また好きになった。

ちょっと落ち着いて確認すれば分かる事だったけど、
打ち合わせた入り時間が開場時間と一緒だった(笑)

思っていたよりも早めに着いた大阪、
常宿にさせて貰っているT邸で少し休ませて貰っているさなか、
T氏「龍麿、時間大丈夫か?」
と階段を登るなり聞かれ、
R「あ、大丈夫です、18:00入りですから」
と言った後の、ふたり
「………」

R「あれ?それって、開場と一緒ですかね?」


なにはともあれリハーサルから打ち上げまで、
本当に素敵な人達に囲まれた素敵な時間だった。
会場に着いた時にはすでにお客様が居て(笑)、
設営からリハから本番までお付き合い頂きました。


夕べの洲本でも京都でもそうだったけど、
ライブをきっかけに久しぶりの再会が起きる客席とか、
僕は本当に嬉しい。
ぱずをさんとの再会が、
結果そこに繋がった今夜が、
本当に嬉しいのです。


いつもいつも応援してくれている大阪のファミリー始め、
ちびこちゃん、晴代さん、めぐねぇにまた会えたこと、
そして打ち上げまでお付き合い頂いた美章園最強のツートップのお二人、
初めましてなのに本当にありがとう。
大阪のことがまた大好きになりました。
ぱずをさん、心からありがとうございました。
出会いにも、再会にも、必ず意味が有って、
ちゃんと育てればその先には素敵な出来事しか待っていない。
京都、洲本、そして大阪で会えた皆さんにはこちらが本当に癒やされました。
ありがとう。ただただ、ありがとう。
さぁ、明日から二日間、大阪で盛大にサボります(笑)




晴代さんが差し入れてくれた甘辛やの焼きそば。
お好み焼きでなく、あえて焼きそばをお願いしました。
しかしなぁ、なんでこんなに美味いんだろ?
食文化は全く敵わない気がします、関西に。




ここで会えた意味、
これからキチンと育てていかなきゃいけない。
こんなに嬉しい出会いが続くと、
嬉しみ死にしてしまうかもしれない(笑)




全く関係ないですが、大阪に向かう道中、
量に目が眩んで買ってみたらドリンクホルダーに入らなかったコーヒー。


今日も読んでくれてありがとう。
人に言うほどではないような、
細かい傷がチクチクする気分で出掛けて来たこの旅、
親戚の家に寄っている心持ちで、
しばらく心をリラックスさせてから帰ります。

洲本にて

まだ、三年らしい。
この街に歌いに来出して、まだ三年。
全然そんな感じがしないのは、
毎回暖かく迎えてくれる人達のおかげ。
ありがとう、真希ちゃん。
ありがとう、ちーちゃん、遊くん。
ありがとう、見に来てくれた皆さん。
打ち上げまでの流れが濃厚で、
名前で呼び合う関係までになってしまう。
魚が美味いとか、玉ねぎが美味いとか、
そんなことよりもここには会いたい人がたくさんいる。
そのことの幸せを噛み締めた夜でした。
ありがとう!



のっけからバースデープレゼントにノックダウン。
こちらこそいつも本当にありがとう。


全員写っていなかった(泣)
でも本当に素敵な夜をありがとう。


マンピーさんが弾きしゅーごさんが歌う。
実はみんなバンドマン。


しまいには店主真希ちゃんまで歌い出す。
楽しみ方を知ってる大人たち。


ほぼ全員が打ち上げ会場のジョルジュへ。
このあと先輩達はトンカツ喰いに行きました(笑)



今夜の大阪も頑張ります。
今日も読んでくれてありがとう!
今から会場に向かいます。

京都へ

だいたい一月に行ったばかりの京都へ、
こんなペースで戻るなんてのは僕的な組み方からすると、
まず無い出来事で。
近くの現場ですら滅多に無いのに、
400km以上も走って向かうには充分な理由が重なった。

ひとつは京都Jiji店長つつみんの誕生日、
もうひとつはいつも打ち上げで寄らせて頂いていた、
ホルモン屋さんShin(店名があるのを今回初めて知ったのだが)
の閉店のお知らせだった。
前回のライブで三月いっぱいで店を閉めるとシンちゃんに聞き、
じゃあそれまでに京都へ戻るよ!って話しになり、
え?じゃあつつみんの誕生日にライブも演りますか?、と。

もうお気付きの方は画面の向こうで呟いているだろうが、
その通りです、話しの順番が、逆でした今回(笑)



いくら誕生日とはいえこれほどのクリーンヒットはあまりみた事ないかも。
そしてこんな快心の笑顔も見た事無い(笑)




まあ何はともあれおめでとう!つつみん!
まだまだ楽しいこと、企画しましょう!




若者が増えて来たここのライブ。
客席の風景が嬉しかったです。
みんなどうもありがとう!




四条大宮の、こんないなたい路地の奥に、
ひっそりとその名店はありました。




もっと奥に行くと、壁に貼られたこんな看板が。




冗談ではなく、今回行くまでお店の名前を知らなかった。
っか、店名あるのも知らなかった。












出て来る全てが美味しかった。
思えばカレーもシチューもスープも全部美味しかった。
シンちゃんに紹介して貰ったラーメンもコーヒーも、
その後通うことになる店ばかり。
シンちゃんお疲れ様でした。
早めに次のお店、決めてね。
あ、打ち上げ出来るようなとこにしてね?


明日は兵庫県洲本市、淡路島で歌います。
今回の旅、前乗りした夜からグッと来っぱなし。
良いライブにします。
今日も読んでくれてありがとう。

はまなかはやま的美学

グッと来た。

また、一山越えた感じ。

良いけじめの夜になったと思います。

雨の中聞きに来てくれた皆さん、

本当にありがとうごさいました。

栄太郎、由香、ありがとう。

もうここで歌う事はないかもしれないな。

さぁ明日は京都へ向かいます!

 

 


交通整理

端から見ていたんじゃ分からない事情が沢山ある。
それこそ個人のパーソナリティに頼るしかない事柄。


お客さん同士とか、同じ職場同士とか、
シチュエーションは様々だと思うけど、
あるよね。
交通整理。
人と、人との、交通整理。
どうしても、ここは、っていう譲れない線。

 


これから誰かに伝えて行けることはなんだろう?
って考えるとね、
恨まれてでも伝えなきゃいけないことって、
あるんだよ、
あるの。


我慢しない。
直接伝える。

その場で、唄う(笑)


これを心情にして生きて行きたいよね?
何年掛かり分からないけれど。


そして、自分を信じていてあげられる、優しさ?
常に持ち歩いていたいと思う。


こんなつぶやきに近い事はTwitterで済ませろよ?
って思うかもしれないけれど、ごめんなさい。
書いてしまいました。


ぼやきに近いけれど、大事な事だと思う。
今日も読んでくれて本当にありがとう。


正夢にするには、ちとキツい

珍しく、夢を見た。
普段の暮らしが相当現実離れした状況なのに、
その上眠っているときまで夢なんて見てたら溜まらない、
起きて最初に感じたのはそういう種類の軽い憤りだった。

 


その夢の舞台設定は唄っているところ。
端折ってしまえばそのライブの最後に、
「次の曲が僕がココで唄う最後の曲です、
だからみんな心を込めて聞いてってね」
なんていうお願いなんだか上からなんだか、
よく分からないMCをのたまって唄い出すという、
俯瞰してみるとその状況との決別のシーンだったらしい。
とは言え状況そのものはまったく意味が分からず、
いったい何があったらこういうシーンが生まれるんだろう?
って自分で不思議に思いながら唄ってる自分を振り返る朝。

 


でも、その心情は何故だかとても良く分かった。
人皆誰しも大事にはされてないんだなって感じる場所からは、
自然に足が遠のいて行くもんだ。
人の心が変わって行くその微妙な周波数の変化とか、
知らないうちに目が合わなくなった相手とか、
アンテナを張っていればそんなものすぐに分かる。
それは、さっさと次へ向かいなさい、
自分が気持ちの悪い場所から離れなさい、
というサインだったりもするし。

 


そして必ずその先には新しい環境が待っていて、
そのドアを開ける事が出来るかどうかは自分次第。
これは、経験則。
多分、自分で大きく状況を変えて行きたいんだと思う、今。
もっと外へ、大きく外へ。横へも、縦にも。
そんな飛び出し方を、してみたいんだと思う。
すっと一緒に居てくれるメンバーの幸せにも繋がって、
ずっと応援してくれているお客さんの希望にもなるような。
具体的に考えている事もあるし、そうでない事もあるし。
それをひとつひとつ、潰して行くしか無いかな。

 


正夢にするには、勇気もいるし、
より一層向かい合う時間を重ねなきゃいけないから、
あれ?どこいった、あいつ?みたいな時期もあるかもね。
とにかく良いニュースを届けられるように、頑張るよ。

今日も読んでくれてありがとう。
待っててね。

 

 


思い出すこと。

思い出す。
ってことは忘れているってこと。


あの日、僕らR3は福岡に居た。
一晩中走って辿り着いた山本邸。
この日から始まる11日間の九州ツアーの初日。
僕は運転でぐったりして仮眠を取っていて、
二人は近所の山に散歩に行っていた。


ニュースの画像を見た山本さんに起こされた。
大変な事になっているって。


最初に僕が見たのは空港に押し寄せる波に、
流されて行くいろんな乗り物。
いくらテレビを通した映像にリアリティーを感じないと言っても、
あれは本当に現実に起きていることとはちょっと思えなかった。
それくらい非現実な仙台空港の現状がテレビに映ってた。


予定していた先々の会場からは、
「どうします?ライブ演るんですか?」
という問い合わせが相次ぎ、決断を迫られる。
鹿児島では新燃岳が噴火を続けていて、
九州沿岸には津波警報が出っ放しだった。
それでも結果全てのスケジュールを唄って、
帰って来る事になる。


たまたま地震のじの字も感じない遠い街に居て、
電話でしか状況が掴めないくらい離れた街に居て、
それでも水や電池が売り切れていく商店街、
自粛ムードで予約のキャンセルが入るライブハウス、
そうやって刻々と変化していく人の顔を見ていたあの11日間。
ある意味地元に居なかったからこそ見えた人の顔。
僕らにしか見えなかった、震災の側面がある。


そんな日に、唄わせてもらえるのは、
やっぱり気の持ちようが少し違ったんだ。
終わってみたら、完全に抜け殻。
その抜け殻っぷりが、嬉しかった。
全18曲、お付き合い頂いた皆さん、
本当にありがとう。
かおりん、そしてママ、誕生日おめでとう。
10週年のお祝いもありがとうございました。
一本一本、完全燃焼で行きます、このツアー。
今日はホントに燃え尽きた、みんなありがとう。

 

 

久しぶりだよね、こうしてラーメン食べるの。

 

 

R3 10thのお祝いケーキ。ありがとうございました!

10年、僕を見ていてくれたお店。

本当に感謝です。ありがとう。

 

 

何故か煮豚にも刺さっていた10のロウソク。

これは、この煮豚は本当に絶品なんですよ。

 

 

この日、ここを選んでくれたこと、
感謝します、みんな本当にありがとう。

 

 

さあ、次回は静岡と愛知、地元辻堂も一本あります。

楽しみにしてて下さいね?

今日も読んでくれてありがとう。

ありがとう!


そろそろ限界かもしれない

龍麿号のエンジン内、またしてもウォーターホースが破裂。

大船のライブの帰り道、いつまでも暖まらないヒーターのせいで
あれ?水温上がってるのになんで扇風機のままなんだ?
と、水温計とにらめっこしながら走っていたら、
いきなり水温計の針が急上昇、あっという間にオーバーヒート寸前に。
去年のクリスマスにも同じ症状でホースを交換していたので、
あぁ、また穴が空いちまったのか?部品、すぐ来るかな?
なんて心配を抱えてなんとか家まで戻ったんだった。
翌朝調べてみると案の定エンジンの下の方からヒーターへ伸びる、
ちょっと細身のホースからびしゃびしゃ漏れている。
慌ててHONDAに行き、整備の方とパーツリストを見ながら、
「ここですここ、この細いヤツ」と部品を注文。
「明日の今頃には届いています」なんて歌の歌詞みたいな返事。
なのでさっき部品を取りに行き、暗くなる前に速攻で直してみた。


で、思った。
ホースに穴が空き水漏れと言う事態を責めるよりも、
20年もこんな細いゴムホースが頑張ったことのほうを褒めて上げたい。
こんなもの修理とも呼べないクラスの出来事だから、
手の入る場所はなるべく自分の手を入れて、
まだまだ一緒に走りたいんだけどな。
そろそろ限界が来ているのかもしれない。
今年が最後の車検になるのかもしれない。
一緒に走れる日々をせめて大事に大事に過ごしたい。
良いツアーに同行してもらえるように、
段取りを頑張ってみたい。


なんて、すっかり愛車を擬人化してみる夜でした。


明後日はR3、大船の「和・豊田」です。
満席に近いようです。
御予約がまだの方はお店に電話してみてね。

 

説明しようにも、見えない場所のホース(笑)

オイルキャップの左にちょこっと見えてるやつです。

 

 

20年前のモデルの部品が、翌日届くホンダ部品。
それだけでも本当にありがたい。

 

 

やっとこさ外して調べたらパックリ逝ってました。
ってか、原因がここじゃなかったらどうするつもりだったのか?、と(笑)

 

 

3/7の大船ハニービーは久しぶりにトラちゃんたちと一緒。
いろいろ音響関係に変化があったハニービーですが、
それがかえって良い緊張に繋がった気がする。

 

 

その日のリハ後に頂いた豊田の煮豚。
これはね、絶品なんです、もう。
ライブはともかく、これ食べに来てもいいんじゃないかな?
3/11、お待ちしております。

 

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう。
日曜日に大船でね!

High Speed Brains

30年来の友達が脳梗塞で入院していた。
幸い症状が軽くて一週間の入院で済んだという。
良かった、本当に良かった。
声を聞いて、心から安心した。


音楽界でも多いんだよね、この病気。
僕自身も経験しているだけに他人事じゃないし。
僕の場合は後輩が二人、世話を焼いてくれたおかげで
ほんの初期で治療出来たのが良かったのか、
その後はなんの症状も残らずにいられた。
たまたまその一人がミュージシャンだった上に、
そいつもこの病気を克服していたので、
こりゃなんか面白いユニットでもやったらいいかな?と。
ユニット名までは考えていたの。
「High Speed Brains」= 脳、高速、なんつって。


まぁ当然の反応だと思うが、
「不謹慎です」という世論に負けて却下された。
ところが今回入院していた友達もギタリスト。
お、これは再結成(解散はおろか結成すらしていないが)
のチャンスではないか?チャンス到来か?
というアイデアがそもそも不謹慎なんだろうなぁ。


でも、ホントに多いんだよ。
なんだかこの頃特にね。
僕が入院した時は血液の状態も超健康で、
担当医が原因を見極められなかったくらい。

「なにか心当たりはありますか?」

って聞かれたからね、プロにも理由が分からなかったんだと思う。
結局、ちょうど東北の震災の日から11日間回ったツアーの、
経験した事の無いストレスが原因じゃないかって言われたけど、
結局はっきりした事は何も分からないまま退院したのね。
それだけ何かの負荷が身体にかかっていたんだろうけれど、
それもこれもあのタイミングで「すぐ病院へ」って
連絡をくれた友達のおかげで今も変わらず唄う事が出来てる。
ありがとうございました、H&M。ありがとう。


心を楽にして生きる。
これ、本当に難しいけれど、大事。
でないと、かなりの確率で身体が正直に反応するから。
ワクワクしたり、ドキドキしたり、
そんな気持ちが一年中続くわけは無いけれどさ、
塞ぎ込まずに済むくらいのところでは、居たいよね。
制作作業とかは自分と向き合いっ放しだから、
なるべく正反対の状態を作ろうと、
ちょっと新しい生活習慣も試す事にしてみた。
上手く行くといいけどね。


さて、明日は大船ハニービー。
インフルエンザで飛ばしてしまった先月のリベンジ、します。


3/7(wed)
会場 --- 「大船HoneyBee」
神奈川県鎌倉市大船1-22-19第2三友ビル3F 0467-46-5576
時間 --- Open 18:00 Start 19:30
料金 --- ADV ¥1,800. DOOR¥2,000.
出演 --- 端山龍麿、トラ&アッキー、Naru&ぷりん


お待ちしていますね。
今日も読んでくれてありがとう。

 

 

 


準備の準備をしています。

酷い雨。そして、風。

 

 

外にも出られないこんな天気の日にしか出来ないことをやる。

 

 

ここだけの話しですが、AcousticCamp2018の準備が始まりました。

ここから半年がかりで組み立てるわけです。

 

 

今日は短いですが、作業に戻ります。

しかし、ひどいな、雨。

読んでくれてありがとう!


<< | 2/45PAGES | >>

Live Information !

New Album「Tonaride vol.1」
2017 06 14 Release!


05/23 神奈川県大船 龍麿1
05/26 神奈川湘南台 龍麿2
06/06 京都府京都市 龍麿1
06/08 大阪府大阪市 龍麿1
06/09 大阪府松原市 龍麿1
06/22 北海道札幌市 龍麿2
06/23 北海道釧路市 龍麿2
06/24 北海道帯広市 龍麿2
06/25 北海道札幌市 龍麿2
06/26 北海道札幌市 龍麿2
06/27 北海道札幌市 龍麿2
07/15 神奈川小田原 龍麿1
07/28 新潟県加茂市 龍麿3
07/29 新潟県南魚沼 龍麿3
08/18 大阪府大阪市 龍麿3
08/19 兵庫県洲本市 龍麿3
08/25 神奈川県大船 龍麿3

詳細はこちらで

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
     

つぶやいてみました。

links

selected entries

      

recent comment

categories

archives

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM