後楽園ホールでの興行。
この日は九年前、試合中に亡くなられた三沢選手のメモリアルで、
東側の壁には大きな三沢選手の写真が掲げられていて、
若手の選手が試合後にその写真に向かって一礼していく姿は、
なにも前知識の無い自分でも胸が熱くなるものがあった。
それは音楽に置き換えたら自分と師匠の関係にとても近いし、
先陣に対する敬意を人目を憚らずに表せる気持ちが、
もうそれだけでドラマを想像させる熱いシーンだった。

 

 

でも、例えば国立競技場にサッカーを生で見に行っても、
グランドで起きていることよりも応援席で起きている、
あの旗を掲げるきっかけは誰が出しているんだろう?とか、
ボールが回って来ていない時の線審の動き方とか、
そんなことの方が気になる性格故、
今回の後楽園ホールも試合はもちろん楽しめたのだが、
レフェリーの動き方やらカウントの入れ方やら、
次に対戦する相手を見極めにリングサイドに来ていた選手の、
その視線の向け方や何を注目しているんだろう?やら、
果てはゲストで来ていた小橋選手のマネージャーの動きやら(笑)、
そんな意味でのリングサイド的出来事がとても面白かった。

 

 

プロレスと言えば、紙テープのメッカと言っても過言ではない。
どこで入手して来るのかは分からないが、
みんな自分の応援している選手のテーマカラーの紙テープを、
それはもう見事にリング上に投げ入れるのである。
実際に見に行って分かったのだけど、客席とリングは遠い。
あの距離を綺麗な弧を描いて紙テープを投げ入れるというのは、
もはや特殊技能に近い才能とも受け取れる。
ここに至るまでどんな練習を重ねてきたのかと思わせるほど、
紙テープを用意されている皆様の投げ方は上手かった。
これは一見の価値があると思う。
当たり前だがその選手の人気に比例してその量は増え、
試合によっては手も付けられないほどの紙テープが会場を舞う。

 

 

リング上でのレフェリーのもっとも大事な仕事と言えば、
それは投げ込まれた紙テープの素早い撤去に他ならない。
相当数の達人たちにより投げ込まれたテープを、
試合前に素早く的確に撤収し、何も無かったような状況に戻す。
右手も左手も、時には足すらも使い、
引っ張り様によってはダラダラと転がり続ける紙テープを、
あっという間にリングから抹殺するという、
それこそがレフェリーの腕の見せ所ではないかと、
今回ライブで観戦した僕は強く思ったのだった。
時折、仲裁に入られたことを良しとしない選手に投げ飛ばされたり、
はたまたカウントの入れ方が若干遅すぎるんじゃないかと蹴られたりして、
あぁこれってホントに痛そうだなぁ、一般人がやられたら死ぬなぁ、
と選手以外の体格の人間が技をかけられたと我々に想定させてくれ、
その痛みを共感させてくれるのもとても大事な仕事だけれど、
そんなことは紙テープの処理の重要さに比べたら到底及ばないだろう。

 

 

その選手ごとの色合いで紙テープが宙を舞いながらリングに落ちる。
それは本当に素敵な光景だった。
飛び交うテープの数だけの職人的投げ手がおり、
それを一瞬で片付けてしまえるレフェリーが待ち構える。
これを信頼関係と呼ばずしてなんと呼ぼう?
こんな視点で見させて頂いた生のプロレスリング、
僕は本当に楽しかったです。
これ以外にも音響のセッティングや照明の演出や、
SEがかかるタイミングのキュー出しや観客席の野次とか、
書きたい事は山ほどあるのです、あるのですが、
今回はとにかく紙テープに論点を絞って初生観戦させて頂いた、
NOAHのプロレス体験をお伝えしてみました。

 

 

一番綺麗だったのは、
三沢選手に捧げるテンカウントの際にリングに投げ込まれた、
二色の緑の紙テープ。
空中で混ざって三沢選手のテーマカラーのエメラルドに、
照明に照らされて輝いていました。
良い体験をさせてもらっています。
それもこれも周りに居てくれる人、あってのこと。
日々感謝です。
今日も読んでくれてありがとう。
また書きます。

 

 


さぁ、次のページさ。

新譜の先行予約分の発送作業が終わった。

150弱の新しい旅。無事に着くことをただただ願う。

なにしろ実体のない、まだ完成もしていないアルバムを、

信用して予約して頂いたいわば気持ちの代償分。

まずはこの気持ちの分を届けなければいけない。

そしてここから先は僕の曲というよりも、貴方の歌になるわけで。

北海道から九州まで、それぞれの街で僕の手を離れて育って行くわけで。

宛名の書き間違えとか無いといいんだけど、こればっかりは自信が無い。

全部ちゃんと届くといいな。

「Tonaride vol.1」まだ発売日も迎えていませんが、

vol.2の準備がもう始まっています。

水面下ではどんどん色んなことが進んで行く。

また次のページ、そしてまた次のページへ。

応援、よろしくお願いしますね!

あ、「Tonaride vol.1」の御予約はこちらから!

 

 

最近のライブで起きている現象がある。

それは、思いもよらない会場に思いもよらない人が来てくれること。

スタイルとしてこちらから「会いに行く」というのが基本形だと思っていたのが、

遠くの街から逆にひょこっと会いに来てくれたりする人が増えて来た。

それも、集客が不安で超ナーバスな状態で(僕もなるんですよ?神経質に(笑))

開演を迎えるような会場に限ってそんなことが起こり、

結果とても勇気をもらっていたりもするのである。

思えば師匠のツアー先でも同じような場面を見て来た。

あぁ、これが続けて行くってことなんだなぁ、と。

それがいま、自分の現場で起き始めている。

やっと、少しだけ、旅が自分のものになって来たのかもしれない。

 

 

先週末の二本。

湘南台の街を音楽で溢れさせたSHOWなんだいDEショー、

そして自分の中ではAcousticCampと並ぶ企画、円形劇場。

どちらも楽しんで演奏出来ました。

そして湘南台には福岡から、円形劇場には山形から、

はるばる見に来てくれた方がいらっしゃいました。ありがとう。

スタッフの皆さん、湘南台のひーちゃん、Cane'sのげんちゃん、

手伝ってくれた沢山のみなさん、そしてお客さん。

あなたたちがいなければ僕らの仕事はありませんでした。

ありがとう。

 

 

 

Photo by 永井さん

イットさんと二人で参加した湘南台、

出番の終わった日倉士の兄貴を呼び込んでのセッション。

これ、貴重だよね(笑)

 

 

 

Photo by ちづちゃん

この顔が全てを物語る。以上。

 

 

 

 

Photo by たぢま

早々にソールドアウトした客席、

R4Sということで佐野さんに来て頂いたステージ。

演っていてもハッとする瞬間が何度もあった。

またこのメンバーで演りたいね。

 

 

 

 

 

Photo by 真紀ちゃん

別の角度から見るとこんな風に。

どこに座るかもこの企画の醍醐味のひとつかも。

 

 

 

 

 

Photo by たぢま

 

 

 

 

 

Photo by たぢま

 

 

 

 

 

Photo by たぢま

 

 

 

また来年、お楽しみに!

来週末は静岡へR3で、

その次の週はR1で日本海ツアー。

まだまだ勢いは止まりません。

どこかで生で、お会いしましょうね!

今日も読んでくれてありがとう。

ピアノを弾いています(笑)

 

 


変わらないために変わってゆくーAroundThe四国2017

まだまだ変われる。

たった一週間のツアーの間にも自分の歌が変わって行くのが分かる。

それは大事なものを変わらずに大事にするため。

自分を、そして誰かを守るためにどんどん変わって行くことが、嬉しい。

この歳になってくると「もう変われないからさ」的な事も聞く。

 

それは違うと思う。

 

自分は変わって行けるんだっていうしなやかで軽やかで鮮やかな強さ、

それだけが頼りなんだって改めて感じているから。

ちっぽけな自分の理論なんて壊してしまえば良い。

誰のためにもならない下らないプライドなんて捨ててしまえば良い。

そんなものにしがみついているつもりは毛頭ない。

変わらない自分を抱え込んで、その先の事全部を誰かのせいにして、

いったいどうやって明日を笑えるように出来るんだよ?

いったい誰を笑顔に出来る歌が歌えるんだよ?

強さは「固さ」じゃない。

不器用な「柔らかさ」かもしれない。

たとえそれが遠回りでなかなか伝わらなくても、

そこだけは譲らずに前へ進んで行くしかない。

そんな風に思いながら淡路島から高松まで1743km走った旅だった。

 

初めての街もあった。

初めてのお店もあった。

誰ひとり僕の事を知らない会場で歌う事もあった。

そんなひとつひとつが不安を勇気に変えて、

自分の中身の揺らいだ部分を根こそぎ変えて、

また次の旅へつなげてくれるんだって、思いました。

このツアーに関わってくれた全ての方々には深く感謝。

みんなの気持ちには本当に支えられている。

それしかないといっても過言じゃないです。

僕は僕を信じてくれている人のために頑張ります。

まだまだ頑張れます。

 

 

 

2017.05.09

前乗りした洲本なんくるで真希ちゃんはこれを作って待っていてくれました。
クリームシチュー。
大好物。
ありがとう。美味しかったんだよ、本当に。

 

 

2017.05.10

なんくるはこの日七周年。
常々お客さんは店でなく人に付くと思っていますが、
本当に良いお客さんに囲まれた夜だった。
真希ちゃんの人柄が、積み上げた毎日が、こんな素敵な夜に着地。
ありがとうございました、みなさん。
また来年も歌わせてね。
この画像は歌っている左側の光景ね。

 

そして正面はこんな感じ。

なんだか毎年エスカレートしている気がする。

最後の大爆発は計算通りだったけど、

来年のここは全く予想がつかないです。

あー、今から楽しみ(笑)

 

 

 

2017.05.11

初めて寄らせて頂いた街、徳島。

ホテルと会場は左岸、駐車場は右岸。

この川を何度も渡ったのですが夜になるにつれ夜景がこんな感じに。

 

 

 

徳島、寅家。

恭蔵さんや渡さんのポスターが飾られる中、

僕のアイドル、城田じゅんじさんと坂庭省吾さんの写真が。

あ、じゅんじさんはまだご存命ですから(笑)

 

 

 

オーナーのおかもとさんと。

この日、実は地元から飛行機に乗って見に来てくれた方までいたんです。

有り難い。

ここから、ゼロからの出発。

長い目でお付き合い下さい、寅家さん、おかもとさん。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

2017.05.12

徳島ー高知間の移動。
チキンサンドを食べながら走っていた僕は曲がる道を間違えて、
方角的に正しいであろうというだけの根拠で曲がった先は超山道。
国道195号線という表示もなんの慰めにもならない山道。
改めて四国の山深さを思い知る事になるのです。
でもね、この川沿いの道がまた素晴らしい景色なの。
もう一度走りたいかどうかはともかくとして(笑)

 

 

2017.05.13

高知LittlePowers。

だーれも知っている人が、居ない(笑)

こんなタイミングもあるんですね。

その分新しい出会いと巡り会いに満ち満ちた夜。

この夜知り合ったNくんとYくんは、

翌日の高知の街で泥酔状態で再会するというミラクル。

深夜の知らない街でいきなり「龍麿さん!」って呼び止めるなって。

いくら僕でもビビるでしょうが(笑)

 

 

 

まっちゃんと。

いつ行っても変わらない笑顔で迎えてくれる。

本当にありがとう。

高知はまっちゃんに会いに行くのが大事な目的なんだよね。

ありがとう。またよろしくね!

 

 

 

 

2017.05.14

高知icotto。
Bar timeのとんこさんが仕切ってくれた会場。
今治からはサンちゃんが来てくれて対バン。
ここもだーれも知らない人ばかりだった。
唐津のつながりで来てくれた方や、
噂を聞きつけて見に来てくれた方、
ありがとうございました。
シビレる高知の二日間、楽しんで歌う事が出来ました。

 

 

2017.05.15

高知ー今治間の移動は大好きな国道194号線で。
仁淀川の川沿いをひたすら走ります。
途中、こんな景色に出会うたびに車を停めていたので、
まったく進まない(笑)
本当に美しい景色、美しい川。

 

 

2017.05.15

今治ブリキのがちょう。

平日の、それも月曜日だというのにこのクレイジーな盛り上がり。

嬉しかったなぁ、ホントに。

ピーターと後藤くんがセッションしてくれました。

ありがとうね、また是非一緒に演ろうね!

 

 

 

 

今回泊めてもらったピーター邸(ケイシーホテルともいう)の

リビングのテーブルの上には、奥さんのリオたんが裏から摘んで来てくれたバラが。

「これね、りゅーまろのためにりおちゃんが、した」って。

ありがとうリオたん。嬉しかったよ。

 

 

 

 

2017.05.16

夜勤から戻って来たリオたんと、オムレツを作ってくれたピーター。
この二人がお互いの事を話す時の優しい声が大好きだ。
素敵な夫婦なんです、いつまでも仲良しで居て欲しい。
また寄らせてね、ピーター、リオたん、ありがとうね!

 

 

2017.05.16

高松RUFFHOUSE。
この街も全くのゼロから始めた街。
なにしろインターネットの出演者募集をクリックして出してもらったお店なんです。
当然知り合いも居なければお客さんも居ないとこから始まっている。
なので今城さんにはまだまだ迷惑をかけてしまいますが、
今回は唯一のお客さんSくんはもちろんのこと、
大阪からJちゃんが見に来てくれた。
聞いてみればここが故郷らしく、母の日のプレゼントを届けるついでに、と。
有り難いです、ありがとうです。
新しく聞いてくれたNさんもMさんも、ありがとうございました。
また高松でお会いしましょうね!
とにかく内容の濃い旅、楽しい事ばかりではないけれど、
それ以上に嬉しい事が起きた一週間でした。
その旅の余談は番外編でまた書きます。
今日も読んでくれてありがとう。
また一週間、頑張りましょう!

 

 

 

 


段々、増えて行く

R1@辻堂残心、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影は20年来の友達「たぢま」

いつもありがとう。

 

 

最近久留米から都内に引っ越してきた松本かっちゃんをゲストに迎え、

パーカッションは地元の後輩、ショーゴが叩いてくれた。

かっちゃんとはお互いの歌を唄い合うという試みに挑戦し、

んー、どうだったのだろうか?楽しんで頂けましたでしょうか?

僕らはとても楽しくステージ上で演奏出来ました。

 

開演当初、12名のお客様でスタートしたライブは、

前半終了間際、そして中盤、更には後半に、

何故か段々と増えて行くお客様で満席になり、

佳境寸前に滑り込んで来たチーム厚木が立ち見の段階で爆発、

なんだかとても盛り上がる展開となりました。

 

あー、ドキドキした(笑)

全23曲、ギリギリまで歌いました。

例えばこの日の帰り道、思いもよらぬアクシデントが起き、

このライブが最後になるとしたら、、、

最近ライブ中に、色んなタイミングでそんなことを思うことが多く、

この日も途中でふとそんな想いがよぎった。

まずは自分の中で後悔を残さない演奏、

その日発信出来る想いを包み隠さず歌うこと。

いつもそんな風には出来ないんだろうけれど、

演れる限りはそこを目指していたいと、

そんなライブでその夜を終えたいと、

常々思っています。

 

GWの最終日、いろんな予定をやりくりして会場まで足を運んでくれたみなさん、

聞きに来てくれて本当にありがとうございました。

このことは、心から心から感謝しています。

いつか語ってみたいな、自分とお客さんのこと。

そして残心の佐藤くん、かっちゃん、ショーゴ、ありがとう!

みんなに喜んで頂けるようにまた頑張ります。

よろしくお願いします。

 

 

 

さて、明日からは淡路島〜Around the 四国2017ツアー。

いつもと、そしてこの夜と変わらない気持ちで歌えるように、

行く先々の街でずっと待っていてくれる人に会いに行って来ます。

よろしくお願いしますね!

 

 

5/10

会場 --- 「なんくる
      兵庫県洲本市物部1-12-72 0799-26-2707
時間 --- Open 18:00 Start 19:30
料金 --- ¥2,500. w/1drink.
出演 --- 端山龍麿

 

5/11

会場 --- 「寅家
     徳島県徳島市銀座16-1 東山ビル2F 088-677-3233
時間 --- Open 19:00 LiveStart 20:00
料金 --- ADV¥2,500.w/1drink DOOR¥3,000.w/1drink
出演 --- 端山龍麿(O.A有り)

 

5/13

会場 --- 「Little Powers
     高知県高知市南万々41-1 1F 088-822-2287
時間 --- Open 18:00 LiveStart 20:00
料金 --- ¥Donation.
出演 --- 端山龍麿

 

5/14

会場 --- 「icotto
     高知県高知市追手筋1-4-8 中央ビル4F 088-802-5888
時間 --- LiveStart 19:00
料金 --- ¥3,000.w/1drink
出演 --- 三宅富喜、端山龍麿

 

5/15

会場 --- 「ブリキのがちょう
    愛媛県今治市松本町1-4-30 0898-35-1020
時間 --- Open 20:00 Start 21:00〜、22:00〜、23:00〜
料金 --- ¥Donation.
出演 --- 端山龍麿

 

5/16

会場 --- 「Bar RUFFHOUSE
    香川県高松市田町2-3 岡ビルB1F 087-835-9550
時間 --- Open 19:00 Start 19:30〜
料金 --- ADV¥2,500. DOOR¥3,000.
出演 --- 端山龍麿

 

 

さぁ出発の準備をしなきゃ。

今日も読んでくれてありがとう。

連休明け、仕事もキツいよね。

頑張ってまた会場で会いましょう!


夜光虫

昨夜と今夜、古巣の由比ケ浜(鎌倉市)に夜光虫が現れた。

僕も人生で二度目の体験だけれど、大量発生したプランクトンが、

波に揺られるたびに綺麗なブルーに発光する現象で、

これはもう写真に残すのはとても無理だと思い、
ただ目に焼き付けて帰って来ました。
 
特に今夜の夜光虫は凄かった。
うねりがやって来るとブルーに輝く波のラインが、
いくつもいくつも重なり合って打ち寄せてくる。
陳腐な言い回しだけど、まさに神秘的。
 
でもこれがテレビのニュースになったらしくて、
海岸線は見物客の車で大渋滞。まるで夏休みの昼間みたい。
普段なら20分程度で着ける鎌倉まで、今夜は二時間かかってしまった。
今日はDaisy'sCafeのジャスミンが誕生日なので、
せめて顔を出しに行こうと向かったはいいけれど、
誕生日のうちに着けるのか?ってくらいの混み具合。
めげそうになりながらもなんとか辿り着いた海辺の白いカフェなのでした。
 
アイスコーヒーを飲みながら、
トルコ料理屋のオーナーSや画家のKさん達と話し込んでいると、
次から次へ知り合いが集まって来るわけです。
10年前、毎日のように顔を合わせていた仲間が、集まって来る。
随分時間が経ったなぁ、そりゃ歳もとるよなぁ、
なんて思いながらそのメンツを見渡して、ふと気が付いた。
 
いまや全員が自分看板のお店を持っている店主になっているわけ。
 
当時はみんな雇われの身でしたが、いろんな将来を語ったり、
つまらないことで喧嘩したり、言い合いがエスカレートして止まらなかったり。
Aちゃんはこの店の隣りの隣り、ココモの店長になっているし、
最年長のHちゃんは何年か前に小町通りにレストランを出して成功している。
Tも最近おなじ小町通りにたこ焼きバーを出したばかりだし、
Pは藤沢に自分の美容院を去年開店させてしまった。
 
かく言う僕もこの数年で劇的に生活を変化させた一人なのかもしれなく、
材料は違っても向かっている方向が同じ人間が勝手に集まってしまった。
この店のジャスミンを含め、みんな一大決心をして、
それを貫いているひとたちばかり。
そこには言い訳も嘘も無く、他愛無い毎日を地道に積み上げて来た人ばかり。
こんな人達が今でも仲間としてつながっていることが誇らしかった。
突っ走ったり、歩いたり、みんな前を向いている。
こういう人達と居るのは本当に心地良い。
疲れないし、ストレスが、ない。
 
もっと嬉しかったのは、久しぶりに会った僕をこの人達が、
「龍麿、良い顔になってきたなぁ、顔に出てるよ、状況が」
とか、
「龍麿さん、目がいいっすね、目みたら大体分かりますよ」
って口々に言ってくれたこと。
 
人は幾つになってもスタートラインに立てるし、変わって行くことが出来る。
そしてそれは僕が生身の自分として生き方で証明してきている。
ただし、そこには自分の失敗を反省して、誰か他人や環境のせいにしない、
つまり常識というより良識?自尊心よりも思いやりが無ければ、無理だ。
自分の周りに居る人間や自分が居る環境は結局は自分で選んだものだし、
謝ることが格好悪いことだと思っているうちは、なにも起きないと思う。
自分の言葉でちゃんと伝えられる、ちゃんと謝れる、そんな人でありたいと思う。
 
いま、自分の周りにも人生を切り替えようともがいている人が何人もいる。
応援したいと思っている人も何人もいる。
その人達と何年か経った時に、こんな風に会えたら素敵だなぁって。
思いながらの帰り道でした。
 
あ、なに書いてんだろう?
おめでとうを言うんだった。
ジャスミン、一番苦しい時に一緒にいてくれた。
誕生日おめでとう、なんかあれば僕はいつでも行くよ?
 


そう、金曜日は大船ライブパーティーでした。
 

数ある会場の中からこのライブを選んでくれたお客さん、
本当にありがとうございました。
結果、四本ともほぼ満員の会場、嬉しかったです。
共演に琵奈子ちゃんも素晴らしかった。会えて良かった。
またここから広がって行くきっかけを頂けたような夜。
和・豊田の豊田ファミリー、本当にお世話になりました。
まずはこの人達の耳をクリアしないと、ここには立てない(笑)
これからもよろしくお願いします!頑張ってみます!

 
明日はソロで辻堂なんですが、
どうも応援が来る模様(笑)
これも毎回有り難いことです。
全貌は現場でのみ、明らかに(笑)

 
5/7
会場 --- 「残心
       藤沢市辻堂2-8-9 露木ビル1F 0466-53-8527
時間 --- Open 18:00 Start 19:00
料金 --- ¥2,500.+ order
出演 --- 端山龍麿

 
その後は淡路島から四国へ入るツアー。
これもお楽しみに!
今日も読んでくれてありがとう。
また書きます。

<< | 2/182PAGES | >>

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


05/05 神奈川県大船 龍麿1
05/07 神奈川県辻堂 龍麿1
05/10 兵庫県洲本市 龍麿1
05/11 徳島県徳島市 龍麿1
05/13 高知県高知市 龍麿1
05/14 高知県高知市 龍麿1
05/15 愛媛県今治市 龍麿1
05/16 香川県高松市 龍麿1
05/27 神奈川県藤沢 龍麿2
05/28 神奈川県  円形劇場
06/10 静岡県浜松市 龍麿3
06/11 静岡県清水市 龍麿3
06/14 新潟県南魚沼 龍麿1
06/15 新潟県加茂市 龍麿1
06/16 新潟県新発田 龍麿1
06/18 山形県酒田市 龍麿1
06/22 神奈川県大船 龍麿1
06/24 神奈川県横浜 龍麿1
07/05 広島県広島市 龍麿1
07/06 岡山県岡山市 龍麿1
07/07 大阪市寺田町 龍麿1
07/08 大阪市阿倍野 龍麿1
07/09 京都市中京区 龍麿1
07/16 静岡県焼津市 龍麿1
07/17 神奈川県辻堂 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM