見つめ続ける、という事

今日のほぼ日で糸井重里さんが書いていた。

(※初稿、糸井さんの意図が上手く伝わらなかった気がして、

 多少加筆しました。すみません。)

 

「人は、見たいものを見る。見続けているものは、探し易くなる」って。

 

子供が生まれれば今まで気付かなかった周りの子供が目に入り、

犬を飼えば周りにこんなに犬が居たのか?ってくらい目に入り出す。

そしていい事や好きな事、そういう事をちゃんと見つめていれば、

自ずともっといい事やもっと好きな事が目に入る、見つけられる。

っていうこと。

 

逆もある。

趣旨に反するので詳しくは書かないけど。

ここは想像して下さい、逆のパターン。

 

あの時、あの人に会わなかったら。

そう思うとその後の自分がどうなっていたか分からない。

誰しもそんな人が一人は居るんだと思う。

もし、思い当たる人が居たとしたら、

胸の奥にその事に感謝する気持ちを、取って置いて欲しい。

必ず、会えるから。

感謝を伝える機会が、必ず、来るから。

 

好きなものを見つめ続けるのは、

結構大変な事だと思う。

ある意味、命懸けの作業かもしれないし。

でも、もっと変わって行くために、

もっと笑っていられるために、

見つめ続けようとするならばその価値は、あるんだよ。

 

相手がああだからとかこうだからとか、

その都度自分の態度を変えてしまうのはブレている自分と出会う事。

 

気になるから、心配だから、好きだから。

理由なんてどうだっていい。

「好きなもの」を見つめ続けて欲しい。

そこには変われるための自分が居て、

まだ会ったことの無い貴方が待っているはずだから。

 

 

同窓会に行って来ました。
中学三年生の頃の同窓会
何十年振りかの、集い。
当然みんな様変わりしていて、
イタリアに居る同級生に写真を送ったら、
「誰が誰だか分からない」って(笑)
そりゃぁそうだ。
でも、そこには感謝したい人達が居て、
その機会を与えてもらったことにも更に感謝。
この繰り返しでいいんじゃないの?
ちょっとでもこの星を楽しく回そうと思ったら、
いいんじゃないの?

 

 

なんでこんな事を書いているかと言うと、
明日何年か振りに病院という施設にお世話になりに行く。
そのことが怖くてしょうがなくて、
素敵なものだけを見つめていようよって、自分を励ました。

 

 

またツアーです。
西方面へ伺います。
よろしくお願いします。
 
 

 

 

 

この時点ではまだ誰が誰だかハッキリしない(笑)

同窓会の醍醐味は、ここにあると思う。

 

 

 

二次会。

この辺りでやっと当時のクラスの力関係が戻って来た。

 

 

 

僕のは火事で焼けてしまったので、

卒業アルバム、写させてもらいました。

 

 

 

 

中学生の時の相棒、まっちゃん。

この人と生まれて初めてのライブを企画した。

僕らが15歳の時に見つけた音楽の灯りは、

いまもちゃんと灯っているよ。

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

明日、注射がないことを祈っています。

 

 


絶賛発売中!

 

賭けだった。

こんなアプローチが果たして伝わるのか?
でも、全国の皆さんから頂いた感想は本当に心温まるものでした。
ありがとう。
そこまで聴いてくれて、ありがとう。
僕は本当にお客様に恵まれている。
歌詞の端々まで、メロディーの切れ間まで、
聴いてくれて本当にありがとう。
これから色んな街へ届けに行きます。
予定にない街の方は申し訳ありませんがメールオーダーを
心から願う、このアルバムの曲たちの旅が幸多きことを。
待っててね、届けに行くから待っていてね!

始まれば、必ず終わりがやってくる

いつだったんだろう?、初めてその街との関わりが出来たのは。
思い立って古いダイアリーを調べてみたら

2004年のお花見ライブにはもう参加していたので、
14,5年の付き合いになるんじゃないかな、大船、そしてパラダイスというバー。
そのお店の23周年に立ち会わせてもらえた事は本当に嬉しかったし光栄だった。
師匠が生きていたら一も二もなく駆け付けただろう。
そう思ったら自分でもここに居られたことが有り難かった。
沢山の人を紹介してもらった。
沢山のお客さんがここで聴いてくれた。
数々の名演を聴いた。
おまけにここの曲まで、書いた。
そんなお店が今年閉まるかもしれないという事実は、
否が応でも時間の流れを突きつけられる。
やっと自分がお金を頂けるような歌唄いになって、
返さなきゃいけないものがまだ沢山あるっていうのに、
時の流れは容赦ない。心底、残酷だ。
間に合わない事があるんだってことまで目の前に突きつける。

 

 

店主ハチさんのキャラクターでもっていたような店だ。
彼が現役を退くと言えばそれまでの事。
難病と闘いながらの経営はそれはキツいものだったと思う。
プライベートで起きた事も登場人物を全て知っている身としては、
致し方ない結果なんだと受け止めている。
それでも、それなのに釈然としない気持ちがある。
それは返しきれなかった恩と、そんな自分を受け入れてくれたハチさんに対してと、
結局は自分に対してのふがいなさが原因なんだと思っている。
自分だ、いつも。
自分に対してだ。
まだきちんと閉めるのか分からない可能性もあると言うが、
体調を考えたらそれも無理はしないで欲しいと思う。
だからせめて、今出来るのは一本のライブを組む事かと、
8/6にパラダイスでのライブを決めました。
良かったら見に来て下さい。
生き様の見せ合いのような夜になると思います。
カウンター越しの、せめぎ合い。
もう、見られないかもしれないし。

 


でもね、この周年の会場で初めてちゃんと一緒に演奏した濱中さん。
これがね、ちょっと新しい体験だったんです、マジで。
スーパーギタリストが僕の歌に絡んでくれるのはもちろんのこと、
スーパーギタリストの歌に超生ボーカリストのギターが絡む、
この瞬間の心地よさったら、ないよ?
あまりにも心がざわめいたのでこの日の帰り道、
辻堂で二人のライブを決めちゃいました、9/29。
大人が二人で戯れ合う夜、楽しみにして下さい。チョー最高。
間違い、無い。

 


翌日の元町。
ここはむしろそういう意味では始まりの夜だった。
村越エースケという熱い男と初めての競演。
目がね、良いんだよ、エースケ。
嘘のつけない目をしてる。
歌もそうだった、裸の自分を見せてくれた。
嬉しいよね、こういう男と出会えるのは。
浜松繋がりなんて縁もあったりして急接近ですよ。
エースケとは多分、何か起こる。
起こします。

 


出会いが始まりだとしたら、別れは終わり。
これが必ずしも自分のタイミングでやって来るとは限らない。
だとしたら、そこまでの間に、
自分の精一杯を示せたのか?伝えられたのか?
それだけなんだと思う。

 


最近良く書いているけれど、
その日のライブが最後になるとしても悔いを残さないような歌、
ここをデフォルトにしていたい。
ニュースにはならないような命を、
燃やしながらライブに来てくれるお客さんがいるんです。
だとしたら、そこをデフォルトに保ちたい。
そんなことをね、思っています。

 

 

 

 

 

 

僕の歌に絡んでくれたスーパーギタリスト濱中さん。

ここまでは見た目にも想像出来たんだと思う。

 

 

 

でもスーパーギタリストの歌に絡む僕のギター?

これはね、正直濱中さんに弾かせてもらった部分が多いんだよ。

分からなかったら9/29の辻堂、聞きにおいで?

イチコロだよ。

 

 

 

 

元町アースリーパラダイス。

エースケの演奏中。

ピッタリ満席のお客様、本当に有り難かった。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

最近ね、思うの。

良い顔して演ってるなぁって。

幸せなんだよね、この瞬間が。

それが伝わったらそれだけで嬉しいなぁって。

 

 

 

 

 

最後はエースケとセッション。

なーんにも決めてないけど、共鳴してる。

ありがとう、エースケ。

ありがとう、宮さん。

まだまだ行くと思いますよ?

 

 

今日は寒川での初ライブが決まりました。

詳細はまた改めてアップしますが、

これも心意気の現場、損得勘定、無視。

日々清々しい心に触れ合えています。

感謝しかないです。

そこに僕を連れて行ってくれた人達に、

全部、返しに行くよ。

必ずね。

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

ツアーの前にまた書けたらいいね?


人間の身体の60%は、

多分、日本酒で出来ている。
もしくは焼きそばで出来ている。
あるいはワインで出来ている夜もあった。

 


とにかく、シビレるツアーだった日本海。
いったい自分の身体がどうなってるのか?
日々の体調管理が必須なのは当たり前のツアーですが、
今回はまぁ予想し得ないくらいのぐるんぐるんでございました。
行く先々の愛にほだされて夜はついつい深くなり、
身体の成分はその都度変化していくという、
実に変幻自在な自分に出会った旅でもありました。

 


人に、会いに行く。
それだけなんだと思う。
そこで待っていてくれる人に、会いに行く。
特にこの日本海方面はまだまだお客さんを開拓中。
キチンと仕事にするよりも、まだまだやらなきゃいけないことが多い。
常識はずれの事も起こるかもしれないし、
そんな事を軽々飛び越えなきゃならない体力も要るし、
その上でちゃんと歌を聴いてもらって帰らなきゃ意味がない。
要するに修行中の身分で回っている街々なわけです。

 


でもね、その街での出会いが奇跡を呼んだりもするわけ。
例えば南魚沼で出会った25歳のハープ吹き、T。
結局今回のツアー四本中、新潟県内の三本を吹きに来てくれたり(笑)
その一本のライブで彼に何を伝えるのか?
ちゃんと一夜一夜考えて一緒にライブを演ってみた。
果たしてそれがちゃんと伝わったかどうかはともかく、
彼が高揚している姿を見ているだけども俺は楽しかった。
日を重ねるごとに俺の要求は上がっていくし、
それに応えられなけりゃ次なんてないんだっていう切迫感?
そういうのも伝えてみたかったりするんだよね、その場の空気で。

 


シビアな現場でなければ染み込まないこともあるし、
かといって急にそれを求めても無理は百も承知だし。
でも、ふとした出会いが音楽を通じて世界を拡げていく、
そんな事象の現在進行を間近にみていると、
本当に人との出会いって必然なんだぁって、改めて。
T、また演ろうな!期待してるぜ!

 


夕べは大船Honey Beeで歌いました。
普段は一緒に飲むしかしたことのないカガユウと対バン。
これも組み合わせの妙でした。面白かった。

 


そして今夜は「パラダイス」の舞台でもある大船パラダイスの、
23周年にちょこっと歌わせて頂きに出掛けます。
多分、今年パラダイスは歴史に幕を下ろす事になる。
最後の周年を盛り上げられたらいいなぁ。
そろそろ準備して行って来ます。

 

 

南魚沼LEON終演後、

身体の60%がワインで出来ている状態でホテルの窓から。
左下がLEONの灯り、右上は、月。

 

 

翌日、重たい頭と身体を車に積み、

川沿いの道をひたすら走り加茂LJStudioを目指す。

 

 

途中、こんな時にこそ内蔵を甘やかしちゃいけないという教えに従い、

青島食堂のラーメンを。

 

 

 

 

加茂川。

上流に向かえば向かうほど、河原は素敵になっていく。

 

 

 

 

浅瀬も、とろ場も、どこもかしこも素敵。

河原マニアにはたまらない景色が続く。

 

 

 

 

加茂市LJStudio終演直後の客席。素晴らしいオーディエンス。

最近、思うところあって撮影を辞めていた景色でした。

 

 

 

 

この日もTはハープを吹き、

 

 

 

 

 

小柳くん(おやなぎくん、と読む)は

車を置いて帰る覚悟で飲み始め、

店主齋藤さんは一升瓶を持って僕をストーキング(笑)

 

 

 

 

ここのカレーはね、ほんと旨いです。

 

 

 

 

美味しいからいくらでも飲めてしまう。

飲めてしまうが、身体は分解し切れていない。

この夜から翌日のお昼過ぎまで、

僕の身体の60%は間違いなく日本酒で出来ていました。

 

 

 

 

ニコタンにも会えた。

 

 

 

 

新発田に前乗りした先には、クマガイが待ち構えていて、

こんなときにこそ内蔵を甘やかしちゃ(以下省略)

でもね、ここいらがもう限界だった気がします、内蔵。

 

 

 

新潟県は総じて空が広い。

パノラマの空模様は見ていてもずっと飽きない。

 

 

新発田Revolbird、

この日もTはハープを吹きにやって来た。
もはや出張です、ここまでくると。

 

 

 

昼間のライブが終演後、

暗くなる前に山形は酒田を目指す。

初めて見る、日本海の夕暮れ。

 

 

 

 

 

翌日、要するに本番日の昼ご飯。

背脂塗れの魚介風味チャーシュー麺。

ここいらで限界を超えた雰囲気。

 

 

 

酒田ブルースヒロ。

ここは独特のオーラが漂っているお店。

今回は初めて一人でたっぷり歌わせて頂きました。

 

 

 

 

 

以前お会いした時に、別現場へ向かう前にお店に寄ってくれて、

僕のマイク用のチューニングをしてくれた宮崎さん。

あの音で歌いたいと思っていたのがこの日叶いました。

ありがとうございました。

音響業界の話しやマイクの事、ホントに面白い話しを聞かせて頂いた。

またよろしくお願いします!

 

 

お客さんMちゃんと、ヒロ名物の焼きそば。

結果、これを半皿たいらげるのですが、無謀でした。

翌日の夕方まで身体の60%はこの焼きそばでした。

 

 

 

旅の途中で320,000kmを超えた龍麿号。

頑張るね、まだ頑張ろうね。

 

 

さて土曜日は横浜です。

 

6/24

会場 --- 「元町Earthly Paradise
    神奈川県横浜市中区山下町276 Tel 045-319-4518
時間 --- Open 18:00 Start 19:00
料金 --- ¥2,500. /お通し付き+オーダー
出演 --- 端山龍麿、村越エースケ

 

 

皆様のお越しを心からお待ちしております。

Tonaride vol.1もおかげさまで評判が良いみたい。

嬉しいです。ちゃんと伝わっている。

今日も読んでくれてありがとう。

大船、行ってきます!

 

 


大好きな人のこと

誰しも、もがいている。
弾きたい曲を弾けるようになるのは、
なりたい自分になろうとすることに近い。
というか、同じ事かもしれない。

 

 

公表はしていないが、こっそりギターを教えていたりする。
元はと言えば働いていた音楽学校のアコギ科が廃止になり、
それまで通ってくれた生徒さんが突然路頭に迷うはめに陥り、

そんな事になるくらいならそれまでみたいに形式や体裁にこだわらなくても、
とにかく弾き続けられるようにと本当にひっそりと始めたスクール。

 

 

習いに来る理由は千差万別でも、
音楽が好きな気持ちは共通の人達だ。
その気持ちを学校の都合なんかで台無しにするわけにはいかないと思った。

 

 

何の宣伝もしていないから今は本当に習いたい人だけ、10人。
これ以上はスケジュール的に対処出来ない。
ひとりひとりに真剣に、その人の演りたい事を大切に、
自分に出来るのはその人の暮らしの中に当たり前のようにギターがある、
その状態までの橋渡しでしかないつもりで今でも続けてる。

 

 

今日来てくれた生徒さんは、二枚目の月謝袋がスタンプで埋まった。
ようするに二年間、スクールが続いたってこと。

 

 

日々の生活や仕事や沢山の事に追われながらもギターが弾きたいっていう、
そんな気持ちには120%で応えなければ失礼だ。
その人の弾きたい曲を弾けるKeyで譜面に起こし、
なるべく響きを壊さないように伝えて行く作業。
こんなこと、今の僕には10人以上、無理。
同時にその人のために僕が押さえている時間に対して、

その人のためにかけた見えない時間に対して、
キチンとした気持ちがその本人に伝わらなければ、
長いスパンでの継続は無理な関係なんだと思う。

 

 

嬉しいよね。
少しずつなんだけど、弾く事が楽しくなって行く、
その現場に立ち会っているのは。
教えられるよね。
教えながら、教えられている。
弾いているギターの音を聴けばその日の精神状態までは大体分かる。
体調や、環境の変化や、夕べの出来事。
そこまで耳を澄ませながら向かい合う。
だったら音を通じて何かを伝えようと、
こちらも真剣になるわけです。
時間をかけて、気持ちを傾けて。

 

 

ライブ会場で出会った人達にも同じような気持ちでいる。
今夜、伝えられる音に、何を込めて届けるのか?
様々な予定をやり繰りして会場まで足を運んでくれたその人に、
自分の歌でどれだけのことを伝えられるのか?

 

 

先週のライブは静岡県で二本。
天竜と清水という街に寄らせて頂きました。
天竜の喫茶草々、初めて歌ったのが九年前らしいです。
来年で10年。
その間にこの会場で聴いてくれた人との関係は並外れて深くなった。
当然だけど名前で呼び合えるくらい知り合ってもいるし、
他の街でも会えたりするくらい距離が無くなって来ている。

ショービジネス的に言うとね、
これはあまり褒められた事じゃないかも知れない。
常に一定の距離を保って、届きそうで届かない存在で居ることが、
微妙な気持ちの在り方を保つ秘訣だと誰かが言っていた。
でも、出来ねぇんだよ、それ(笑)
会いに行きたい人が居て、その街へ行く。
会えば会うほどその人が大好きになっていき、
その街の事が好きになっていく。
いま続けている旅のスケールはそういう感じなの。
もっともっとデカいことも演りたいけれど、
それがここを飛び越えたところにあるとはどうしても思えない。
この道の先に、こんな旅の先に、
みんなが喜んでくれる出来事が、
みんなが自慢出来るような立ち位置が、
あると信じてる。

 

 

清水、ここはひょんな事から呼んで頂いたきっかけで、
巡り巡っていまのお店と知り合う事が出来た街。
まだ二、三年目の新米です、僕は。
だけどここでこの先に起きていく事を想像したら、
一本一本を死ぬ気で演らない理由はどこにもない。
大好きな人が住んでいる街でもあるし、
大好きな人が訪ねてくれたライブでもあった。
久しぶりの龍麿3での二日間、
本当に素敵な人達との時間で溢れていました。
関わって頂いた全ての皆様に心から感謝。
そして会場へ足を運んでくれた皆様、本当にありがとう。
また近いうちに寄らせて下さいね。
よろしくお願いします。

 

 

 

 

このショット、久しぶり(笑)

 

 

 

 

Photo by SamuraiJeans野上社長

時間の蓄積が客席の顔ぶれと重なって、結構ジンと来ています、天竜。

 

 

 

さいとうラーメンの冷やし中華。

左が僕の普通盛り、右がW氏の大盛り。

多過ぎるって。

 

 

 

天竜、ライブ後の打ち上げ。

この街の人達と知り合えたこと、

僕は誇りに思いたい。

そしてここから始まった関係に、心からの感謝を。

 

 

 

 

なにしろ久しぶりにR3でのお泊まり。

夜中まではしゃいでしまっても仕方がない(笑)

お母さん、郁子さん、ゆきちゃん、ごめんなさい。

こんなですけどまたお願いします。

 

 

 

今回、我々はグルメスケジュールから「さわやか」を捨てた。

何故なら、ロコグルメのW氏とI氏が圧倒的に薦める「山鉄」に寄るために。

 

 

 

 

やって来た焼きぶた丼とマグロ丼。

圧巻である。

多過ぎである。

なのに、¥500なのである。

おまけに、旨いのである。

 

 

 

暴力だ。

ここまで来るとこれはもはや暴力だ。

ペロッと食べてしまったが、夜までお腹が空かなかったのは言うまでもない。

 

 

 

 

清水、終演直後。

ここではない色んな街で知り合えた人が住んでいるこの街で、

歌えるようになった事、本当に嬉しいです。

会いに行く、ってことが実現出来た。

紹介してくれたトシちゃん、本当にありがとう、感謝しています。

でもね、MyPaceを自分の歌のように歌うのは辞めなさいね(笑)

 

 

 

 

日本海側へ向かいます。

 

 

6/14

会場 --- 「LiveCafe LEON」 
      新潟県南魚沼市浦佐904番地1  025-788-0498
時間 --- Open 19:00 Start 19:30
料金 --- ¥2,500.+Order
出演 --- 端山龍麿

 

 

6/15

会場 --- 「L J Studio」 
      新潟県加茂市旭町1-11 2F  090-5327-7320
時間 --- Open 19:30 Start 20:00
料金 --- ¥2,500..(+Order)
出演 --- 端山龍麿、O.A小柳誠

 

 

6/17

会場 --- 「Revolbird」 
      新潟県新発田市中央町4-6-11  0254-37-2524
時間 --- Open 14:00 Start 14:30
料金 --- ¥2,000.w/1drink
出演 --- 端山龍麿、O.A DAHE

 

 

6/18

会場 --- 「ブルースヒロ」 
      山形県酒田市中町1-3-18  0234-24-4016
時間 --- Open 18:00 Start 18:30
料金 --- ¥2,500.w/1drink.
出演 --- 端山龍麿

 

 

ツアー初日は「Tonaride vol.1」の発売日。

ってことは実質レコ発ツアーなわけですね。

一人でも多くの人に、届きますように。

無事に各会場に、着きますように。

 

今日も読んでくれてありがとう。

行ってきます!


<< | 2/184PAGES | >>

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


07/05 広島県広島市 龍麿1
07/06 岡山県岡山市 龍麿1
07/07 大阪市寺田町 龍麿1
07/08 大阪市阿倍野 龍麿1
07/09 京都市中京区 龍麿1
07/16 静岡県焼津市 龍麿1
07/17 神奈川県辻堂 龍麿1
07/28 神奈川県寒川 龍麿1
08/02 神奈川県横浜 龍麿1
08/06 神奈川県大船 龍麿1
08/09 神奈川県藤沢 龍麿1
08/17 神奈川県大船 龍麿1
08/24 山口県下関市 龍麿1
08/26 福岡県博多市 龍麿1
08/27 福岡県博多市 龍麿1
08/28 佐賀県唐津市 龍麿1
09/03 神奈川県藤沢 龍麿3
09/09 AcousticCamp 龍麿1

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM